ワンデーアキュビューオアシスか、トゥルーアイか。

先日、ジョンソン&ジョンソン社から発売されたワンデーアキュビューオアシス。すでにシリコーンハイドロゲルレンズとしては同じタイプでワンデーアキュビュートゥルーアイもありますが、何が違うのか?という点はやはり気になります。

ワンデーアキュビューやモイストといったHEMA素材のコンタクトと比べれば、「酸素透過率」が格段に上がるという最大の利点があります。

1daytrueye
◆ワンデーアキュビュートゥルーアイ/酸素透過率(Dk/L値)118、含水率46%、サイズ14.2mm

 

1dayoasis

◆ワンデーアキュビューオアシス/酸素透過率(Dk/L値)121、含水率38%、サイズ14.3mm

 

レンズデータを比較してもちょこっとだけワンデーアキュビューオアシスの方が酸素を良く通して、乾燥しにくそうな感じに見えますが大した数値差には思えません。

ですが、ワンデーアキュビューオアシスは【生体模倣】テクノロジーを駆使して作られた点に大きな差があります。同社製品ページにあるとおり、<目の疲れの一因となる「乾燥感」「ぼやけ」「まばたきの際の摩擦」を軽減>する能力に長けるのです。

涙に含まれる「ムチン」。ムチンとは人間の涙に含まれる成分で、粘性を持っているため目の表面に涙を一定にいきわたらせるのを助ける働きがあります。このムチンを模倣した成分をレンズに密に組み込むことでレンズが涙と一体化し、このような快適な使用感を実現させています。

ただし、いつもながらの事ですが個人の眼に合うか否かは実際に眼科で検査をして使用してみないとわからない部分もあります。よく試してから使用するようにしましょう!

目が痒くてもこするのは我慢☆

目のかゆみ目がかゆい!!

とっさに目をこすってしまう方は結構いらっしゃると思います。ゴシゴシっと目をこすると、かゆみがちょっと落ち着く・・。なんてケースもありますが、目にとってはゴシゴシこするのはデメリットの方が大きいのです。

目の表面はとても傷がつきやすく、また細菌やウィルスの進入経路としてもってこいの場所です。傷ついた表面からはさらに感染リスクを高めることになります。また、美容的には目下も皮膚はとても薄いため、ゴシゴシこすることによって目下の色素沈着による「クマ」を目立たせてしまうことにもなりかねません。

では、目がかゆ~い!!!という時はどのようにするのが良いのでしょうか。

答えは、冷たいタオルでしばらく目を冷やすことです。もちろん清潔なタオルを使用してくださいね!

それでも目のかゆみが続くときは早めに眼科を受診するようになさってください。

ちなみに目を水道水で洗ってしまうのは?とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、これも避けたほうが良いでしょう。目の表面に必要な油分などの成分も一緒に流してしまうことになりますので、目を守っている防御膜を自ら手放してしまうような行為です。

白杖を持つ方に、手を貸すときの注意点。

昨日、白杖を持つ方に「手を差し伸べてあげる」のは大切なことだと書きました。では実際にどのように手をとってあげればよいのでしょうか?

白杖歩行まずは「お手伝いしましょうか?」といったように、本人の気持ちを確認ください。

いきなり手を取られて引っ張られるのは、大変な恐怖心を与えることになります。見ず知らずの人にどこに連れて行かれてしまうのだろう?!と思われてしまったら、せっかくの人助けも逆効果ですのでご注意を。

そして、道を誘導してあげる際は、

「白杖は取り上げない」「手を引っ張っらない」という事を心掛けます。

実際には白杖を持って歩いている方に、白杖はそのままにして、私達の肩や肘をつかんでもらいます。そして、その方の歩調に合わせてゆっくりと誘導してあげます。

また、階段や段差、溝があったりと何か目の前に障害物があるときは「●●がありますが、どうしますか?」と本人に聞いてあげればよいのです。

もちろんこれは一般的な例なので、実際に助けようとした方がどのように困っていて、手を貸してもらいたいのかは人それぞれです。マニュアルどおりよりは、どのような手助けが必要なのかをよく聞いてあげてください。”思いやり”の心が一番大切なのです。

「白杖」ってご存知ですか?

白い杖と書いて「白杖(はくじょう)」と読みます。

白杖街中や駅とか、白い杖を持って歩いていらっしゃる方を見かけることはあると思います。では、どんな方がこの白状を持っているかというと、

「目が見えない方が持っている」

という認識は持っていただけているかと思います。

ただ、厳密に言えば「視力に障害がある方」がお持ちなのです。目が見えない=全盲(光すら感じない)というイメージですが、弱視の方や視野が極めて狭い方など、普通に歩き回ることが困難という方も白杖を持たれています。

また、眼科医会は白杖の役割について、以下の3つを掲げています。

  1. 自分のまわりの「状態や路面の変化などの情報を入手」すること
  2. 「身体の支え」として身体の安全を守ること
  3. 「自分が視覚障害者であることを周囲の方に知らせること

最近でも盲導犬を連れた男性が、駅のホームに転落して死亡するという事故がありました。駅側もホームドアを設置したり事故を防ぐ対策を立てていますが、現実問題としてすぐに日本の全駅に設置できるわけでもありません。

ですが、もっと確実ですぐにコストもかからずに事故回避できる方法、ありますよね!

すぐ近くに居合わせた私達が白杖を持つ方を見かけたら、ちょっと声を掛けたり、手を差し伸べてあげれば、こういった痛ましい事故を防ぐことができるはずなのです。

日本初☆高酸素透過性の乱視用ワンデー

乱視用のワンデーには、高酸素透過性「シリコーンハイドロゲル素材」のコンタクトレンズがありませんでした。

今までは近視用を使用していたのに、乱視の見え方が気になり始めた。でも、乱視用にしたら酸素透過率が数倍低下するレンズにしなくてはならない!困ったものだ・・・。って事が起きていました。

ですが、そんな事態がついに終結です♪
クーパービジョン社より「マイデイトーリック」が発売となりました。乱視用のワンデーコンタクトとしては日本初のシリコーンハイドロゲルで作られています。シリコーンハイドロゲル素材のレンズは、酸素を良く通し、乾燥しにくい!という画期的なものなのです。

ただでさえ乱視用コンタクトは乾くし、異物感も大きく感じられる方が多かったのでマイデイトーリック登場に拍手です。
マイデイトーリックしかも、近視・遠視用とおなじく嬉しいUVカット付です。あえてワンデーのシリコーンレンズがないから、2ウィークタイプで我慢していたという方もついに解放されますね!

先生の診察で目に異常がない状態であれば、院内で装着して試してみることができます。お気軽にスタッフ・院長にお申し出ください。

貼る眼帯が便利です。

眼帯をむやみに使うのは目にとってはあまり良くはないのですが、眼科の先生からから指示があった場合にはやむを得ません。

眼帯といえば、耳にゴムを掛けるようにして眼帯を当てるいるタイプが一般的です。しかし、メガネを使用している方だと耳の部分に違和感が残ったり、メガネのレンズにぶつかったりしてしまって、大変不便なのです。

そういった場合、出番となるのが「貼る眼帯」です。シート状になっていますのでペタっと鼻とこめかみのあたりに貼り付ければ完了です。1回の使いきりなので、終わったらそのまま処分です。
貼る眼帯当院でもご用意していますので、ご希望の方は受付にお申し出ください。1枚100円+税となります。もちろん滅菌済みです☆

また、いつも両眼で物を見ている方が眼帯で片眼を隠すと、かなり視野が狭くなったように見えて遠近感もとりにくくなります。とくに外出したり、階段などの歩行する場合は十分にご注意ください。

白内障手術の後に、また同じ症状が?!

白内障の手術は今では日帰りでできるくらい進歩しました。術後も2ヶ月程度で視力が安定し、予後は良好という方がほとんどです。

しかし、一度白内障の手術が終わったにも関わらず、また「まぶしい」「目がかすむ」など手術前と同じような症状が起きることがあります。

これは【後発白内障(こうはつはくないしょう)】というもので、最初に白内障手術をした際に残しておいてある後嚢(こうのう)という部分が濁ってくることによって起こります。再発した?!また手術?!と思う方も多いのですが、後発白内障が発症した際は再手術する必要はありません。
後発白内障後嚢の部分にレーザーを当てるという治療によりすぐに回復します。何日も入院しなければならない!という心配もないのです。
手術後、気になるような症状が出てくる際は遠慮なく院長、スタッフにお申し出ください。

ルミキシルで今からシミ予防

8月も後半にさしかかりました。日焼け止めなどを塗って、紫外線ケアはされていると思いますが、紫外線を浴びるとシミをの元となるメラニンが生成されていきます。
ルミキシル

このメラニンの生成に関わる酵素「チロシナーゼ」を防ぐことによりシミを予防するのがブライトニングクリーム【ルミキシル】なのです。

シミ治療の一般的な治療薬はハイドロキノンが代表的ですが、メラニン生成の抑制率を比べてみると大きな差があります。

皮膚科学会の報告ではハイドロキノンの抑制率が7%(10μM用量)とされているのに対し、ルミキシルは40%の抑制効果があると証明されています。

また、ルミキシルは米スタンフォード大学の皮膚科チームが開発した美容クリームですので
どの肌質に対しても安心して使用できる処方になっています。長期的に使用しても、副作用などの心配もありません。シミが浮き出る前に<ブロック>する目的でも、ルミキシルは大変効果的です。クリーム状ですが、サラッとした使用感で刺激も一切ありません。

装着時間の長い方は、酸素透過性の良い素材を☆

たまにしかコンタクトレンズを使わないから、ワンデータイプを利用するという方は多くいらっしゃるのですが、”素材”にこだわっていますか?

たまにしかコンタクトレンズを使わない場合、装着時間は6~8時間程度が目安です。ですが、使う頻度(日数)は少なくても、コンタクトを着けたその日は長時間、朝から寝るまで使用してしまっているっ!というお話をよく耳にします。

トータル的に考えれば、コンタクトの使用時間は毎日使用されている方より圧倒的に少ないかもしれませんが、使用した1日の時間だけを比べると大した差がない!というのはちょっと考えものです。

このように、たま~にしか使わなくても、装着した日は結構長い時間着けてしまう・・という方は是非「シリコーンハイドロゲル」という素材のコンタクトを選ぶようにしましょう!

この素材であれば酸素透過率は従来のソフトコンタクトレンズの5~6倍はあります。
コンタクトレンズ
現在はワンデータイプの商品種類も増えて4種類。
◆ジョンソン&ジョンソン社 ワンデーアキュビュートゥルーアイ
◆ジョンソン&ジョンソン社 ワンデーアキュビューオアシス
◆クーパービジョン社 マイデイ
◆アルコン社 デイリーズトータルワン

従来の素材ものより一般的な市場価格はプラスのようですが、目のことを考えれば数百円程度なら奮発しても良いのではないでしょうか。

飛蚊症は一生のお付き合い。

どうも目の前を黒い虫が飛んでいる感じに見える。キラキラするものがチラついて仕方ない。違う方向を見ても追いかけてくる感じで気になってしまう。

飛蚊症
こういった症状は一般的には「生理的飛蚊症」と呼ばれ、完全に治せるという治療薬等はありません。目の中には硝子体というゼリー状の物質で満たされた組織がありますが、これが紫外線や老化などによって濁りを生じると、その濁りの部分が影となって見えたりします。

また、強度の近視の方は眼球の奥行きが長いため、網膜にくっついているはずの硝子体が剥がれてシワのようにもなりやすいとも言われています。このシワになった部分が黒く影のように見えて飛蚊症を起こしていることもあります。

生理的飛蚊症は特効薬がないため、気にしないようにして上手くお付き合いするしかありませんが、まれに大きな病気によって飛蚊症と似たような症状を引き起こしていることがありますので、自己判断をせずに眼科の先生の診断を仰ぐようにしましょう。

また、定期的に眼底検査をしていても、急に飛蚊症の数が増えたとかいつもと違う様子があればすぐに診察を受けるようにしてください。