ドライアイチェック

dry_eye
11月に入り、いよいよ一年の中で最も湿度の低い季節がやってきました。
お肌の乾燥には気を使っている方も多いと思いますが、私たちの大切な「目」も空気が乾燥している時期は特に乾きやすくなります。
外よりも暖房のきいた室内はもっと乾燥しています。その中でパソコン画面やスマートフォンなどの画面を見続けているとまばたきの回数が少なくなり、ドライアイになってしまうことがあります。

ドライアイの症状をチェックしてみてください。
*目が痛い
*ゴロゴロする
*充血する
*目やにが出る
*かゆみがある
*目が疲れる
*重たい感じがする
*光がまぶしく感じる
*かすんで見えにくい
*乾いているようにかんじる
*目に不快感がある

この中で当てはまるものが多いほど、ドライアイの可能性が高くなります。
ドライアイはなんとなく目が乾く、少し目が痛い、など軽い症状のうちは放置してしまいがちです。しかし症状が進むと目の表面にキズがついてしまったり、角膜が剥がれてしまったり、さらに視力の低下まで引き起こされてしまいます。
そうなってしまう前に、上記のいくつかの症状が当てはまった方は一度、眼科でご相談ください。