高眼圧症

眼科医眼圧が高いと緑内障が疑われますが、眼圧が高くても緑内障と診断されないこともあります。

緑内障と診断される際、「眼圧」「視野の欠損」「視神経乳頭の異常」が判断基準に挙げられています。眼圧の値は正常範囲は10から20mmHgといわれていますが、この数値を超えていても、視野に欠けたところもなく視神経乳頭に異常もなければ緑内障ではないと判断されます。

この眼圧だけが高い場合は「高眼圧症」とよばれます。

高眼圧症と診断になっても、今後緑内障になっていないかは定期的に検査を受けて確認をしていく必要があります。

高眼圧症と診断後、真の緑内障になる方は10%超といわれています。視野が欠けたとこに気がついたときには、緑内障はかなり進行した状態になっているので、安易に眼科受診をやめてしまうのは危険です。先生の受診指示を守るよう心掛けてくださいね!

クリアケアにそのまま使えたユニザイム。

A子友人より、「ユニザイムがなーーーいっ!どこの店にもなーい!」と先日言われました。
ユニザイム
そもそもユニザイムとは、アルコン社(旧チバビジョン社)から発売されていたソフトコンタクトレンズ用のタンパク除去剤です。これがついに製造販売中止となり、店舗の在庫も売り切れてしまった頃・・というところでしょうか。

AOセプトクリアケアかつては同社からトリソフトやデュラカラーなど、さまざまなソフトコンタクトレンズが製造されていましたが、今や使い捨てコンタクトの時代となり、現在はエアオプティクスシリーズで定期交換タイプ、デイリーズシリーズでディスポーザブルタイプの製造となっています。

ディスポーザブルタイプはケア不要。そして定期交換タイプは、汚れが溜まってくる2週間とか1ヶ月でレンズを捨てて真新しいレンズにして使用していきます。タンパク除去の必要性も「絶対」から、「必要に応じて」とされるようになりました。さらにエアオプティクスシリーズに至っては、独自のプラズマコーティングにより「たんぱく質」の付着量が極めて少ないというものです。

そうすると、ケア用品というのは自社のレンズを元に製造される傾向があるので、タンパク除去剤は同社製品を使用するのであれば【不要】という判断になったのでしょう・・。

しかし、ユーザー側にとってはクリアケアに直接入れてタンパク除去ができるのは「ユニザイム」のみ。レンズそのものは、寿命がくるまで使えるようなタイプを使用している!というケースが多いのですね。

そうするとタンパク除去だけは別で用意する必要が出てきてとても不便な感じです。同社からはオプティフリーが販売されているので、「こすり洗い」ができるようであれば、たんぱく除去剤はデイリークリーナとの併用を案内しているようです。(ちなみにオプティフリーとクリアケアは併用できません。)

こすり洗いが苦手なのでクリアケアにしていた!ということであれば、コンセプトワンステップやファーストケアEXなどにシフトしていく他なさそうです。もしくは、これを機に使い捨てタイプなどに乗り換えるほうが、眼病を未然に防ぐ上では良いかもしれません。

ストレスを溜めすぎると、視界がゆがむ?!

今回は表題のとおり、過度のストレスが眼病を発症させるという点についてお話いたします。

特にこの病気が起こりやすりのは、男性の30代~40代くらいの方といわれています。この年代だと毎日の仕事や家庭の事など様々なストレスを日々抱えているかと思いますが、これを溜め込みすぎると中心性網膜炎、正式には中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)という病気にかかることがあります。

どんな病気かというと、物を見るために重要な網膜の下に水が溜まって物が歪んで見えたり暗く見えたりと生活上に大きな支障をもたらします。眼底検査をすることによってすぐに診断されますので、こういった症状がある場合はすぐに眼科を受診してください。

実際に眼底の断面を撮影してみると、明らかな違いがわかります。
正常な眼底中心性網膜炎
左側は正常な眼底の断面図です。右側は中心性網膜炎を起こしている断面図です。

右側の写真の赤い丸枠に囲まれた部分に、三角の突起が見えます。網膜の下に水が溜まって中心部分が盛り上がってしまっているのがよくわかります。水が溜まった位置によって、視力低下や歪み、色覚異常、暗く見えるなど症状が異なります。

もし、中心性網膜炎と診断されてしまったら、何よりもリラックスして休息をとることが大切です。これが第一段階の治療と言われています。症状によっては薬やレーザー治療になるケースもありますがともかく休息することが大切です。また、失明に至るまでの事はほぼありませんが再発しやすい病気です。再発を繰り返していると視界のゆがみが残ることがあります。

近視の進行は何歳まで?

メガネ「近視が進行するのは子どものときで、大人になったら近視は進まないのか?!」と質問を受けることがあります。回答から申し上げると、大人になったから近視の進行が絶対に止まるという保障はありません。

確かに子どもの時には成長とともに眼球が大きくなりますので、眼軸がその際に長くなりすぎて近視が進むことは多いのですが、それが大人(一定の年齢)になったらピタッと止まる!というような区切りはありません。20歳を超えてから近視になるという方もいらっしゃいます。近視の原因はいまだ完全解明はされていませんが、「遺伝的要素」「成長過程」「環境」が大きく関係してきているのは確かなようです。

では、近視にならないようにするにはどうすればよいのでしょうか?!近視の進行に関わる要素を逆に捉えてみると足がかりになりそうです。

近視になりにくい要素として考えると、「遺伝的要素」についてはご両親や家族が近視でなければなりにくいと考えられますが、これはどうにもなりません・・。

「成長過程」においてはその時期に近くを見続けることを極力避けることで、近視になりにくくなると言えそうです。水晶体と眼軸のバランスを崩さなければ、少し回避できそうな気がします。
また、「環境」においては、都市よりも田舎、家の中より太陽の下で活動をすると近視になりにくいということも判明してきています。

シリコーンハイドロゲルレンズの汚れにも、ジェルクリンW!

乾燥しやすい季節になりました。

特にコンタクトレンズを使用される方は、目が乾くという症状のほかにレンズが汚れる・曇るという症状もプラスされているのではないでしょうか。

ジェルクリンWコンタクトレンズの汚れを落とす製品というのは数多く販売されていますが、中でもおススメは
シード社の「ジェルクリンW」です。

数多くの商品があるということは、このクリーナーが現状のレンズに使用できるかどうかも含めて見極めがまず必要になります。Aレンズは使用可だけど、Bレンズは使用対象外ということもあるのです。

ですが、ジェルクリンWはソフトレンズ・ハードレンズを問わず、またシードS-1のような特殊コーティングはもちろん、表面処理加工されたレンズでもすべてのコンタクトレンズに使用できます。

中でも油汚れに弱い「シリコーンハイドロゲル」素材の2週間レンズにはとても相性がよく、ジェルクリンWをつけてこすり洗いすることによって、レンズのコンディションが回復します。
ジェルクリンW洗浄

2週間や1ヶ月タイプの定期交換レンズなのに、その期限までレンズが持たないっ!という方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

ドライアイチェック

dry_eye
11月に入り、いよいよ一年の中で最も湿度の低い季節がやってきました。
お肌の乾燥には気を使っている方も多いと思いますが、私たちの大切な「目」も空気が乾燥している時期は特に乾きやすくなります。
外よりも暖房のきいた室内はもっと乾燥しています。その中でパソコン画面やスマートフォンなどの画面を見続けているとまばたきの回数が少なくなり、ドライアイになってしまうことがあります。

ドライアイの症状をチェックしてみてください。
*目が痛い
*ゴロゴロする
*充血する
*目やにが出る
*かゆみがある
*目が疲れる
*重たい感じがする
*光がまぶしく感じる
*かすんで見えにくい
*乾いているようにかんじる
*目に不快感がある

この中で当てはまるものが多いほど、ドライアイの可能性が高くなります。
ドライアイはなんとなく目が乾く、少し目が痛い、など軽い症状のうちは放置してしまいがちです。しかし症状が進むと目の表面にキズがついてしまったり、角膜が剥がれてしまったり、さらに視力の低下まで引き起こされてしまいます。
そうなってしまう前に、上記のいくつかの症状が当てはまった方は一度、眼科でご相談ください。

痛くない?!魔法の注射針☆

目元にヒアルロン酸を入れるときに、「マジックニードル」という注射針を当院では使用しています。どんなところが魔法なのかというと、内出血や痛みがとても軽減されるという針なのです。

通常の注射針は先端が尖っていて、その先端部分から薬液が注入されます。そうすると、血管や神経に針が当たり「内出血」や「痛み」につながります。

対してマジックニードルは、針の先端部分が丸みを帯びていてさらに細く長~い針になっています。先端部分が尖らずに丸くなっているので、血管などの組織を傷つけにくくなります。また、細くて長い針なので一度針を挿入したところから広い範囲にヒアルロン酸を注入できます。針を刺す回数を自然と減らすことができます。

内出血がひどくて、目元のヒアルロン酸注入を断念した・・。という方は、マジックニードルでの注入を試してみるとよいかもしれません。ただし、ヒアルロン酸を入れる箇所や仕上がり具合のご希望によってはマジックニードルが不向きな場合もありますので院長の無料カウンセリングでご相談ください。

風邪と結膜炎

mask_man

11月に入りだんだんと寒くなってきました。昼と夜の温度差がある季節は服装にも困りますが、風邪などひいていませんか?
風邪をひいたときに目の調子も悪くなったと感じたことがある人も多いのではないでしょうか?
風邪の合併症として、結膜炎になる場合が多くあります。風邪ウイルスは結膜炎ウイルスと似た性質を持っていて、風邪ウイルスが目にまわると結膜炎を引き起こしてしまいます。
この結膜炎は一般的に症状は強くはありません。充血したり、いつもより多く目やにが出たり、目が疲れやすくなったりといった症状が出ます。
通常、風邪ウイルスによる結膜炎は風邪が治るとともによくなる場合がほとんどのため自然治癒を待つことが多いですが、炎症がひどい場合は炎症を抑える点眼薬を処方される場合もあります。

風邪ウイルスの結膜炎予防については、風邪の予防法と同じです。うがい手洗いをしっかり行う、マスクを着用するなどです。
普段から栄養バランスのとれた食事を摂り、規則正しい生活をして免疫力を高めておくことが大切です。

これからどんどん寒くなる季節ですが、体調管理をしっかりして冬を元気に過ごせるようにしましょう。

ウサギさんの目はどこかな?

森実式カード右の写真はウサギさんのカードですが、これは何に使用するものだと思いますか?

どの眼科でも、こんなトランプみたいなカードが実はあったりします。カードにはウサギの絵が描いてあり、大きい目や小さい目の様々なウサギです。また、目が描いてない絵もあります。

これは小児用の視力を測る道具なのです。主にまだランドルト環の輪の切れ目を判別したりするのが難しい場合などに使用します。2歳くらいから測ることができます。

カードにはウサギさんの目の大きさごとに視力値が書いてあります。どのくらい小さなウサギさんの目まで認識ができるかで視力がどの程度あるのかがわかるのです。
ただし、この方法で測定した結果は視力といっても参考値になる程度とお考えくださいね!

視力検査、0.1以下はどうなるの?!

ランドルト環親御さんが視力が良い場合、お子さんの視力が例えば0.1になっていたことを聞くとやはり驚かれます。通常は1.0あれば視力は良いという一般的な学校視力をご存知であるからだと思います。また、「この下の視力はあるんですか?」という質問を受けることがよくあります。

無論、0.1以下の視力も存在します。ただし、数値で表せるのは0.01までとなります。

視力0.1→0.08→0.05→・・・・・・・→0.01といった具合で、どんどん数値が小さくなりますが0.01の下は0.009と小数点第3位で表すことはありません。

しかし、0.01より下がったからといって、目が見えなくなるわけではありません。50cmの距離でも0.1の指標が見えなくなったとき、すなわち0.01の視力がないとされた時は、他者の指が何本見えるか、眼前何cmの距離のところまでなら判別できるかということを調べます。指数弁という視力評価になります。

これもダメ・・・。となると眼前何cmのところで他者の手が動いているのが判別できるかを調べます。これは手動弁という視力評価になります。

そして、これもダメ・・・。となると、暗室で光が確認できるかを調べます。これが最後の検査です。光が見えれば、光覚弁という視力評価になります。最後になりますが、光も見ることができない=全盲(視力0)ということになるのです。