乱視の矯正と老眼。

メガネ若いときから乱視矯正用のソフトコンタクトレンズを使用している患者さん。現在は2週間の定期交換レンズを使用しているが、最近は老眼が始まったようで手元が見辛くなったという状態です。

雑誌など広告で見て、遠近両用を試したい!ということで来院されたのですが、残念ながら現状ではソフトレンズの乱視用で、尚且つ老眼も矯正できる製品は「無い」のです・・。各レンズメーカーともに製造されていません。メガネでの矯正がまずは無難な第一選択となります。

しかし、どうしてもコンタクトレンズが必要なんです!という場合。乱視の種類にもよりますが、遠近両用ハードコンタクトであれば乱視と老眼を矯正することが可能です。

ですが、今までソフトレンズで今更ハードレンズに転向なんてとても痛くてつけていられない・・という方は、矯正をしているソフトレンズの上から老眼鏡を掛ける→遠くを見るときは老眼鏡を外す。これも方法のひとつとしてお考えください。

また、乱視の度合いが比較的軽度ものであれば、ソフトレンズの場合でも乱視矯正に重点をおくより老眼矯正の遠近両用タイプを使う方が疲れにくい、使用していて見え方が楽になるというケースもあります。この場合、乱視のブレた見え方は矯正されずに残りますが、老眼がそれ以上に辛い症状であったときに成功する事例です。

すべてを矯正できることがベストなのですが、乱視で老眼の状態をソフトレンズで補おうとすると、どれかを捨てる選択をしなくてはならないというのが非常に難しい現状です。