黒い虫が飛んでいるように見えるのは何とかならないの?

何もないはずなのに、黒い虫が飛んでいるような影が見えます。チラチラうるさく感じて仕方がない、そんな経験はないでしょうか?何にもないはずなのに、何か黒いような物体が見えてしまうのでやはり気になります。

気になって眼科で検査をしてみると、薬を処方されたりすることもなく「あまり気になさらないでください」と先生に言われて終了。大きな病気でなくて良かったとその時は安心はするものの、一体これは何なのか考えてしまいますよね。

これは「飛蚊症」と呼ばれ、字のとおり蚊が飛んで見えるような症状がでます。前述のようなケースはその中でも「生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)」と呼ばれます。何故、このように虫が飛んでるように見えるかというと、目の中にある硝子体は年齢とともに線維の一部が濁ってきます。これは老化現象のひとつで、濁った部分が網膜に影を落とすことがあります。この影が虫の正体です。影の形は様々で、糸くずのようだったり、点のようだったり、ゴミみたいに見えたりする方もいます。

60歳になると、約3割くらいの人に起こる症状と言われています。これは、なってしまったら放置する(うまく付き合う)しかありません。老化現象が起因となりますため、よく栄養を補給し血行をよくしておくなど、若々しくいられるよう努力することが予防対策になるのではないでしょうか。

ただし、黒い物の数が増えたり、急な視力低下を感じた時は網膜剥離(もうまくはくり)や、眼底出血など他の病気が原因で同じような症状がです場合もあります。変化があるようなら、すぐに眼科を受診するようにしてください。