白目のたるみが気になっている方へ。

眼球の白目の部分は結膜といわれていますが、これも実は年とともにたるんでブヨブヨになっていきます。白目のところにブヨブヨとした膜があって、

(1)涙が流れる

(2)ゴロゴロ異物感がある、充血しやすい

(3)目の表面が乾く

といった症状がある方は要注意です。

このような症状は起こる原因として結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)という病気が潜んでいる可能性があり、目にさまざまな異常をもたらします。たるんだ白い結膜(ブヨブヨ)が涙の出口を塞ぐため、涙が流れるという症状が起こります。ブヨブヨはまばたきするごとにまぶたとぶつかって摩擦が起こり、異物感や充血につながります。さらには目の表面全体を涙で潤すことを阻害するという悪循環です。

結膜弛緩症と診断されたら、まずは自覚症状として現れている症状を改善するため点眼治療となります。それでも症状が改善しないのであれば、手術で白目のたるみを切除することになります。

あまりにも前述のような症状がひどい場合は、市販薬などでしのぐより眼科を受診するほうが賢明です。