ダイエットは意気込まないのが成功のカギ★

春先になると夏に向けてのダイエットを考える方が多くなります。成功する確率が高いのはどちらの方法だと思いますか?

ダイエット食事ダイエット運動・食事を減らす

・運動をする

 

大抵の場合は、まずは食事を減らすことを実行され方が多いと思います。ですが、成功するダイエットをするなら「運動をする」を選択しましょう。

そして、”意気込まない”・”頑張らない”でください^^;
急激なダイエットはリバウンドにつながり、長期的にみるとマイナスポイントしかありません。一時的に食事の量を減らしても、元に戻せばリバウンドします。確かに運動も止めれば元にもどるのでは?と思いますが、運動を取り入れてダイエットをした場合は筋肉量が増えて基礎代謝が上がります。そのため、急激なリバウンドにはなりにくいといわれています。

また、意気込みぎると持続しません。そうすると失敗に終わります。運動といっても、アスリートがするような特別メニューをこなすわけでもありません。自分で持続できる範囲で体を軽~く動かせばよいのです。全く運動をしていなかった方なら、ちょっとしたストレッチやウォーキングレベルの事を足すだけでも最初は十分です。運動量ゼロが、たとえ1でもプラスになれば成功への第一歩です。

日常生活の一部のようにスルッと自然に行えることから始めます。ちなみに、やらなきゃ!!という気持ちだけが先行してしまう場合は持続しにくいのでやめましょう。ゆる~く長くがダイエット成功のカギです。

ソフトコンタクトレンズのケアについて

新生活のスタートに向けて、3月は初めてコンタクトレンズに挑戦したい!という方が多く来院されていました。
最初はケアの必要のないワンデータイプのコンタクトレンズで、慣れてきたらコストの面も考えて2ウィークタイプのコンタクトレンズにしたい…という方も多いと思います。

レンズケアが必要なコンタクトレンズは、毎日のケアがとても重要になります。
レンズケアを怠るとレンズに汚れがたまり、装着した時にゴロゴロするなどの不快感が生じたり、それによって引き起こされる重篤な眼の病気になってしまいます。
改めて自分が使用しているケア用品の、正しい使用方法を確認しましょう。

使用している人も多い、マルチパーパスソリューションと呼ばれる、1つの液で洗浄・すすぎ・保存・消毒ができるケア用品。
このタイプのものは「こすり洗い」が非常に重要な工程になります。このこすり洗い、しっかり行えていない方多いと思います。こすり洗いはコンタクトレンズ両面とも、各20秒間程洗う必要があります。実際にこすって洗ってみると、20秒間て結構長いものです。これだけやってはじめて汚れがしっかりと落ちるのです。数回適当にこすって終わり…ではコンタクトレンズには汚れがたまってしまう一方です。
こすり洗いが必要なケア用品を使用している人は、今日から両面各20秒間ずつ…を目安にしっかりと洗浄をおこなうようにして下さい。
contact_lense
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

利き手があるように、利き目というのもあります。

利き手があるように、目にも「利き目」があります。

利き目とは、何気なく物を見ていて焦点を合わせるために無意識のうちに使用している方の目です。利き目で物体をとらえ、もう一方の目を添えるように使い、立体的に物体を見ています。
最近ではスマホの小さな画面を見ている人を見ると、見やすいように利き目の前にスマホを持っているので、どちらが利き目なのかが何となくわかったりします(笑)

では、実際にご自身で利き目がどちらなのか?を調べるときにはどうすれば良いでしょうか。
様々方法はありますが、簡単な方法を紹介します。
利き目1)A4サイズくらいの大きさの紙の真ん中に、直径3センチの丸い穴を開けます。

2)肘をまっすぐ伸ばして、両手で1)で作った紙を持ちます。

3)遠くの指標を見ます。(時計の数字でも、カレンダーの日付とか何でも可)

4)左右の眼をそれぞれ閉じて、片眼になった時に指標が見えた方が利き目です。

メガネやコンタクトを作ったけれども見えるのに違和感がある!という場合は、利き目の方がぼやけた見え方をしているときに生じたりします。他にもスポーツをしたりするときに、利き目で物を見るほうが正確に物体を捉えることができます。野球でバッターボックスに立ったとき、弓道などで的を見るとき等々・・。

また、利き目は測ったときによって変わったりすることもありますので、勿論こだわりすぎる必要はありません。参考程度にどうぞ。

コンタクトレンズ洗浄保存液がこんな用途にも・・?!

A子、たまに2ウィークタイプのコンタクトレンズを使用することがあります。そのため自宅にもコンタクトレンズの洗浄保存液なるものが洗面台に常備されています。

ある日、家族がA子のコンタクトレンズ洗浄保存液を洋服に垂らしているのを目撃しました。アトピーもちの家族で痒くて背中をよくバリバリ掻くてしまう癖があるため、洋服に血液シミがつくこともしばしば。ですが、コンタクトレンズ用の液で何をしているのかを尋ねました。

MPSアイミーすると、某有名テレビ番組でコンタクトレンズの洗浄保存液を垂らして、ちょっと時間を置いてから洗濯機にかけると血液のシミがとれるという放送があったそうです。その放送を見た後から、この裏技なるものを実践しているというのです。コンタクトレンズ洗浄保存液の中にはたんぱく質分解酵素が含まれていて、血液凝固したタンパク質を分解してくれるため、こういったシミが落ちるとか・・。

確かに洗濯後はスッキリと血液シミが取れていました。裏技といえばそうなのでしょうが、これってA子の職業上、ちょっと微妙な違和感もあります。でも、キレイに落ちるなら良しという事で(笑;)

ちなみに、旭化成アイミーのホームページに出ていたコンタクトレンズケア用品の本来の使用目的・方法とは異なる使い方についてというお知らせはこの事が原因なのでしょうか?何があったかは特に触れられていないのでわかりませんが、明らかに洋服の洗濯に使っているA子家族の使用方法は当てはまりそうです・・・。うーむ。

ルテインは10年後、20年後を考えて摂取してみる。

目の健康に役立つサプリメントとして、当院では「ルテインPro(プロ)」を取り扱っています。すでに黄斑変性症などを気にされているミドルエイジの方は、ルテインを積極的に摂取しようと心掛けている様子が見受けられます。

ルテインプロルテインとはカロテノイドの一種で、とくに水晶体や網膜に多く含まれる栄養素です。年齢とともに栄養素は減少していくため、細胞が弱ってしまう原因にもなります。

ところで、予防という点で考えるともっと前の時点からルテインを摂取していくほうが大変効果的とされます。ルテインProはサプリメント=健康食品になりますので、毎日の食事の補助的な役割を果たします。今日摂取したらか、明日あさってに何か変化が出るのか?と言われれば劇的に何かが変わることはありません。しかし10年、20年後にルテインを積極的に摂取していた人とそうでない人。目の健康面で大きな差が出るはずです。

ルテインProは日本人の食生活や体型などを考慮し、必要とされる栄養素を効率的に摂取できる仕様になっています。
ルテイン 10mg
ゼアキサンチン 2mg
DHA 30mg
他にも、ビタミンCや亜鉛も配合されています。

受付にて、気軽に購入が可能となっていますのでお気軽にお申し出ください。

※ルテインプロは、2017年5月にて取り扱いを終了しております。以降はルテインの含有量がルテインプロの2倍入った参天製薬「サンテルタックス」をご案内しております。

若い女性にも増えた?!物が歪んで見える症状。

近年、女性の社会進出が増えた事にも影響されるのか「中心性網膜炎」が発症してしまう女性の方が多く見受けられるようになりました。 起きる原因としては「ストレス」、「睡眠不足」が主として挙げられていて、以前までは働き盛りの男性がかかりやすい病気でした。

中心性網膜症とは網膜の黄斑部分に水が溜まり、物が歪んで見えたり、小さく見えたり、中心部分のあたりが暗い感じに見えたりと視力に影響を及ぼします。他にも色が通常の色と違って見える色覚異常を訴えるケースもあります。

中心性網膜炎中心性網膜炎OCT←断面図でみると、三角に突起している部分が中心に見えます。

もし、この病気にかかってしまったらほとんどの場合は自然治癒の治療を第一として、リラックスした生活を心掛けることです。症状によってはレーザーや薬による治療が行なわれます。

また、この中心性網膜炎にかかったことがある方は将来「加齢黄斑変性症」にかかるリスクがそうでない方よりも罹患リスクが高くなると言われています。初期の段階では中心性網膜炎も、加齢黄斑変性症も大変症状が似ています。治療方法は、どちらの診断になるかで変わってきますので、異常を感じた場合はすぐに眼科を受診するようにしましょう。

プラセンタの種類☆

プラセンタを利用した化粧品やサプリメントなどが多数発売されていますが、現在は「ブタ」「ヒツジ」「ウマ」「ヒト」、そして「植物性」などが挙げられます。

中でも一番安全性が高くて、効果が高いのは「ヒト」です。重篤な副作用が出たということも現在までありません。「ヒト」のプラセンタは日本では注射のみ認められていて、「メルスモン製剤」と「ラエンネック製剤」として流通されています。そのため、「ヒト」プラセンタが打てるのは医療機関に限定されます。当院でも、プラセンタ注射は「ヒト」プラセンタを注射しています。

ちなみに他の動物性のものは、ある程度の効果は確認されていますがアレルギー反応を起こしたり、トラブルになったという話をよく耳にします。その反面、植物由来のプラセンタはアレルギー反応はこそは少ないですが、もともと植物に胎盤はないため胎座から採れる成分がプラセンタとされます。そのため、成長因子が含まれないのでアンチエイジングを期待するうえではヒトや動物性のものと比べるとその効果は低いものとなります。(成長因子は、細胞の修復や分裂を促して元気にさせる力を持っています)

馬の目多くはブタプラセンタが安価のため多く流通しているようですが、動物性のプラセンタで悩むなら今は「ウマ」が一歩前を行くものとなっているように思えます。

ウマプラセンタはブタと比較してアミノ酸が1.2倍程度含まれていて、さらに必須アミノ酸が「ヒスチジン」「フェニルアラニン」「メチオニン」「トリプトファン」の4種類と準必須アミノ酸「チロシン」「システイン」の2種が含まれるということで注目をされています。ですが、ブタプラセンタに比べるとかなり高価なようです・・。

プラセンタの種類はさまざまですが、やはり「ヒト」プラセンタが一番安全で効果が高いので、医療機関に通えるかたはこちらがお勧めです。

目のたるみと瞬きの関係。

瞬きの回数が少ないとドライアイを悪化させ、目の病気にかかりやすいというのはご周知のとおりですが、実は「美容的」にも大変な問題があるのです。

まぶたのたるみ人間は1日に約2万回の瞬きをしています。瞬きをするために目の周りの筋肉を使用するのですが、目を開けるために「上眼瞼挙筋」、眼を閉じるために「眼輪筋」が動きます。そして、これらの筋肉は目の開閉のみならず皮下脂肪を支える役割も果たします。

とくに眼輪筋が弱ると外見的に目立ちやすく、その下にある皮下脂肪が表面にぷよっと浮き出てきてしまうのです。その部分は触ると皮膚がぷよぷよしています。著名人の方でいえば、政治家の小沢さんとか俳優の岸辺一徳さんとか・・でしょうか。目の下のあたりにぽこっと膨れているような部分があります。

年齢とともに眼の周りの筋肉も弱っていくので仕方のないことなのですが、美容的に女性は気にされる方が多くいらっしゃいます。

ちょっとしたプチケアであれば、ここにBNLS注射を打ち、皮下脂肪を溶解してしまうことでかなり目立たなくなります。極細の針で一瞬チクッとする程度なので痛みも、腫れもほとんどありません。気になって仕方ない~;という方は、お気軽にご相談ください。 ですが、日常としてできる最大のケアは、よく瞬きをして眼の筋肉を使うということです。

定額制メルスプランで、2ウィークメニコンReiも使用できます。

今やサークルレンズはお化粧の一部という感覚で使用されている女性が沢山いらっしゃいます。目がぱっちり大きく、優しい印象を与えてくれます。カラーコンタクトのようにギラギラと目の色を変えるのではなく、黒目の輪郭をハッキリ大きく見せることができます。ふと、雑誌のモデルさんの目をみても、バッチリとサークルレンズを着用されていますよね。

ところで、コンタクトレンズそのものは使用方法を正しく守って使えば、快適に視力を矯正できるものです。ただ、マスメディアから一部の粗悪なカラーレンズなどが報じられ、ちょっと心配になるところもあります。

そこで紹介したいのが、「国産」「定額制保証」のダブルの安心を掲げるメニコン社の”メルスプラン”で利用ができる「2ウィークメニコンRei(レイ)」です。ブラウン・ブラックと2色のカラーが選択でき、酸素透過率もサークル・カラータイプのレンズの中ではトップクラスのものです。

メニコンReiサークルレンズ・カラーレンズは通常のクリアレンズよりも、販売価格が高く設定されているので、出費を抑えようと無理な使用方法をした為に目に炎症を起こして眼科を受診するはめに・・なんて患者さんもいらっしゃるのは事実です。

コンタクトレンズが汚れても、破れても、無くしても、度数などの変更があっても出費は月々定額の両眼で2,100円+税の一定額です。コストを気にせず、高品質の製品が使用できます。

インナードライ肌には顔プラセンタをどうぞ。

最近は雑誌などでもよく取り上げられるようになった「インナードライ肌」。トラブルの危険性が高いことでも有名です。インナードライ肌は、肌の内部が乾燥してしまっている状態なのです。見分け方としては、”化粧がすぐに崩れる”、”肌表面に皮脂が浮き、肌の弾力がない”という場合は要注意です。

美肌では、何故トラブルが多いのかというと「間違ったスキンケア」をしてしまう事にあるのです。インナードライ肌は肌の内部が乾燥しているため、水分を外部に逃さないように肌表面に皮脂を分泌させてしまいます。そうすると、一見「脂性肌」のように思えてそのケアをしてしまうのです。例えば脂取り紙でどんどん表面の皮脂を取り除く、さっぱり系の基礎化粧品を使用するなど、皮脂対策をしてしまうため、乾燥状態をさらにエスカレートさせてしまいます。

最近ではインナードライ肌対策として様々な化粧品なども出ていますが、「顔プラセンタ注射」でケアするのはいかがでしょうか。

プラセンタに含まれる成長因子が肌内部の真皮層に働きかけて、美肌の大要素「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の生成を促します。これらは多くの水分を含んでくれますので肌の内部の乾燥を改善することに役立ちます。また、直接お顔にプラセンタを打ちますので即効性にも優れます。医療機関で使用するプラセンタ注射はすべてヒト由来のもので安全性にも大変優れます。もちろん、当院は予約不要ですので気が向いたときにお立ち寄りください。

顔プラセンタは1回¥3,000+税(自由診療)となります。痛みも少ない極細針を使用し、腫れも数時間で落ち着く方がほとんどです。