パソコン・スマホのやりすぎは、将来の視力に影響大!

スマホ現代ではパソコンやスマートフォンが日常生活には欠かせない存在になりました。これらを使用したからといって、明日とか数ヶ月後にどうにかなってしまうというわけではありません。しかし、長い年月で考えたときに目に大きな異常をきたす原因となります。

 

■将来の心配・・・加齢黄斑変性になりやすい。
パソコンやスマホから発せられるブルーライトと呼ばれるの強い光は、散乱しやすい性質を持っています。そのため見ている物がボヤけやすいのです。ボヤけている物を見るという事は非常に疲れることで、いわば目のピント調節機能をフル回転させながら、ボヤけてい見える物体が何なのか、脳の情報処理機能を働かせなければならないのです。

「加齢」と病名に入っているので「老化現象」のように思えますが、近年はこのブルーライトの影響で、若くしてこの病気を患ってしまうとう危険があると言われています。

パソコンやスマホの使用をゼロにすることは出来ませんが、使用時間を短くしたり、ブルーライトカットのメガネやフィルターを使用してみるとか、できるところからやってみることは必要と考えられます。