定期検査が必要なのは、カラコンだけではありません。

角膜浸潤【眼科・目の病気】この画像の目の傷ですが、痛そうです。。。

いつの時代もいわれていますが、カラーコンタクトをインターネットや雑貨屋などで購入し、 そのまま目に入れて使用している方をお見受けします。

 

 

先日も、商品によってはカラーの着色が黒目に色落ちしたりする危険があるとニュース等で再度報じられ、定期検査の重要性が広く知れわったってきているとは思うのですが、まだまだ100%には遠いようです。

おおかたのユーザーには使用いただけるようなデザインで、各社販売をされているようですが、中には合わない方もいらっしゃるわけです。

気軽に購入して、まさか自分の目に合っていないなんて思わないのでしょう。

ちょっとゴロゴロするけど、かわいいからこのまま使用しちゃおう!と、安易な考えのようです。

カラーレンズはすべてソフトコンタクトレンズに分類されますが、ソフトレンズの怖さって、重大な目の障害が起きていても自覚症状が初期の時点では「無い」!ということなのです。

ついに、目の異常を感じて眼科を受診にいらしたときには、深い傷になってしまっているというケースが少なくありません。

これは、カラコンに限ったものではありません。カラコンでないものでも、コンタクトレンズを使用する際は、眼科で医師の診察を受け、きちんと目に合ったものを使うように心がけましょう!