リボスチン点眼液が復活☆

先日11月25日から、参天製薬さんのリボスチン点眼液0.025%の出荷が再開しました。これからは安定して薬剤が供給されると良いです。

リボスチン点眼液0.025%ところで、リボスチン点眼液0.025%には沢山の後発品があります。先発品のリボスチンがたとえ出荷停止であろうとも、後発品(ジェネリック薬品)があるから問題なさそうに思えます。

しかし、ここで少し理解しておきたい点があります。先発品と後発品の微妙な違いについてです。

後発品は先発品と有効成分が同じなので、炎症などを抑える薬剤の「効果」は同じです。では異なる部分はというと添加物にあります。添加物が違うと、製品の使用感やアレルギー反応などに変化がみられます。具体的にいえば、目薬だと沁みるような刺激を感じたり、液体の感じかサラッとしたものとトロミがあるものになったり等です。また、容器も変わるので薬剤の点眼しやすさがという点もあると思います。

実際にリボスチン点眼液0.025%には、添加物として「エデト酸ナトリウム水和物」「リン酸二水素ナトリ ウム」「pH調節剤」「ベンザルコニウム塩化物液」「塩化ナト リウム」「ヒプロメロース」「ポリソルベート80」が含まれています。t

添加物にも注目し、同じような組み合わせのものを選ばれるほうがより目に快適に使用できると考えられます。処方を受ける際、薬剤師さんにご相談いただくことをお勧め致します。