レーシックの訴訟はやはり大変。

レーシックの訴訟ニュースが絶え間なく流れているようにも思われますが、こうやって取り上げられているのは極わずかなものであろうとも思います。

近視が治せるというレーシック手術は、今や日本でも手軽な金額で受けられるようになりA子友人でも数人受けています。(幸いにもA子友人達は皆成功で、とくに後遺症のようなものは出ていないようです)レーシック手術を受けられる患者さんは年々と増加の傾向をたどっています。

しかし、術後の後遺症が発症して苦しまれる方が増えているのも事実です。

さくら眼科にもレーシックを受けたら「ドライアイがひどくなった」「眼精疲労がひどい」「目の激しい痛みが続く」など、様々な症状を訴える患者さんがいらっしゃいます。処置として、投薬云々を行うことはできますが根本的な改善にはなりません。

さらにこれがレーシックのせいで起きた後遺症だという訴訟を起こす事は、実は大変な事なのです。確かにレーシック手術の前後で、目の症状が明らかに違うのであればどなたでもそう思いますし、眼科でも術後にこういった症状を訴える方が多ければ多いほど、レーシックが原因ではないかと疑いは持ちます。

しかしレーシックをしていなくても、ドライアイや眼精疲労、痛みなどそういった症状は誰にでも起こる事です。諸症状がひどくなった原因が明らかに当該レーシック手術によるものという確固たる関連性が証明できなければなりません。レーシックした後から、症状が悪化したんだからレーシックのせいだという個人的意見ということだけでは、法は動かせないのです。患者さんからしてみれば、つらい症状を抱えて不憫でならないのですが、何とも言えないところです。

何度も取り上げてはいる内容なのですが、レーシック手術を考えている方は、十分に後遺症を含めたリスクを承知した上で臨んでください。