ぼんやりとでも見えれば、お答え下さい。

視力検査のとき、最初にお声がけをするようにしていますが、これ実践していただけているでしょうか?

「ぼんやりとでも、輪の切れ目がわかればお答えください」

 

視力検査をするときに、患者さんは視力が出るように頑張る!という傾向がみられます。
なので、視力検査が始まると、テスト用のメガネをかけてどうもスッキリしない見え方を強制されます。このメガネ、掛けないほうが見える!なんて、思ってしまいますよね。

しかし、検査をする方はわざとぼやけさせたスッキリとしない見え方で、どこまで見えるか?と調べています。

例えば、近視の方の検査をしているとしましょう。
テイスト用のメガネに度数を入れて視力を確認していき、1.2が見えたとします。これを最初の度数としたとき、もう一つ度数を上げたら1.5が見えるか確認します。しかし、度数を強くしても同じ1.2までしか見えないのであれば、度数を上げる前、初めて1.2が見えた一番弱い度数が、検査決定値になります。

 

ぼんやりと見えるのは、正確な視力を測るために必要な環境を作っているからなのです。

なので、ぼんやりとした状態で、何となく輪っかの切れ目がわかれば答えていだたかないと実は駄目なのです。

もちろん、目を細めて見たりしてはいけませんよ。
こうすると、ぼやけが一時的に減少して視力が正確に測れません。

ご協力をお願いしますね!