お子様の近視進行を抑制する治療についてのご案内

マイオピンとは?

マイオピン・・小児期の近視の進行を軽減させることを目的に、アトロピンを0.01%配合させた点眼薬です。シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されました。

●近視の進行を抑制することが大切な理由●
 子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれてしまうことにより生じるケースが多くあります。
 近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸が伸びてしまうと元に戻ることはありません。そのため眼軸長の伸びを抑える事が近視の進行を抑制するために重要となるのです。

マイオピンが選ばれる理由

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を抑制するという点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法のひとつです。

◆重篤な副作用の報告はありません◆

 シンガポール国立眼科センターのアトロピン0.01%の点眼薬を2年間継続した研究結果の安全性については、以下の報告があります。

 ①アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
 ②眼圧に影響を与えないとの報告でした。
 ③白内障を形成するとの報告はありませんでした。
 ④点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔が開き続けてしまうという報告はありませんでした。
 ⑤電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

※この目薬の本来の作用により、一時的に瞳孔が広がりまぶしさを感じますが、数時間で元に戻りますのでご心配ありません。
◆近視の進行を平均で約60%軽減させる良好な目薬と言われています◆

マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行スピードを効果的に抑えると同時にアトロピン1%点眼薬のような不快な副作用を回避します。

マイオピン治療を希望される方へ

 マイオピン治療は、近視の進行を完全に止めるわけではありません。しかし、少なくとも2年継続して使用することで何もしない方と比べて近視の進行を軽減できたという報告を基に行う治療です。日本では健康保険の適用とはなりませんので、予めご了承下さい。

処方の流れ

 ①お子様の視力や目の状態などを検査、診察します。
 ②診察後、ご希望があればマイオピン目薬を処方します。
 ③初回はマイオピンを1本処方します。1ヶ月後に再診していただきます。
【初回費用:4,500円+税(診察検査料1,800円+税、1ヶ月分目薬代2,700円+税)】
 ④1ヶ月後の再診で問題がなければ、その後は3ヶ月毎の定期検診(3ヶ月分のマイオピンを処方)となります。
【2回目以降:9,400円+税(診察検査料1,300円+税、3ヶ月分目薬代8,100円+税)】

※治療についての詳細は、院長もしくはスタッフまでご相談下さい。