シミとホクロ

先程お電話でシミとホクロの治療についてご質問があったので、こちらでも簡単にご説明致します☆

◎ シミ

紫外線などによって過剰に生成されたメラニン色素が、排出されずに残った状態がシミです。

治療にはQスイッチルビー・レーザーや、ハイドロキノン・ルミキシルなどの美白剤が使われます。

レーザーをかけた後は肌色のテープで1週間保護する必要があります。(洗顔や入浴は可能)

お顔の目立つ部分の場合は、マスクができる時期(インフルエンザや花粉症の時期)を選ばれる方が多いです☆

レーザー治療により一度綺麗に取れても、紫外線を浴びると再発しやすいので、治療は10月~4月の間をお薦めします。^^

◎ ホクロ

メラニン色素とそれを作るメラノサイトが増殖したものです。

盛り上がったホクロを色素性母斑といいます。

ホクロは乳幼児期にはほとんどなく、成長にともなって発現するようになり、特に思春期ごろから急に増える場合があります。

炭酸ガスレーザーなどを用いて除去します。

取れたかのようにみえても再発することがあり、何度か治療を要する場合もあります。

治療後は1週間、消毒やテープを貼る必要がある為、海やプールは入れませんのでご注意下さい。

 

サノレックス

食欲抑制剤「サノレックス」の取り扱いを始めました☆
日本において唯一厚生労働省が正式に認可した医療用の食欲抑制剤で、食欲にかかわる神経に働きかけて、食欲を抑える薬です。

肥満症治療の基本である「食事療法」や「運動療法」を行っても効果が不十分な方に、「補助療法」としておすすめです。

【禁忌】 以下の方は服用できません。

以前この薬を使用してアレルギー症状(かゆみ・発疹など)が出た方。
糖尿病・高血圧・精神病・てんかん・高齢者・緑内障・心臓障害・すい臓障害・腎障害・肝臓障害・脳血管障害・うつ病・薬物やアルコール乱用歴のある方・MAO阻害剤投与されている方・妊娠および授乳中の方・小児等。

内服期間中は飲酒はできなくなります。(めまいや眠気、精神的な副作用が出やすくなる為)

当院では、1錠 630円 で販売しております。

他院と比較してかなり良心的な価格なのは、広告費を使っていないからです。

正規の医薬品を取り扱っておりますのでご安心下さい。^^

処方の際は、毎回医師の診察が必要となります。
カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

夏の花粉症

「花粉症」ときくと、2月~3月頃のスギ花粉症のイメージが強いと思いますが、日本の花粉症は、ほぼ一年中あります。

4月~10月にかけてはイネ科の花粉症が多く、8月から10月にかけてはブタクサ・ヨモギ・カナムグラの花粉が飛んでいます。

スギ花粉症ほど症状がひどくないので、痒くてもお薬なしで凌いでいる方が多いようですが、アレルギー性結膜炎では瞼の裏側に乳頭(にゅうとう)というボツボツした物が出現し、悪化すると乳頭が大きくなって、角膜(かくまく=黒目の部分)を傷つけることもあります。

また、コンタクトレンズを装用されている方は、レンズに花粉が付着しやすいので症状が悪化しやすくなります。
アレルギーのある時期だけでも、なるべく眼鏡か1日の使い捨てコンタクトレンズをお薦めします。

ゴロゴロが気になったら、早めに眼科を受診し、目薬で治療しましょう!