美白成分、ロドデノールとは?

3ケ月前からメディアをにぎわせている

「ロドデノール」

テレビ等をふと見ていても、耳にされる機会は多かったのでは
ないでしょうか。

これは、美白効果があるとして
カネボウ化粧品に配合されていました。

女性であれば透き通る白い肌を目指し、
美白効果を求めて使用されている方も数多くいらっしゃったはずです。

しかし、この成分の含まれた化粧品を使用したとこで
【白斑】ができてしまい、
「いまでも、消えずに残っていて恥ずかしい」
「仕事に支障が出る」

などと、使用者の悲鳴が上がっています。
白斑は、皮膚に白いスポットのようなものが出来ている
症状です。
基本的には化粧品の使用を中止し、様子を見る。
ステロイド薬などを投与している。
などといった経過が見られているようですが、
症状が改善された方もいれば、そうでない方もまだ多くいらっしゃるとのこと。

 

 

ロドデノールは、チロシナーゼとその関連タンパクの働きを抑制することにより
シミの原因となるメラニンの生成を抑制させる、とされています。

このロドデノールが白斑発症の主原因とされたものの、
何故、白斑症状が発症するのか
仕組みは不明とされています。
紫外線の強い時期に発症が多く、「紫外線」の影響があると
指摘もされています。

早く原因が特定され、治療法が確立されることを
願いたいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ

コンタクトレンズの酸素透過率って、大事なの?

コンタクトレンズを使用したことがある方であれば、
一度は

「酸素透過率(さんそとうかりつ)」

という言葉を耳にされているのではないでしょうか。

酸素透過率とは、字のごとく
コンタクトレンズを目につけたまま
どれだけ黒目(角膜)に酸素を送ることができるか。
ということを表しています。

酸素が黒目に通っているかどうか。
自覚症状として、今息苦しくないから酸素がいきわたっている・・
なんて事が、わかるはずもありません。

一般的に大気中の酸素は、20%程度です。
そこにコンタクトレンズをすることによって
酸素が黒目(角膜)にいきわたりにくい状態が作られた場合、
角膜上の酸素濃度が7%程度になると
障害を起こすと言われています。

1)角膜浮腫
・・・酸素不足によって、角膜がむくみます。
むくみがあるという自覚症状はありませんが、
検査をすることにより、表面の歪みや
眼鏡では視力が出ないということが起こります。

2)角膜びらん
・・・酸素不足によって、角膜の上皮細胞が死滅
してしまった状態です。
しかし、角膜上皮は再生能力に長けるので、
数日間程度、コンタクトレンズをしなければ
治ります。

3)角膜血管新生
・・・通常、黒目(角膜)に血管はありませんが、
酸素不足を解消させようと、血管が入り込んで
きます。血液は酸素を運ぶ働きがありますが、
角膜に血管があっては、視力を失うことに
なります。

酸素不足による目の障害といえど、
侮れません。
気をつけましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ

視神経乳頭陥凹拡大って、何でしょうか?

よく人間ドッグなどで、【視神経乳頭陥凹拡大】と言われた。
眼科で精密検査をするように、と指示を受けて来院される方を
お見受けします。

なじみのない言葉で、大抵の患者さんは
「人間ドックで再検査と言われた」とおっしゃいます。

この読み方は、(ししんけいにゅうとうかんおうかくだい)と言い、
つまりは≪緑内障≫の疑いがありますから、ご注意を!!
ということなのです。

「緑内障=眼圧が高い」というイメージが多くの方にあると思いますが、
緑内障であるかを調べるために、まず眼底をチェックします。

眼底には視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)という、
視神経が眼底上にぽこっと出ている部分があります。
この部分にある凹みを、陥凹とよんでいます。

この陥凹が拡大、つまりは大きくなっていると緑内障の疑いがあると
指摘されます。
(ただし、目の小さい人・大きい人といるように
陥凹も小さい人・大きい人がいます。
これだけで「緑内障」と確定されるわけではありません)

陥凹が大きくなると、視神経乳頭の縁の部分が薄くなり
亀裂が入りこみます。
こうなってしまうと、緑内障の「視野が欠ける」という典型的な
症状が発症します。しかし、自覚症状が出る方は 3割程度まで、
この症状が進行してからではないと 気がつかない・・・というものです。

もし、視神経乳頭陥凹拡大と診断を受けたのであれば
早めに精密検査で安全かどうかを先生に診察してもらうと
良いですね!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ

目に炎症が起きているのに痛みを感じない・・

コンタクトレンズをしている患者さんに、
どうしても気をつけて頂きたいことがあります。

それは、「痛い」という自覚症状がないのに
角膜に傷が生じている、というケースです。

その1つに、上皮と実質部分に
炎症が起きる
【角膜浸潤】という病気があります。
目の障害として、中程度から重度のものに分類されます。
写真でみると、円の中の白っぽい部分です。

角膜浸潤【眼科・目の病気】

 

 

 

 

 

通常であれば、激しい痛みや充血を伴う自覚症状が出るのですが、

ソフトコンタクトレンズをしている方には
酷い状態になっているにも関わらず、自覚症状がない!!
なんていうことがあります。

放置することにより、どんどんと症状は悪化します。

自覚症状がなければ、まさか自分の目に障害が起きているなんて
考えませんね・・

こういった事が起こる為、
厚生省からは異常がなくても、コンタクトレンズ使用者は
3ケ月に1回の定期検査を受けるよう指導が出ています。

眼科医が見ればすぐに治療をしてくれるはずです。
コンタクトレンズ使用者は、定期的に検診を受けるよう
心掛けましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ

(2)ダイエットは、体重ではなく体脂肪率に注目!

【(1)ダイエットは、体重ではなく体脂肪率に注目!→前の記事へ
より、続きます。

 

では、次は実際に体脂肪を落とすには、何をしたら良いのでしょうか?

1)脂肪を減らすには、時間と労力が必要!!
まず、脂肪を1kgを減らすために、7000kcalが必要と言われています。

例えばジョギング1時間すると、およそ600kcalを消費すると言われています。
そうすると、約12時間走って、脂肪1kgが減る。ということになります。
これは大変ですね!

そうなのです、体重を落とすより
【脂肪を減らす】ということは、かなり大変で時間がかかるということです。
あきらめずに持続する、ということが一番の成功への鍵になります。

2)脂肪を燃やすには、有酸素運動をしましょう!

この脂肪を燃焼させるには、有酸素運動を行う必要があります。
有酸素運動は、開始後20分後くらいから脂肪が燃焼し始めます。
全速力で5分走って終わり!よりも、
20分以上マイペースでジョギングしたり、早歩きを持続するほうが
脂肪が燃えるというわけです。

有酸素運動とは、体内に取り込まれる酸素を利用し
脂肪や糖質をエネルギーに変えます。
ウォーキング、水泳、ジョギングなどがあげられます。
疲労物質にあたる乳酸を生じさせないので、
長時間運動を続けることができ、ゆっくりと時間をかけて
脂肪を燃焼させていく運動なのです。

3)空腹時を狙って有酸素運動をすると、さらに効果的。

何故かというと、お腹がすいているときは
体内の血糖値が下がっています。
血糖値が低いと、人間の体は自然にそれを温存しようとする
機能が働きます。

有酸素運動の燃料の元は、脂肪と糖質ですから
糖質を温存させる機能が働いていると、脂肪を優先的に
燃焼させていくと考えられてるからです。

さらに付け加えると、空腹時に、お茶などから「カテキン」を摂取して
有酸素運動をしてみましょう。
カテキンを摂取すると、肝臓で脂質を分解するチカラが高まり
脂肪を燃焼させる手助けをしてくれるはずです。
(某CMでよくやってます、ヘ○シアとか有名ですよね~)

 

ともかく、継続することです。ゆるりと続けましょう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ

秋の花粉症

秋は比較的病気の少ない季節ですが、数日前から
目のかゆみや充血などの症状の患者さんが増えてきています。
秋の花粉症の季節です。

秋の花粉症の主な原因はブタクサとよばれるキク科の植物だと言われています。
ブタクサは道端や公園など、私たちの身近な場所に生えており、
きっと船橋にも沢山生えていると思われます。
あまり知られてはいませんが、ブタクサの花粉症は春の花粉症の、
スギやヒノキに次いで多いと言われています。

症状としては、目のかゆみ、充血、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど
春の花粉症と殆んど変わりはありません。
認知度が低いためか、季節の変わり目のせいか、
風邪と勘違いされやすいようです。
風邪だと思っても症状が長引くようなら、
一度耳鼻科や眼科を受診することをおススメします。

また、ブタクサにアレルギーがある人は、メロン、きゅうり、スイカ、
バナナなどを食べると、口のまわりやのどが痒くなったり、
目が腫れたりする症状を併せもつ方が多くいます。

秋の花粉症と診断されたら・・・・・
春の花粉症対策のように、ゴーグルやマスクはもちろん有効です。
また、ブタクサなどキク科の植物は、スギやヒノキよりも背が低いため
花粉が飛ぶ範囲が狭くなります。
できるだけ近づかないようにすることが大切です。

にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ

黒目が大きい人には、ディファインの意味がない?!

学生~会社員、主婦層に至るまで
「黒目をぱっちり」させるコンタクトレンズを着けている
女性はたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

A子は、目が小さいので
ディファインを着けるとかなりぱっちり感が出て、
左右の目で、裸眼とレンズを装着したほうの目を比べると
差ははっきりとでます。

しかし、もとから黒目のパッチリな方には
さほど効果がない・・・というお答えをいただくことがあります。

球体をした目の形がこの人によって違うように、
黒目(角膜)の大きさも様々です。

特に、差が出ない・・ということであれば
サークルタイプではなく、是非、酸素透過率の高い
シリコーンハイドロゲル素材などのコンタクトを
選択すると良いでしょう。

黒目をぱっちりと大きく・・という女子の願望は
聞き届けたいところですが、
あまり変化もない・・という結果なのに
酸素透過率の低いレンズを使うことには
意味がありません。

当院でも、ディファインタイプのコンタクトレンズ処方を
していますが、目に負担のかからない程度で
使用するようにしましょう。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ

(1)ダイエットは、体重ではなく体脂肪率に注目!

女性であれば、少なからずダイエットに手を出したことがある!
という経験をお持ちの方が多いと思います。

スラッっとした体形は憧れの的です。
ただ、どのような体型になりたいのか・・という点を考えると
骨ばかりのガリガリ体型を目指すのではなく
”健康的にスラッと綺麗に見える”というところが
おおかた最終目標ではないでしょうか。

そして、ダイエットをする時。
一般的には「体重」がどのくらいであるかという事を
基準に判断するかと思います。

では、どのようにしてダイエットしますか?
多くの方がてっとり早く行うのが食事の量の調整です。

単純に「食事」を減らせば、数日で体重は落ちます。

しかし、この時に気を着けて頂きたいのは、
必要な「筋肉」が落ちて体重が減った。という事実があることです。
筋肉と脂肪では、筋肉の方が体内から減少しやすく脂肪よりも重いのです。
なので、脂肪は同じまま体内に残っているのに
筋肉だけが落ちることにより、体重が減ったという錯覚に陥るという
危険がここにあります。

開始時より3kg減ったとか増えたとかで、一喜一憂していませんか?
しかし、体に必要なものがなくなってしまって
体重だけが落ちたという、重大な事件が体内で起こっているかもしれません。

食事をすることにより、人体に必要なエネルギー・血や肉が
作られるわけです。
その大事な部分を欠如させては、
健康的にスラッと綺麗に見える・・という!
というダイエットの目標から遠ざかっていってしまいます。

ダイエットに3度の食事は基本です。

しばらく体重が落ちないのは我慢しましょう。
しかし、「体重」が落ちなくても、「体脂肪」が落ちてきたら
飛びあがって喜びましょう!!

実際の体脂肪の減らし方は、(2)へ続く。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ

化学眼外傷

洗剤やパーマ液、髪染めの液などが誤って
目に入ってしまったことはありませんか?
誤って化学物質が目に入り、目に障害をおこすことを化学眼外傷といいます。

化学物質が目に入ると、角膜や結膜などの眼球表面に炎症がおこり、
酷い時には、角膜全体が濁ってしまったり、
角膜が剥がれてしまったりする場合もあります。
特に、化学物質がアルカリ性の場合、角膜表面だけでなく内部まで浸透し、
眼球の内側まで障害が及ぶこともあります。
また、将来白内障や緑内障の原因になる可能性もあります。

もし化学物質が目に入ってしまったら・・・・・?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
誤って化学物質が目に入ってしまったら、まず眼科を受診する前に
水道水でよく目を洗うことが大切です。
目が化学物質に触れている時間が長ければ長いほど悪化していきます。
約10分ほど、水道水を掛け流して洗眼してください。
目を洗い終わったら、すぐに眼科を受診してください。
早く、適切な処置を行い、軽度の状態であれば、
通院だけで後遺症もなく回復することができます。

にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

 

コンタクトレンズでは矯正できない乱視はどうする?

乱視の症状は、おもに物が2重にダブって見える。ということです。
その程度やダブッている方向によって、見え方やツラさも変わり、
さらにはコンタクトレンズでは矯正不能!!なんて事もあります。

以前、ツラい乱視の見え方ということをお話いたしましたが、
特にコンタクトレンズで矯正しにくいのは
”斜め”方向に乱視がある方なのです。

日本人のほとんどは「直乱視」を持っている方が多いといわれ
年齢とともに「倒乱視」になる傾向が見られると言われています。
そして、まれに「斜乱視」を持った方がいらっしゃいます。

そのため、一般的な使い捨てコンタクトは
この「直乱視」「倒乱視」を矯正できるようなデザインになっていて、
「斜乱視」の方用のコンタクトは、ほとんどのメーカーが製造していません。
(製造しているメーカーもありますが、ごく少数・・・)

商品開発のシェアというのもあるようですが、
一番の原因は目にフィットさせるのが非常に難しい!!という点にあるようです。

コンタクトレンズは、涙の上に浮かべて使用するものです。
海に浮かぶ船のようなイメージですが、
縦・横といった方向にレンズを安定させるのは比較的容易ですが、
斜め方向に安定させる・・・というのは、
非常に難しいのです。

そのため、うま~い具合に矯正視力が出る!!という方が、
本当に少ない・・
しかも、乱視用のレンズは、ズレてしまうと
さらに見え方がおかしくなってしまう事態を引き起こします。

 

そして、現在のところ、斜乱視をお持ちの方は

「メガネ」

を是非、活用してください。
耳と鼻に固定されて、しっかりと見え方が矯正されます。
無理して合わないコンタクトレンズを使うことだけは
やめましょう!

 

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村


目・眼の病気 ブログランキングへ