視力0.1の表すら見えない!!

目が悪い(視力が悪い)と思っていらっしゃる方は
ご自身の近視などがどこまで進むか非常に気になるところだと思います。

視力検査をすると
「空いている穴の方向はどちらですか?」と
検査の時に聞かれると思います。

一般の方が目が悪い!!という基準はたいてい視力0.1のようで、それ以下になると
『きゃーーーっ、大変!!』と思われるようです。
しかし、視力0.1は底ではありません。

これより下の視力もあり、0.08とか0.06・・・・と下がっていき
0.01まで表されます。

そして残念ながら、これより小さい視力0.001といったようには表せません。

0.01の視力を下回ると今度は、
先生から「これは何本ですか?指の数を数えてください」と
どこまで遠く離れたところまで、指の本数が見えるか
検査されます。

さらに、これも分からないと
目の前で手を動かされ、上下左右に動いているのが見えるか
検査されます。

さらに、さらに手の動きも見えないと
暗室内で光が見えるか検査されます。そうです、これが最後の砦です。

この光が見えなければ、ついに視力0(ゼロ)となります・・・

 

こうならないように日々、目は大切にしてあげてください。