ハードレンズケースから感染症。

ハードコンタクトレンズ使用者は、眼感染症のリスクは少ない!という認識の方が多いと思います。確かにソフトレンズユーザーに比べ、はるかに感染症のリスクは少ないのですが、ゼロではありません。

ハードコンタクトレンズそのものは洗浄を行うことによって、ほとんどそのリスクが軽減されますが、そのレンズを保存しているケースからも感染症が発症することがわかっています。

そのため、レンズケースも清潔に保つ必要があります。簡単にケースごと綺麗に除菌することができるケア用品があります。
オフテクス社から販売されている「O2セプト」という製品です。
O2セプト製品を問わず、すべてのハードコンタクトレンズに使用が可能です。ポピドンヨードの除菌成分がレンズだけでなく、ケース内の微生物にも効果を発揮します。

ソフトコンタクトレンズに比べて感染症リスクは低いですが、消毒・洗浄をおこなっていきましょう。