食べる順番ダイエット

diet_before_after
食事をするときに野菜から食べると痩せる、というダイエット方法が数年前から世間に広まっています。
同じものを食べてるのに食べる順番を変えるだけで痩せられるなんて、とてもおいしいお話です。
食べる順番によって変わるのが、血糖値の上がり方です。
野菜などの食物繊維を先に食べて、ごはんやパンなどの血糖値が上がりやすい炭水化物を後に食べると、血糖値の上昇を抑えることができます。
血糖値が急激に上昇すると、インスリンというホルモンが出て、細胞の中にブドウ糖を取り込みます。余ったブドウ糖は脂肪に変わって、体内に蓄積してしまいます。
野菜から食べることによって血糖値の急な上昇を抑えられるため、ダイエットにつながるのです。
食べる順番ダイエットで気を付けなくてはいけないポイントがあります。
まず基本的な食べる順番ですが、野菜などの食物繊維を最初に食べ、次に肉や魚などのタンパク質を食べ、最後にごはんやパンなどの炭水化物を食べます。
これらは全て完全に食べ終わってから次のものを食べないと意味がありません。
そして食べるスピードですが、早食いしてしまうと血糖値が急上昇してしまうため、食べる順番を守っても意味がなくなってしまいます。
そして野菜といってもさつまいもやじゃがいも、かぼちゃなどは野菜にはいれてはいけないということです。これらの野菜は炭水化物が多いため、最後に食べるようにしましょう。