目の疲れやすい人が選ぶ2ウィークデュオ

現代人にとっては目の疲れというのはどの方にも起こりうる症状の一つです。遠近両用となると、老眼が始まった方に使用されるものとされますが若い方が使う際にはどうもネーミングが気になる・・・という方もいらっしゃいます。

2ウィークデュオですが、パソコン作業やスマホを含め手が届く範囲の距離を見ることが増え、目の調節力を酷使しながら生活をされているという患者さんも多いのです。近くの距離を見続けることは、自律神経がうまく働かなくなることもあり身体に様々な影響を及ぼします。目の疲れのほかにも、頭痛や肩こり、ひどいときは吐き気までという事もあります。

PCメガネはいかがとお勧めはするも、仕事中だけはコンタクトレンズだという方もやはりいらっしゃるので、そういった場合はメニコン社より「2ウィークデュオ」という製品があることをご紹介しています。
2WEEKデュオ
遠くの見え方はそのまま、手元にピントを合わせるときの手助けをしてくれるような見え方を実現しています。

実際に使用してみると、見え方そのものは変わりません。しかし、夕方以降の”目の疲れ具合”という点ではいつもより楽になるはずです。

パソコンに向き合う社会人の方はもちろんですが、受験勉強をされている学生の方にも使っていただけるものと考えます。

金属アレルギーの方は、メガネ選びも慎重に。

そういえば先日会ったA子友人ですが、実は金属アレルギーを持っています。昔、ピアスホールをあけたときも、医療用ピアスではないものを使い大変な目にあったことがありました。

メガネ先日、その友人が目の疲れが酷くて、乱視の矯正のために初めてメガネを購入することに!今までは裸眼でも0.7程度は見えていたようなのですが、最近のブレた見え方に耐えられずに作成したそうです。

しかし、それが今回もまた金属アレルギーが発症!メガネなのに金属アレルギー?!と思われるかもしれませんが、フレーム素材に金属を使用しているものもあるのです。

アレルギーの度合いにもよりますが、金属部分が皮膚に接触するとかゆみや炎症を起こします。金属アレルギーがある方は、メガネのフレームもアレルギー反応を起こしにくいプラスチック製のものを選ぶ方が無難です。また、金属であってもチタンなどアレルギーを引き起こしにくいものもあります。

視界がスッキリしてもアレルギーで皮膚炎をおこしていたら、せっかくのメガネも掛けるのがイヤになってしまいますよね。ご自身の体質を考えて慎重に選ぶようにすることも大切です。

ココナツオイル

cooking_coconutoil
結構前から話題になっているココナツオイルですが、どのような効果があるのでしょうか?

*ダイエット
ココナツオイルは他の油と違い身体に蓄積されず、さらに脂肪を巻き込んで燃焼してくれるそうです。
腸の動きも整えて便秘も解消してくれます。

*冷え性
今の時期は冷え性で悩んでいる人も多いと思いますが、ココナツオイルは血流を良くして代謝を上げる作用があるため、体温が上がりやすくなり冷え性の改善につながります。

*美容効果
ココナツオイルはビタミンEが多く含まれているため、肌を乾燥から防ぎかゆみや肌荒れなどに効果があるそうです。
ココナツオイルは食べるだけでなく、直接塗ることでも効果を発揮します。お風呂上がりなどにマッサージオイルとして直接肌に塗ると、ベタベタしないのにしっかり保湿してくれるそうです。
さらにココナツオイルはヘアケアにも使用できます。頭皮に塗ってマッサージしたり、髪全体をパックすればカラーやパーマで傷んだ髪の毛の修復、補修をしてくれます。

様々な効果があり色々な使い方ができる万能なココナツオイルを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。この時期のつらい冷えや肌の乾燥を改善していきましょう。
にほんブログ村 美容ブログ 美容皮膚科へ
にほんブログ村

美容皮膚科 ブログランキングへ

マルチフォーカルとバイフォーカル。どちらの遠近両用が良い?

遠近両用コンタクトレンズには、その名称に「1day○○○マルチフォーカル」とか、「2week○○○バイフォーカル」ってネーミングの製品が多いと思います。どちらも遠近両用コンタクトレンズには変わりないのですが、レンズに入っている度数の分布具合に大きな差があります。そのため、物の見え方にずいぶんと違いが出ます。

マルチフォーカル上の図は、プレミオ遠近両用のマルチフォーカルデザインの度数分布図になります。マルチフォーカルとネーミングが付いているものは、緩やかに遠く~近くを見る度数に変移していくつくりで、焦点が多数あるといった構造になっています。視線を遠くから近く(逆も)へ動かしたときにスムーズに視界が切り替わります。また、遠とも近ともとれないくらいのいわゆる中間距離を見せるのが得意なのです。

しかし、どちらか一点となると話は別です。長時間の細かい手作業などをする際に使うと考えると非常に満足感に欠けると言われます。そのため遠くも近くも、まぁまぁ・・な見え方と思われる患者さんは多いです。日常生活に必要ないわゆる生活視力(0.7~0.8くらい、手元は新聞が読めるくらい)が確保できるという点に重点が当てられています。

対してバイフォーカルのレンズは遠くと近くの2点、焦点があるようなつくりになっています。そのため、遠くなら遠く、近くなら近くという1点を見た時ではマルチフォーカルタイプに比べて見え方の満足感は高いとされています。下の図がプレミオ遠近両用を例にしたバイフォーカルタイプのつくりです。
バイフォーカルしかし、遠く~近く(逆も)といった視線を変えたときや中間程度の距離が非常に見えにくいと感じられます。ですので、一点を見ることの多い事務作業などをされる場合にはこちらを選択するほうが楽になることが多いです。車の運転は慣れれば問題ないとは言われますが、最近ではカーナビの画面を一瞬見て、すぐに前方を見ることが多いので注意が必要です。

コンタクトケアは選び方を間違えると、目に傷が!!

昨日紹介いたしました「クリアデュー」。眼科側として他のケアシステムよりお勧めする理由が感染症の予防の他にも、もう1つ重要なことがあります。

それは薬局等でお手軽な価格で売られている洗浄消毒剤の中には、消毒剤によって目に傷をつけてしまう製品もあるのです。消毒洗浄の力が目に対して強すぎると、レンズ内面に残っている液の成分が角膜上皮に影響を与え、結果として角膜(黒目)の傷になります。

目に及ぼす影響右の写真の矢印のあたりに、無数の白い点々のようなものが見えると思いますが、実はこれらが傷です。(クリックで拡大できます)

ケアは”これ1本で、ソフトコンタクトのケアは完了!”というタイプのものと、レンズはシリコンハイドロゲル素材のレンズを使用されている方にこの症状が多く見受けられます。なかでもケアの消毒の力が強いものには注意です。しかし、消毒力が低いものだと汚れ落ちや感染症のほうが心配されますので、何ともいい難いところです。

では、クリアデューはというとしっかりと中和をしてから目にレンズを入れますので角膜に与える影響はほとんど無いとされています。レンズはしっかりと洗浄消毒ができて、目にも優しいとなると選ばない理由が見当たらないですよね。(※ただし、クリアデューはヨードにアレルギー反応を起こす方は使用をお控えください。)

最強?!ソフトコンタクトレンズ用ケア「クリアデュー」

ファーストケアEXソフトコンタクトレンズの洗浄・消毒に抜群の威力を発揮している「ファーストケアEX」。オフテクス社より販売されています。微生物アカントアメーバーにも威力を発揮して、目の感染症を未然に防いでくれています。タンパク除去の効果も徹底されていますので眼科側としても、一押しのケアシステムになっています。

ところで先日、このファーストケアEXにさらに「過酸化水素」をプラスした「クリアデュー」という製品が登場しました。クリアデュー

ヨードの消毒力はもちろん、微量の過酸化水素をプラスすることでケースなどからの2次感染も予防できる仕様となっています。確かに消毒・中和が完了した液については殺菌効果がありませんからね!素晴らしい着眼点だと思います。

コンタクトレンズの種類を問わず利用ができますので、2週間の定期交換タイプはもちろん、使い捨てではないタイプのソフトコンタクトの方でも安心して使えます。こすり洗いが苦手で、レンズが長持ちしない・・という方にも向いている製品の1つです。

視力と認知症。

高齢になった時に認知症になる確率は、実は視力に大きな影響を受けると言われています。 視力が悪いのに眼科の受診をせずに放置した方は、そうでない方よりも認知症になる確率が950%も高かったとも言われているくらいなのです。

老婆この視力が悪いというのは、「見えないピンボケの状態を放置している」ということで、裸眼視力が0.1しかなくても、メガネとかを掛けて視力が1.0くらいになっているということであれば悪いという括りには入りません。

人間は実にその活動において、9割以上の情報を目から得て行動をしています。目は脳の一部です。目から入った情報が脳に伝わり処理されるというごく当たり前のことが、高齢になるにつれて脳を刺激する大変重要な役割を果たします。

この脳への視覚的刺激がなされないと、どんどんと脳は使われなくなっていきます。これが認知症への第一歩となります。視力を確保して、物が見えるという喜びが薄れていくことを回避する努力が必要なのです。物が見えないと、例えば本も読めない・テレビも見えない・散歩したり外出するのも億劫になる→何をしてもつまらない、やる気が起きない。といったような体調的な悪循環すら生じます。

そのためメガネなどで視力の矯正を行う、白内障などの手術を受けて視力を回復させる等して、 放置せずに適切な視力確保を行うことが認知症予防に大変効果をもたらすという事になるのです。

まつげを大切に

body_me

私たちの目の周りに生えている「まつげ」。女性にとっては目を大きく見せてくれたり、女性らしさをアップさせてくれたりなど、長さや量といった見た目的な部分で意識している人は多いと思います。

しかし、そもそもまつげには大切な役割があります。
埃やゴミなどが目に入って眼球を傷付けるのを防いだり、細菌などが入るのも防ぐため眼病の予防にもまつげは活躍しています。
さらに、まつげは何かに接触すると敏感に感知する機能があり、異物を感知するととっさにまぶたを閉じるためのセンサーにもなっているため、まつげは目にとってとても大切なものなのです。
アイメイクにおいてまつげは重要なポイントになりますが、過度なアイメイクはまつげを痛める原因になってしまいます。メイクをする際にビューラーで強く挟む刺激、メイクを落とす際にまつげを擦る刺激、抜け毛や切れ毛の原因になるので、優しい力で行うようにしましょう。
ウォータープルーフのマスカラなどのメイクの落とし残しも毛穴のつまりの原因になり、まつげの毛根にダメージを与えてしまいます。落ちにくいマスカラは便利な時もありますが、毎日使用するのは避けた方が良さそうです。
その他、ストレスやホルモンバランスの乱れ、栄養不足などでもまつげの成長に悪影響を与えてしまいます。
まつげは見た目だけのものではなく、目の健康を守るための大切な身体の一部なので、大切にしましょう。

にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

高評価☆国産品の遠近両用コンタクト

食べ物は勿論ですが、国産品にこだわりまくっているA子です。

プレミオ遠近両用昨年12月よりメニコン社から新しい遠近両用コンタクトレンズ「2ウィークプレミオ遠近両用」が登場しました。すでに単焦点、乱視用なども出ていて快適に使用されている方も多いプレミオシリーズの一員です。

当院でも早速処方を開始して1ヶ月。一番に申し上げたいのは「国産!」←A子一押し。品質・安全性を考えると日本製が一番です。そして、製造度数の範囲が広いのもありがたいです。+5.00~ー13.00という度数が用意されています。さらに酸素をよく通すシリコーンハイドロゲル素材、2週間快適に使える確率は高いといえます。

初めて遠近両用にされた方、また他社さんの製品と比較の為に試された方、使用感などを伺ってみると結構高評価な返答をいただきます。遠く、近くともに不便がなくなったと。

また、コンタクトレンズは目に直接入れるので、合わなければ違うものにチェンジしないと日常生活にも支障をきたします。そのため、ダメだ~!と思われると、皆さん早急に再診されるのですが、このプレミオ遠近両用に関してはその頻度が極めて少ないのが当院での現状です。そうすると、100%満足とは言えなくても「現状よりはよくなった」「違和感・不便なし」という評価をされている方が多いという事ですね!

まだまだ開発段階の遠近両用コンタクト部門ですが、一歩抜き出る存在になるやもしれません。

【メニコン2ウィークプレミオ遠近両用:医療機器承認番号:22300BZX00094】

ブルーベリーの効果って?

ブルーベリーよく、巷で目にする「ブルーベリーは目に良い」「ブルーベリーで視力が良くなる」という漠然とした表現の広告があります。

確かにブルーベリーが目に良いことに間違いはありませんが、具体性に欠ける気がします。目にどんな良いことがあるのかがわからないので、使用前・使用後で結局何が変わったのかが判らずに摂取をやめてしまう一番の原因になります。

では、具体的に「視力が良くなると表記されている」ものはどうでしょう?これも、広い意味で考えれば間違いではありませんが、意図とは異なる解釈がなされやすいと思われます。

【視力が良くなる】という表記があれば、ほとんどの方は視力が上がると思われるのではないでしょうか。例えば視力0.1の人が飲み続けることによって0.7とかに視力が上がるといった具合です。しかし、この解釈では語弊があります。ブルーベリーを摂取したからといって、近視が治るわけではありません。

この「良くなる」が言いたいのは、近視とかが回復・改善するのではなく、おそらく「疲れ目やしょぼしょぼ感などによってかすんで見えていたものが、スッキリ見えるようになる」と伝えたいのでしょう。視力表で測るとぼんやり0.7が見えていたのが、同じ0.7の表でも輪郭がくっきりと判断ができるようになるという具合です。

本来、ブルーベリーの効果というのは「見え方の質を上げること」にあります。ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分が、物を見るために必要なロドプシンという物質の再合成を促進させています。ロドプシンは目を酷使していると再合成のスピードが間に合わずに数が減っていき、かすみやぼやけ感をもたらします。この点に注目していただくと、ブルーベリーの効果が出ているかどうか比較しやすいかと思います。

※ブルーベリーアイプロは、2017年5月にて当院での取り扱いを終了しました。