目の紫外線対策:サングラスよりメガネの方が有効?

日に日に日差しが強くなり、暑いだけでなく紫外線が気になってきますね。

紫外線はシミやシワの原因となるので、皆さん対策をされている事と思います。女性の方は当然ながら、今の時代は男性でもUV対策されるようで、男性用のUV商品が売られるようになりましたね。

服や手袋、日傘、UVクリーム・・・。さまざまな方法でお肌の紫外線対策はばっちりされているかと思いますが、目の対策はどうですか?白内障、翼状片、瞼裂斑などの目の病気の原因でもありますし、実は目に紫外線が入ることによっても日焼けしてしまうのです。

サングラスをかけている方もよく見かけますが、そのサングラスはどれ位の効果があるのでしょうか?

メガネ屋だけでなく、雑貨屋さんなどのお店でも手頃な価格でサングラスは買えます。ちゃんとUVカットとの表記もあります。しかし、実際どれだけの量をカットするかは書かれていないことが多いです。そこに落とし穴があるかもしれません。ほんの数%カットするだけでもUVカットと表記はできるのです。その程度のサングラスですと、逆に裸眼よりよくなかったりします。

しっかりした対策の為にかけるのであれば、UVカット率何%(数値は高い方が良い)、紫外線透過率何%(数値は低い方が良い)、UV400(一番波長が強いのがUV-Aの400なのでそれ以下のUV-BやUV-Cも含めてカットする)などの表記があるもので選びましょう。

また、サングラスの色は濃いほど紫外線をカットしそうな気がするものですが、色味は全く関係ありません。色が濃い程視界は暗くなるので、光をたくさん集めようと瞳孔が開きます。目とサングラスの隙間からも紫外線は入ってくるものなので、開いた瞳孔により多く入ってきてしまって逆効果です。

つまり、色は付いていない方が良いという事になります。であれば、紫外線対策にはサングラスでなく、しっかりとしたUVカット付きの透明なメガネが良いということになるわけです。

ただし、眩しさを軽減したい場合は色付きでないとダメです。コンタクトの処方の時に眩しいのでUVカット付きにしたいと言われることがよくありますが、UVカット=眩しくない、ではありません。どちらの対策も必要だという方は、なるべく薄めの色にして、心配ならUVカット付きのコンタクトも合わせて使用するのが良いかもしれません。