飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症

目の前に、黒い糸くずやゴミ、輪のようなものが見える症状です。
眼の前に蚊が飛んでいるように見えるので、飛蚊症といわれます。

●飛蚊症の見え方
黒い糸くずや、虫みたいなものが見えます。

●生理的飛蚊症
老化現象のひとつで、特に治療の必要はありません。
 
硝子体は、細かい無数の線維からできていますが、年をとるとこの透明な線維が濁ってくるものがあります。
線維が濁ると、眼底に影として写り込むようになります。
硝子体は眼を動かす度に、揺れ動き、それといっしょに影も揺れ動きます。
これが、眼を動かす度に、黒い点みたいなのが飛ぶように見えます。
 
この症状は、一度でると治るものではありません。しかし、病気でもありませんので治療法もありません。気にしないように放置することになります 。  

気をつけるべき飛蚊症

硝子体の出血や、ぶどう膜炎で硝子体に濁りができたときにも、飛蚊症は起こります。この場合には元の病気の治療が必要となりますので、精密眼底検査を受けましょう。