メルスプラン専用ハードコンタクト「ティニュー」

メニコンのハードコンタクトはレンズは、発売当初からその性能の高さに定評があります。市販されているのは「メニコンZ」「メニコンセレスト」「メニコンEX」
といった商品ですが、メルスプランという定額制会員になるとメニコンZのさらにワンランク上の商品「メニコンティニュー」が使用可能になります。

メニコンティニューはレンズの酸素透過性や安定性はもちろんのこと、さらに着け心地の良さをだすためにレンズの周辺部分をものすごく薄くしています。ハードコンタクトレンズは、瞬きをする度にまぶたの間にレンズが入りこみます。この時にレンズの周辺部とまぶたが瞬きの回数分だけ接触するのです。これがハードレンズ特有の異物感です。この症状を軽減させるために作られたのがティニューです。初めてコンタクトレンズをするという方でも他のハードレンズと比べれば、異物感が極めて少ないレンズのひとつでしょう。

今までハードコンタクトレンズを使用されていた方に試しに着けていただくと、「何も目に着けていないみたい」「軽い感じかします」という感想をいただきます。私A子自身はソフトコンタクト使用者ですが、東レのブレスオーハードの並んで違和感のないハードコンタクトのひとつです。

ティニューは定額制メルスプランに入っている方だけが使用できるコンタクトレンズですが、興味を持たれた方は1ヵ月間無料体験ができるというサービスがあります。さすがメニコン社ですね。実際にレンズを持ち帰って、1ヵ月間は無料で貸し出ししてくれるというものです。生活上で使ってみて、もし合わないということであれば返却すればよいだけなので気軽に試せますよね。

洗眼用品って良いですか?

こういう仕事をしていると、各種某メーカーの洗眼剤(アイ○ンなど)についてよく質問を受けます。「洗眼用品って良いですか?」という漠然とした質問です。興味はあるけど、どうなんだろうという気持ちで尋ねられていると思います。とくにコンタクトレンズを使用している方は目がゴロゴロしたりくもったりすることが多いため、目を洗いたいって思いますよね。専用のキャップに液を入れて、液の中で目をパチパチとさせて汚れを落とす。終わった後は、さぞスッキリすることでしょう。

洗眼商品そのものについては、否定はしません。用法を守って使用していただければ、目を清潔に保つためにもよいのではないでしょうか。

しかし、少し気をつけていただきたい点もあります。眼科の先生によっては様々な見解があるようで、推奨される先生もいらっしゃれば懸念を示す先生もいらっしゃいます。具体的には、次のようなことが考えられます。

◆キャップの中に溜めた液に何回も目をパチパチするのは、衛生上良くない。本来であれば洗眼は流水を使用するべきだ。

◆頻繁に洗眼することによって、汚れだけではなく脂質成分をはじめ目を保護する成分まで剥がれてしまう。結果的にドライアイ症状を悪化させる恐れがある。

といったものです。確かに、これも一理あります。特にドライアイの方は、洗眼後すぐはスッキリした状態になりますが、その後がちょっと考えさせられます。メリット、デメリットについてよく考え使用することが大切ですね。

防腐剤の入っていない点眼液。

乾燥が気になる季節、追い討ちをかけるようにエアコンをつけパソコンの画面とにらめっこ!なんて日常を送っていませんか?とくに、コンタクトレンズ使用者にとっては厳しい環境が整えられています。

ところで、ドライアイ用の点眼液といっても多々あります。通常、気軽に薬局でお求めいただくような目薬には防腐剤が入っています。そのため使用回数の制限が指定されています。しかし1日4回までしか点眼できない目薬では足りない!乾いて仕方ない!という方も多いのではないでしょうか?

そういった方は、防腐剤を含まない点眼液の併用をおすすめします。これなら乾燥したときに何度でも点眼ができます。ただし、防腐剤が入っていないタイプは日持ちしませんので、開封したら最長でも10日を目安に使い切るようにします。

種類はいくつかありますが、比較的安価なもので「ソフトサンティア」という目薬があります。
ソフトサンティア(参天製薬)

さくら眼科近隣の薬局さんで、多数取り扱いがありますので船橋近辺では 手に入りやすい目薬です。1本150円~200円くらいが相場のようです。

他にも船橋周辺で見かけるものでは、ロート製薬のCキューブモイスチャージも防腐剤の入っていない目薬です。
ロートモイスチャージ(ロート製薬)

涙は目を守ることのできる大事な防護服の役割を果たしています。潤った状態を保てるよう、ご自身でもできる限りのことはしてみるようにしましょう。

アスタキサンチンで目にも肌にも健康を。

目にとって良い成分って何ですか?と聞かれたときに、ほとんどの方がブルーベリーが頭に浮かぶのではないでしょうか。ブルーベリーに多く含まれるアントシアニンの活躍には目を見張るものがあります。では、ブルーベリー以外に何か思いあたりますか?

ここでひとつおススメしたいのが「アスタキサンチン」という成分を含む食品です。

アスタキサンチンは「赤い魚介類」に多く含まれます。代表的なものでいえば紅鮭、かに、えび、いくら、鯛などがあげられます。アスタキサンチンは、抗酸化作用に優れ毎日気づかないうちに浴びている紫外線から目を守る働きがあります。紫外線による目の老化を緩和し、若々しい目を保つ手助けをします。また、紫外線だけではありません。パソコンや日常生活におけるストレスからでる活性酸素から目を防御します。(活性酸素は体に様々な害をもたらします。特にタバコや飲酒をされる方は注意です)

そして、アスタキサンチンはアレルギー症状の緩和効果も近年認められています。
「アレルギー症状を抑える=抗ヒスタミン剤」という概念がありましたが、薬には必ず副作用がつきものです。アレルギー症状は抑えられるけど、副作用に悩むというのも考えものです。薬ではなく日常の食生活でアスタキサンチンを適量摂取しておけばアレルギー体質の改善にもつながってくると考えられます。

アスタキサンチンの1日の摂取目安量は6mgとされますが、毎日の食生活から摂取しきれないのであればサプリメントなどの力を借りてみるのも一つの方法です。

一番見たいところが見えない!黄斑変性のつらさ。

目の老化現象というと水晶体が白く濁る白内障という病気が有名ですが、視界の中心部、一番見たいところが見えないという症状をきたす加齢黄斑変性というのも老化現象で起こる目の病気です。

年齢を重ねると網膜の黄斑という部分に異常がおきます。とくに黄斑の中央部分にある「中心窩(ちゅうしんか)」は視力に一番敏感な部分です。この中心窩をどれだけ正常に保てるかが視力維持の鍵となります。

老化とともに異常をきたすと「視野の真ん中が見えない」「物がゆがんで見える」「全体的に暗く感じる」という症状がおこります。

年のせいにして放置しておくと、場合によっては周辺部の視野だけ正常で中心部分が見えないという驚くような見え方になってしまうこともあります。ともかく、早期発見が視力を保つために必要になります。

定期的な検査受けていても、進行が早いタイプもありますので、自宅でも毎日できる簡単なテストがあります。下の写真は、アムスラーチャートとよばれるものです。(画像クリックで拡大できます。手元がちゃんと見えるように、老眼鏡を使用するようにしてください。)

アムスラーチャート

 

 

 

 

測定方法はカンタン!

①目から33センチの距離に置き、真ん中の白い点を見ます。

②片方の目をつぶって、縦や横の線がゆがんでいたり
マス目が欠けているところはないかチェックします。

いかがでしょうか?もし、異常があればどの部分が歪んでいたり、網目が見えないかを記録してすぐに眼科を受診しましょう。ともかく早期発見が重要です。

 

こんなに柔らかいハードコンタクトがあります。

ハードコンタクトレンズって、硬くてゴロゴロするというのが一般論です。しかし、下の写真を見て下さい!こんなに曲がってしまうハードコンタクトがあるのです。

東レブレスオーハード

このハードコンタクトは東レから発売されている
「ブレスオーハード」という商品です。別名、やわらかハードとも言われています。

★異物感に耐えられず、ハードレンズの使用を断念された方。
★ソフトレンズからハードレンズに転向を考えている方。
★初めのコンタクトをハードコンタクトでトライしてみようと考えている方。

試してみる価値は大いにあると思われます。素材の柔らかさも特長のひとつですが、レンズの直径も大きくできているのでハードレンズ特有の異物感を軽減しています。

ただし、レンズが大きく酸素も良く通すという商品は、そうでないレンズと比べると汚れの付着率がどうしても高くなってしまいます。その分、毎日の洗浄をしっかり行う必要がありますから、とくに注意します。

また、この製品の中心部分を更に薄く削って酸素を通す力をUPさせた「ブレスオーハード2 Fit(フィット)」という商品も発売されています。類似品として、ブレスオーハードの周辺部を、グッと薄くしてコンタクトレンズを付けている時の乾燥感を軽減させられる商品「ブレスオースーパーハード」も市販されています。ご存じなかったようでしたら、テスト装着をすることもできますので、気になる方は診察時に院長やスタッフにお申し出ください。

冬の紫外線対策

だいぶ寒くなってきましたね

冬は紫外線の少なくなる季節です。

しかし、紫外線がなくなったわけではありません!!!

紫外線対策、油断してませんか???

しみ、そばかすを作りたくないなら冬でも紫外線対策は必須です!!!

 

特に、スキーやスノーボードなど冬のスポーツを楽しまれる方は、

いつもよりしっかり紫外線対策が必要です!

スキーをする場所は、標高の高い山が多いですよね。

山を1000メートルのぼるたびに、紫外線は10%増えると言われています。

また、新雪は紫外線を80%も反射してしまうそうです><

冬のスキー場は、上からも下からも紫外線がくるので、いつもの2倍日焼けしてしまいます。

肌だけではありません、スキー場の紫外線は目にも大ダメージです。

『雪目』という言葉を聞いたことがありますか?

スキー場などで、ゴーグルやサングラスをかけずにいると、

日中はなんでもなかったのに、夜になって目が痛みや充血、まぶしいなどで急にあかなくなることがあります。

これは、日中の紫外線の反射で、角膜(黒目)に炎症が起きてしまうからです。

角膜は神経が豊富で、痛みが強くでます。

電気溶接作業などをした後にもおこる症状です。

夜のスキー場には、病院が遠いところが多いです。

紫外線対策のためにかならず、サングラスやゴーグルをつけるようにしましょう。

また、ゴーグル焼けにも気をつけて、日焼け止めもしっかりにりましょう。

 

ハードコンタクトレンズをこすり洗いするとき。

ハードコンタクトレンズが汚れたとき、通常は日常使用している洗浄保存液でこすり洗いをすると思います。しかし、この液でこすり洗いしても脂質汚れなど落としきれないものもあるでしょう。そんなときは、どうしたら良いでしょうか?

ハードコンタクトレンズの汚れが気になったら、クリーナーを使ってみることをおすすめします。付着して間もないたんぱく質などの汚れを始め、脂質などを物理的に落としていくことができます。こすり洗いもしやすいように作られているので、非常に院内でも使う頻度は高いのですが、ここでひとつ気をつけなくてはいけない事があります。

クリーナーといっても、様々なメーカーから多種製造・販売されていますので、自分の使っているコンタクトレンズに使用できるかどうかを確認する必要があります。

大きく分けるとクリーナーは、3タイプに分かれます。

1つ目は、汚れ落としの威力を強力にするために研磨剤のような粒子入れた製品があります。こういった製品の場合、 表面加工処理を施したり、コーティングをしてあるようなハードコンタクトレンズには使用することができません。代表的なものでは、ボシュロムのスーパークリーナーがあります。
ボシュロムスーパークリーナー

 

他にもシードの「O2クリン」。厳密には微粒子ですが、表面処理加工のハードレンズには使えないので、ご注意を。
O2クリンクリーナー

2つ目は研磨剤ほどではないですが、微粒子が入っているタイプです。製品によっては使用できないものがあります。商品によっては、表面処理加工を施した製品にも使えます。体表的なものとしては、オフテクスから販売されている「バイオクレンミクロン」などがあります。

3つ目は、すべてのハードコンタクトレンズに使用できるタイプです。特殊コーティングされたコンタクトレンズに対しても使用できるので、ご自身のコンタクトレンズの名前など、覚えていらっしゃらない方はこのタイプを選択するのが無難でしょう。

代表的なものでは、ボシュロムの「スーパークリーナーアドバンスタイプ」

シードから「ジェルクリン」などが発売されています。

ジェルクリンパッケージとチューブ

他にもたくさんの製品がありますので、こすり洗いを考えていらっしゃる方は、ご相談ください。

インフルエンザの予防接種は受けられましたか?

朝晩、ぐっと冷え込んでくるようになりました。そんな中、インフルエンザが猛威をふるう時期が徐々に近づいてきています。インフルエンザは12月から3月頃がピーク、
また予防接種の効果が出るまでには接種後、2週間が目安となります。インフルエンザにかかってから注射したのでは、すでに時遅しです。

元気な時に予防をしておかなくては意味がありません。

そうしますと、この時期に予防接種希望で来院される方がだんだんと増えていきます。そして当院では、去年までのワクチンとちょっと違います。”有機水銀を含まない安全なワクチン”を入手することができました。

有機水銀とは、通常のワクチンに含まれる「防腐剤」の役割をするものですが、人間の体には長年体内に蓄積されることで副作用・毒性が懸念されています。これに対し、有機水銀を含まないものは、アレルギー反応なども含め極めてリスクの低いワクチンになります。

数に限りがありますので、希望の方はお早目にどうぞ。

不同視(ふどうし)って知っていますか?

不同視というものがあります。簡単に言えば右は「視力1.2」、左は「視力0.1」しか見えないといったような左右の目の見え方に大きな差がある場合に呼ばれます。(厳密には左右差の数値が決められています。)

この場合、生活上両眼で見ている分には右が見えているので、物が見えないという自覚症状はありません。しかし、左右片眼ずつ見ると随分見え方が違っています。子供の場合「片眼ずつ見え方が違うよ」なんて訴えることはあまりないので、定期的な視力のチェックは重要です。視力の発達中の時にこんな状態だと、両眼で物を見ることをしなくなってしまいます。斜視や弱視になる原因になりますので、注意が必要です。また、成人の場合も頭痛や肩こり、遠近感がとりづらいなど多数の異常がでてきます。

こう言っている私自身がまさにこんな状態の眼をしています(汗;)避けたはずの障害物に肩がぶつかったり、足を引っ掛けたり階段を踏み外したり。怪我や痣が絶えずどこかにあります(不注意すぎるともいいます)では、こういった目の場合はどのように対処したらよいのでしょうか?

子供の場合なら、見えてないほうの目に物を見るという訓練をさせます。アイパッチなどをして、わざと見えている目を隠します。そうすると、使っていなかったもう片方の目を使って物を見ようとするようになります。成人であれば、手っ取り早くメガネやコンタクトレンズできちんと視力矯正をします。ただし、左右の視力差が大きいほどメガネを掛けることが大変になりますので、その場合は、コンタクトレンズで矯正するほうが良いでしょう。ちょっと立ち止まって、左右の見え方を確認してみてください。