ソフトコンタクトレンズに水道水はダメ~!!

盆休みのある日、ソフトコンタクトレンズを公園の水道水ですすいで再度装着している親子を発見!!

↑↑↑ これ、ダメなのご存知でやってしまったのか?!

それとも、本気で知らずにやってしまったのか?!

A子の頭の中は、”何故なのですか~?!”の疑問符がグルグル。お節介でも「それはダメです」と、言ってしまいたくなりました。

おそらく、公園で砂埃などが入りコンタクトレンズを洗いたくなってしまったのではないかとは思うのですが・・。親御さんが率先して水道水でレンズを洗って着け直すように指示してしまっているのが、嘆かわしい限りでした。

水道水が一番危険な理由のひとつに、感染症の原因となる微生物などが存在します。黒目には、これらが侵入してきたときに戦える兵隊さんがいません。そのため、他の器官と比べ物にならないほどのスピードで繁殖され、感染症を発症させます。放置すれば、失明は逃れられないでしょう・・

この場合の対処方法
■ワンデータイプ・・スペアレンズにつけかえましょう!無ければメガネを掛けます。

■定期交換タイプなどのソフトコンタクトレンズ・・10分ケアなどの洗浄保存液で再消毒のうえ、つけかえる。無ければメガネを掛けます。

ちなみに再度つけ直すときは”消毒”が必要です。ソフトコンタクトレンズにおける「消毒」と「洗浄」、そして「すすぎ」は別です。洗浄保存液をレンズにかけ流しするのは、「すすぎ」であって、洗浄や消毒にはなりませんので、ご注意を・・・。

特に夏は、ウィルスや微生物などが繁殖しやすい時期になりますので、是非ともご注意ください。そして、なによりメガネをお供に外出下さいませ。