結膜炎(けつまくえん)

結膜炎

ウィルスや細菌感染によって、結膜に炎症が起きます。大抵の場合、充血やメヤニといった症状が表れます。アレルギーの場合は、特にかゆみを訴えます。細菌よりも感染力が強いウィルスに一度かかると、治るまでに時間もかかりますので、注意が必要です。また、ウィルスにも多くの種類が存在します。眼をさわった手の消毒をしっかり行なわないと、他人にうつる確率が高くなります。十分な注意が必要です。

●結膜炎症状
【結膜炎の眼】ひどく充血をともないます。

 
●特に、夏に感染しやすいウィルス性結膜炎です。

流行性角結膜炎(はやりめ)

アデノウィルスが結膜に感染したもので、潜伏期間は1週間程度。感染すると、充血、異物感、メヤニ、涙など症状が非常に強くでます。完治するまでには、平均3週間を要します。

急性出血性結膜炎

エンテロンウィルスが結膜に感染したもので、感染すると1~2日で発病します。はやりめと症状は似ていますが、治るのは早く、完治まで約1週間です。

気をつけること

どちらも完治するまでは、感染力が強いので、学校や会社もお休みすることになります。また、症状がよくなっても、医師が薬をやめても良いと言うまで、必ず点眼を続けてください。

他にも、アレルギー性の結膜炎は、アレルゲンがある限り発症します。
とくに、ダニ・ほこり・ペットの毛カビなどが原因にあたるとされます。
また、季節性のもの(花粉症)は、スギ花粉が多いとされています。
抗アレルギー薬を投与して症状を抑えますが、点眼後3日から2週間程度、効果が出るまでに時間を要します。早めに点眼を開始する方が良いでしょう。