飛蚊症は一生のお付き合い。

どうも目の前を黒い虫が飛んでいる感じに見える。キラキラするものがチラついて仕方ない。違う方向を見ても追いかけてくる感じで気になってしまう。

飛蚊症
こういった症状は一般的には「生理的飛蚊症」と呼ばれ、完全に治せるという治療薬等はありません。目の中には硝子体というゼリー状の物質で満たされた組織がありますが、これが紫外線や老化などによって濁りを生じると、その濁りの部分が影となって見えたりします。

また、強度の近視の方は眼球の奥行きが長いため、網膜にくっついているはずの硝子体が剥がれてシワのようにもなりやすいとも言われています。このシワになった部分が黒く影のように見えて飛蚊症を起こしていることもあります。

生理的飛蚊症は特効薬がないため、気にしないようにして上手くお付き合いするしかありませんが、まれに大きな病気によって飛蚊症と似たような症状を引き起こしていることがありますので、自己判断をせずに眼科の先生の診断を仰ぐようにしましょう。

また、定期的に眼底検査をしていても、急に飛蚊症の数が増えたとかいつもと違う様子があればすぐに診察を受けるようにしてください。