白内障(はくないしょう)

白内障

水晶体が濁る病気です。多くは、加齢による水晶体の混濁です。40歳代から白内障患者さんは増え始め、60代では7割近く、70代では 8割、80代ではほぼ100%の人が、白内障になります。そのほか、先天性、アトピー、外傷性、他の病気に併発する白内障もあります。

●症状
※一般的な症状の一例です※  
まぶしい(眼に入ってきた光が、水晶体の混りで乱反射を起こすためです)
物がぼやけて見える(とくに眼鏡などをしても、見え方が良くならない)
昼夜とわず、見えにくい。物が2つに見える。

正常眼と白内障眼

【上】正常眼
【下】白内障眼

 
●治療
白内障の進行を遅らせる薬を点眼します(根本治療ではありません)。また、進行して視力不良になると手術になります。手術をして、水晶体を新しくすれば、スッキリとした 視界にもどります。現在では、日帰り手術などを行なっている病院もあります。

白内障予防

進行速度は個人差があります。数年で進行する方もいれば、10年以上変化がないという方もいます。
 
◆進行を遅らせるようなカリーユニやタチオンなどの薬を使用する。
◆紫外線防止に気を配る。
◆ビタミンE・ビタミンC・ベータカロチンなどは、発症のリスクを下げるといわれます。特に、1日ビタミンC200mg以上の摂取は効果的です。
◆たばこ・飲酒・ステロイド剤の使用は白内障を促進させるの危険があるので極力控える。