近視の進行は何歳まで?

メガネ「近視が進行するのは子どものときで、大人になったら近視は進まないのか?!」と質問を受けることがあります。回答から申し上げると、大人になったから近視の進行が絶対に止まるという保障はありません。

確かに子どもの時には成長とともに眼球が大きくなりますので、眼軸がその際に長くなりすぎて近視が進むことは多いのですが、それが大人(一定の年齢)になったらピタッと止まる!というような区切りはありません。20歳を超えてから近視になるという方もいらっしゃいます。近視の原因はいまだ完全解明はされていませんが、「遺伝的要素」「成長過程」「環境」が大きく関係してきているのは確かなようです。

では、近視にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか?!近視の進行に関わる要素を逆に捉えてみると足がかりになりそうです。

近視になりにくい要素として考えると、「遺伝的要素」についてはご両親や家族が近視でなければなりにくいと考えられますが、これはどうにもなりません・・。

「成長過程」においてはその時期に近くを見続けることを極力避けることで、近視になりにくくなると言えそうです。水晶体と眼軸のバランスを崩さなければ、少し回避できそうな気がします。
また、「環境」においては、都市よりも田舎、家の中より太陽の下で活動をすると近視になりにくいということも判明してきています。