国産品の品質管理はやはり凄い!

1daypureうるおいプラス使い捨てコンタクトレンズには、いま各種メーカーが様々な商品を出しています。しかし、大量生産の陰で「不良品」なるものが混入されていることがあります。許容範囲などを調べる検査の中で、どうしても検品をすり抜けてしまうものもあるようで、使用者側も万が一不良品を発見した場合は、絶対に目に入れないように気を付ける必要があります。

ところで、国産品にこだわるA子独自の統計?!では、やはりシード社のワンデーピュアうるおいプラスが群を抜いて品質管理の徹底されていると思われます。国内での一貫生産と、何よりも”人間の目”による検品がなされている賜物でしょう!検査時の”人間の目”は、機械よりも厳しいというのは喜ばしいことです。

現在使用している製品からあまりにも不良品が出て困っている・・・という場合は、国産品のワンデーピュアうるおいプラスを試してみると良いでしょう。個人の目に合うかどうかというのは実際にレンズを着けて検査をしてみないとわかりませんが、製品そのものの不良品に出くわす確率は低下するはずです。

遠近両用コンタクトの処方の種類が増えました。

2weekタイプの遠近両用コンタクトレンズの取り扱い商品が増えました。

シードの「2weekPureマルチステージ」というもので、新発売の商品ではないのですが、当院では取り扱っていなかったものです。種類が少ない遠近両用レンズに選択肢が一つ増えたというわけです。

このレンズは今主流のシリコーンハイドロゲル素材ではなく、従来のHEMA(ヘマ)という素材になります。酸素透過性はシリコーンには劣りますが、ヘマ素材の中では高い方ですし、薄型で高含水の柔らかい付け心地のレンズです。シリコンーンレンズが硬くて痛いという方はぜひお試し下さい。

またPureシリーズなので、両性イオン素材「SIB」というSEED独自の素材でもあります。これは素材中にプラスとマイナスの両方のイオンをあわせ持つので、電気的な偏りがなく汚れを寄せ付けません。さらに保存液にアルギン酸とポリクロマーの2種類のうるおい成分を配合しているので、レンズ表面の水分を保持します。簡単にいうと汚れにくく、乾きにくいレンズということです。

もう一つ重要なのはUVカット付きという事です。遠近両用を使うという事は年齢的に白内障も気になってくる頃かと思います。白内障の原因の一つが紫外線なので、目薬だけでなく、紫外線の吸収量自体を抑えるのも、進行を遅くするのに有効かと思います。

興味のある方は、お試しだけもできますので、ぜひご相談下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ