日焼け止めは重ねて塗ると効果は倍増するのか?!

船橋の暑さもグッと落ち着いてきましたが、紫外線予防はまだまだ怠るわけにはいきません。

ところで、日焼け止めには紫外線をブロックする力を「SPF値」という値で示されているのはご周知のとおりです。では、SPF値30の日焼け止めとSPF値20のファンデーションを重ね塗りしたら、SPF値50の効果をもたらすことができるでしょうか?

正解からいうと、これは『できない』です。

そもそもSPF値20というのは、全く日焼け止めを塗っていない状態に比べて20倍の紫外線を浴びるまで炎症を起こさないという意味なのです。単純にSPF値を足してもその合計値の効果は得られないということです。ちなみに、SPF値50の日焼け止めを最初から塗っても、効果の持続時間がSPF値20より長くなるということもありません。

また、汗をかいたりこすったりすることによって日焼け止めは数時間で効果を失っていきます。日焼け止めはこまめに塗り直しが必要というわけです。