紫外線アレルギー

近年増加していると言われている紫外線アレルギー。紫外線アレルギーは日光アレルギーや日光過敏症などとも呼ばれています。紫外線によって引き起こされるアレルギー反応のことをいいます。
紫外線アレルギーはある日急に発症してしまう可能性があります。
一年の中で紫外線量が一番多い5月〜7月、まさに今の時期、紫外線を浴びすぎてしまわないように注意しましょう。
紫外線アレルギーの主な症状には肌の湿疹、腫れや水ぶくれ、炎症などがありますが、肌のトラブルだけでなく、目にも症状が出ることもあります。目に出る症状には、充血、かゆみ、太陽の下で目がしみて開けていられなくなる、涙が出る、ゴロゴロするなどの異物感がある、などがあります。
一日中外にいて日光を浴びていた日にこのような症状が出た場合、紫外線アレルギーの可能性があります。
このような症状が出る前に、アレルギー反応を起こしてしまう前に、できる限りの紫外線対策が必要です。
目に効果のある紫外線対策はもちろん、UVカット効果のあるサングラスをかけることです。コンタクトレンズにもUVカット効果のあるものがあります。しかしコンタクトレンズだけでは紫外線対策は完璧とは言えないため、サングラスと併用して使用することで高い紫外線カット効果が期待できます。
つばの広い帽子や日傘など通常の紫外線対策アイテムも合わせて使用して、できるだけ日光を浴びないように気をつけましょう。