コンタクトレンズと感染症(2)

コンタクトレンズと感染症(1)では、緑膿菌の感染についてお話いたしました。では実際にどようにすれば感染症を未然に防ぐことができるのでしょうか。

緑膿菌でもアカントアメーバーでも、基本的にはこれらの感染予防の方法は同じです。コンタクトレンズを取り扱う際には、衛生面に気を配るということです。

  • 取り扱い前の石鹸での手洗い
  • コンタクトレンズ(ケース)の洗浄・消毒を徹底する。
  • 組み合わせの悪い洗浄保存液と一緒に使用しない。
  • 消毒効果の高いタイプの製品を使用するようにする。
  • 一度使用した液は再利用しない。
  • 決められた溶剤以外のものを付着させない。特に水道水に注意!
  • レンズケースも1ヶ月に1度を目安に新しいものに交換する。
  • コンタクトレンズの使用期限を守る。
  • コンタクトレンズの使用時間を適切に保つ・・・・etc

といった具合に、感染症予防として効果を発揮し今すぐできることが沢山あります。特にアルコン社のエアオプティクスシリーズは、MPSタイプの洗浄消毒剤と併用するとレンズの汚れが落ちきらなかったり、角膜を傷つけてしまう可能性があるといったような臨床結果があがってきています。このシリーズであればAOセプト系、もしくは同社のオプティフリープラスなどと組み合わせて使用するほうが安全です。

ファーストケアEXまた、緑膿菌・アカントアメーバを含め、高い消毒効果が確認されているのは、ヨードを用いたファーストケアEX(オフテクス社)です。

感染症予防に、当院でもお勧めしています。(ただし、ヨードのアレルギーがある方はご注意を!)
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

 

コンタクトレンズと感染症(1)

コンタクトレンズによる感染症では「アカントアメーバー」「カビ」「ウィルス」などに起因して炎症が起こります。その中で最も多い角膜感染症の原因は、「緑膿菌(りょくのうきん)」と言われています。

緑膿菌は常に存在しています。健康な角膜であれば緑膿菌に感染されない抵抗力をもっているため、感染症が起きることはありません。しかし、コンタクトレンズ使用者はこの「抵抗力」を極めて破壊してしまっているケースが多く、感染症が多発しています。

特に挙げられる例としては

◆洗浄・消毒が行き届いていない◆
しっかりとした洗浄・消毒が行なわれていないと、緑膿菌が繁殖してしまいます。コンタクトレンズだけでなく、ケースの方が汚れていても菌が繁殖します。

◆ドライアイ状態になっている◆
コンタクトレンズを装用することによって、ドライアイの状態になり角膜表面に傷がつく・涙の交換作用などがうまく働いていないと緑膿菌が角膜に留まることになります。

◆酸素不足◆
ドライアイ同様、酸素不足によっても角膜上皮が剥がれ落ちやすくなり、傷が付きやすくなります。この傷の部分から角膜内部や緑膿菌が侵入し、感染症を起こします。
角膜に侵入した緑膿菌はとても早いペースで増殖します。緑膿菌は毒性が強く、角膜の組織をどんどん破壊していきます。まずは感染しないように、十分にコンタクトレンズの取り扱いに注意を払うことが大切です。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

 

10分で消毒洗浄が完了?!

通常MPSタイプに分類されるコンタクトレンズの洗浄・消毒には”4時間”のつけおき時間を設けるように取り扱い説明書に記載されています。

しかし、薬局・薬店などで【10分で完了】コンタクトレンズの洗浄消毒はこれ1本☆という広告とともに販売されている製品があります。通常4時間なのに何故10分で完了するのかとても不思議ですよね?!代表的なものでは、「コンプリートテンミニッツ」「フレッシュルックケア10ミニッツ」「メイクスキップ10ミニッツ」などが挙げられます。
コンプリート10minフレッシュルック10min

 

 

 

 

A子、実際に販売業者さんに確認をしてみました。
頂いた回答は、
「当該商品についての洗浄消毒の効果を比べたところ、「10分」と「4時間」のつけおきにおける効果に差がないことを確認。安全性に問題ない」とのことでした。

10分でも同じ洗浄消毒の効果が実現されているであれば、例えば仕事の休憩時間にちょっとコンタクトレンズを外して目を休めるということもできますよね。(※コンタクトレンズの再装用には消毒洗浄が不可欠です)コンタクトレンズをより良いコンディションで使用することができる、と考えれば非常に便利です。 日中コンタクトレンズをよく外す、ドライアイ症状が気になる・・!なんて方には有効的に使用できそうです。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

加齢黄斑変性は、眼底検査で症状を確認しましょう!

40歳以降、老眼(手元の文字などが見えにくい)をはじめとして目にも老化現象が起こります。なかでも最近は「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」についての認識度が高まってきています。

加齢黄斑変性は、簡単にいえば一番見たい物の中心が見えない!!という病気です。黄斑部は網膜の中央にあり、物体の「形」「色」「大きさ」「距離」などを判別する大変重要な器官です。ここに異常が起きると、物を見ることが非常に困難になります。メガネやコンタクトレンズなどを用いて見えるようになることはありません。

加齢黄斑変性を早期に発見するには定期的な「眼底検査」が不可欠です。網膜断層検査(OCT検査)を受けると、ご自身の網膜の状態を自分自身の目で確かめることができます。
40歳を過ぎたら、一度本当に異常がないのか確認しておくと安心です。

また、簡易的ではありますがご自身でチェックする方法もあります。(画像はクリックして拡大できます。)
アムスラーチャートこの網目状の中心を片目を隠しながら見てもらいます。縦横まっすぐに引かれた白い線に見えますか?

線が歪んで見えていたりすると黄斑部に異常が起きている可能性が高いです。すぐに眼科で精密検査を受けるようにしてください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

金属アレルギー

natsubate_girl
気温が高くなって汗をかきやすくなってくると、冬は大丈夫なのにピアスホールが膿んでしまう…という人もいると思います。
金属アレルギーは、アクセサリーなどに使われている金属が汗や体液などで溶け出し、イオン化した金属が体内に入り込んでしまい、次に同じ金属が触れると拒絶反応を起こしてかぶれてしまう現象のことを言います。
そのため、汗をかきやすく肌にアクセサリーなどの金属が触れやすい気温の高い季節は最も危険です。
特にピアスは耳に穴をあけることで、皮膚の内部組織に金属が直接触れるため、ネックレスやブレスレット、時計などよりも金属アレルギーを起こすリスクが高くなります。
金属アレルギーを起こしにくくするには、汗をかきやすい夏場やスポーツ時などはアクセサリーを控える方がいいでしょう。
も う一つ、金属の種類に気をつけることです。最もアレルギーを起こしやすいと言われているのがニッケルです。次いでコバルト、クロム、銅や亜鉛など、その次 に銀や金、プラチナなどが続きます。一番肌に優しいとされているのが、チタンです。敏感肌の人でも付けられると言われているアレルギーフリーの素材です。
金属アレルギーは一度なってしまうと治らないと言われているため、ならないようにすることが大切です。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ

目にゴミが入ってしまったら・・・

eye_hakunaisyou_ryokunaisyouまつげなどが目に入ってしまったという経験のある人はとても多いと思います。風の強い日などは特に目にゴミが入りやすく、ほこりや虫などが入ってしまうこともあります。

目にゴミが入った場合はまぶたの裏側に入り込んでいたり、角膜の表面に付着していたり刺さってしまったりしています。まばたきによって刺激されて角膜が傷付いて、ゴロゴロしたり痛みを感じたりします。
ゴミが入ったと感じた時は痛いからといって目をこするのは危険です。角膜が更に傷付いたり、まぶたの裏側奥に入り込んでしまったりしてなかなか取れなくなってしまいます。
静かにまばたきをして涙と一緒に流しだすようにしてください。取れないときは洗面器などに水を張って、顔をつけてまばたきをしてゴミを流しましょう。

それでも取れない場合無理に取り出そうとするのは危険なので、眼科を受診するようにしてください。
さらに、鉄粉などの異物が目に入ってしまった場合もすぐに眼科を受診してください。鉄粉などはそのまま放置してしまうと目の中でサビてきてしまい、視力にまで影響を与えるような大変なことになってしまいます。
痛いのに我慢してしまったり、放っておけばなんとかなるだろうと思ってしまったりせずにすぐに眼科を受診するようにしてください。
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

わかりやすい乱視用ガイドマーク

コンフォートプラストーリッ乱視用ソフトコンタクトレンズを使用する際、装着時に

【ガイドマーク】

というものを規定の位置に合わせてから目につけることになっています。しかし、ほとんどのレンズは刻印されるような感じでレンズに刻まれており、慣れるまでは見つけるのに結構苦労される方がいらっしゃいます。

そこで、パッと見てすぐに乱視用ガイドがわかるものもあるのでご紹介します。

一番わかりやすいのは、アルコン社より発売されてる「デイリーズアクアコンフォートプラストーリック」です。ワンデータイプです。

デイリーズTCガイドマーク左の図のように、緑色でレンズに書き込まれています。ガイドマークを真横に合わせるか、もしくはOKマークを上に合わせれば完了です。

製品も汚れのつきにくい非イオン性素材なので、アレルギーなどを起こしやすい方にも安心です。近視・遠視ともにパワー製作範囲ともに広く、ほとんどの方に適合できるようにつくられています。

また、メニコン社の定額制プラン「メルスプラン会員」の方のみ使える”マンスウェアトーリック”という定期交換タイプのレンズも、紺色でガイドマークが書き込んであります。これも見た瞬間にガイドマークが確認できるレンズのひとつです。

ガイドマークを見つけるのに時間がかかって困る・・・という方は、是非試してみてください。当院でも実物を実際に見ていただくことができますので、お気軽にお声がけください。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

紫外線・可視光線から目を守ろう☆

目にダメージを与えるという事において、 「紫外線」はよく耳にされると思います。
また、近年では「ブルーライト」という言葉が 目に大きな負担をかけると様々なメディアでとり上げられています。

ブルーライトは可視光線の中でもとくに【黄斑部(おうはんぶ)】にダメージを与え傷つけます。具体的には「酸化」させてしまいます。黄斑部は物を見るために必要な非常に重要な部分です。

UVカット・ブルーライトカット付きのメガネなどで 目を守ることも有効な手段の一つですが、 体の中から「抗酸化」対策をすることも非常に大切です。

抗酸化作用を持つ成分は様々ありますが、”目”に対して考えるのであれば 「ルテイン」が最適です。ルイテインは光の吸収作用を伴なう抗酸化物質のため、紫外線やブルーライト対策に有効とされています。

ルテインはカロテノイドの一種なので通常は食事から摂取することができます。緑黄色野菜に多く含まれていて、中でも「ほうれん草」がダントツで含有量が高く100g中12.2mg。 次いでブロッコリーやかぼちゃに1.4mgとなっています。ルテインは1日あたり2mg/kg体重の摂取までできるとされ、体重70kgであれば1日140mgまで摂取可能です。
ルテインプロ

体内ではルテインは生成されませんので、地道な摂取が必要です。効率的に摂取するのであればサプリメントを併用するのも方法のひとつです。当院でもわかさ生活さんのルテインプロを取り扱っています。ご希望の方は受付までお気軽にお申し出くださいね!1箱62粒入りで3990円です。(約2か月分)

 

※ルテインプロは、2017年5月にて取り扱いを終了しております。以降はルテインの含有量がルテインプロの2倍入った参天製薬「サンテルタックス」をご案内しております。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

黒板が見えるメガネを作ってみませんか?

メガネの子春の学校検診にて、視力低下の指摘を受けて受診されるお子さんがたくさんいらっしゃいます。

日常生活必要とされる視力と、学校生活で必要とされる視力って微妙に違います。学校では一番うしろの席からでも黒板が見えように「1.0」が必要視力とされています。

裸眼視力で0.7くらいあったとしても、もし席がうしろの方だと小さめの文字がぼやけてしまって授業に集中できないなんてことにもなりかねません。

0.7あれば一般的な生活視力としては問題はありませんが、学校生活では困ってしまうこともあります。常時掛けるメガネは必要ない!と思っても、こういった黒板が見えにくいというような時にだけでも使えるようなメガネがあると便利です。また、勉強だけに限ったことではありません。スポーツをする上でも視力がきちんと確保できているか否かで出来が異なるはずですよ。

 

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

肌に大切なこと2

biyou_tsurutsuru

昨日に引き続きこの時期の肌トラブルを起こさないために大切なスキンケアですが、クレンジングで汚れをしっかりと落とした後は保湿です。
湿 度は冬に比べるとだんだん上がってきてはいますが、真夏に比べるとまだ5月は乾燥しています。洗顔後、お風呂から上がった後はもっとも肌が乾燥しやすく なっているので、すぐに化粧水で肌を潤すことが大切です。化粧水はコットンで付けるよりも、手で温めながら付ける方が浸透力が高まります。強くパッティン グすると肌を痛めてしまうので気をつけてください。化粧水は惜しまず、2.3回付けると効果がアップするそうです。化粧水で肌を整えた後は、時間をあけず に乳液やクリームなどでフタをすることも大切です。皮脂の多い部分は少なめに、乾燥しやすい部分は重ね塗りなど、自分の肌の状態に合わせて保湿しましょ う。
バリア機能が低下してしまうと、肌はトラブルを起こしやすくなってしまいます。規則正しい生活をすると肌のターンオーバーも整い、肌のバリア機能も高めることができます。
コラーゲンやビタミンCなど、肌の潤いをサポートしてくれる成分を体内に取り入れることも有効です。緑黄色野菜をたくさん摂取するよう心がけたり、サプリメントなどは手軽に補うことができるのでオススメです。

にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ