自宅でできる美肌の秘密。

さくら眼科・美容皮膚科に通う患者様で、とても実年齢から想像もつかないような綺麗な肌をされた方がいらっしゃいます。ほんとに感心してしまいます。

ハリもあり、毛穴の開きもなし。どんな美容液を使って、どんなケアをされているのか気になってしまいます。
ちょっぴりお話を伺ってみると、なんと高価な化粧品も何も使用されていないとのこと。

ただ、毎日欠かさずにされていることが1つ。

それは【洗顔後に蒸しタオルでお顔を5分程度温め、それが終わったら氷水に浸した冷たいタオルで数分間、お顔を引きしめる!】ということだそうです。
蒸しタオル

 

 

 

 

昔は、高価な化粧品やらさまざま試したそうですが、経済的にも負担がなく、効果も出たこの方法が一番だ!という結論に至った様です。
もう始めてから何十年も続けていらっしゃるとのこと。

確かに、蒸しタオルで温めれば毛穴が開き、美容液の成分なども浸透しやすくなります。
さらにそのあとに冷水で引き締め作業をすれば、お顔の血行もよくなり
さらには毛穴も開きっぱなしになることはありません。

毎日のちょっとした一手間が、美肌に差をつける事になるのですね!

遠視+乱視の方に、新しいコンタクトレンズが出ました。

遠視でなおかつ乱視の方は、使用できるコンタクトレンズが限られていました。

そんな方に、さくら眼科でも
【シリコーンハイドロゲル素材(酸素をたくさん通し、乾燥しにくい)】のエアオプティクス乱視用(2週間交換タイプ)が処方できるようになりました。

エアオプティクス乱視用既に近視用、近視+乱視用まではこのシリーズで登場していましたが、
「遠視+乱視」は初です!

手元が見えにくいという理由に、老眼だけでなく
乱視も影響しますので、この組み合わせの見え方をされている方の苦労は測り知れません。

 

遠視は遠くも近くも見えにくく、さらに乱視で物が2重に見えるなんて、正直耐えられません・・。

ですので、どんな手段でも改善できる方法があればご紹介していきたいと思います。

遠視度数は+6.00まで加入することができますので、カバーできる範囲に入る方も多くなるのではないでしょうか。

今までの製品が「乾燥する」「充血する」「疲れやすい」などという症状が出ているようでしたら、いちど試して頂く価値があると思われます。

実際に目にのせた時のフィットの具合やらで、視力がどこまで矯正できるかは断言できませんが、現状より改善するか試してみてください。

睡眠不足はダイエットの大敵。

タイトルどおり、睡眠不足は太ります。

一瞬、夜遅くまで仕事して朝は早々に会社へ・・・
なんて生活、疲れて痩せ細ってしまうのではないかと思われがちですが、実は太ります。

睡眠不足 → 【食欲増進ホルモン】が分泌される

適度な睡眠をとる → 【食欲抑制ホルモン】が分泌される

さらに、睡眠不足の方は脂肪燃焼効果が極めて低いので
食欲があって食べるわりには、脂肪が燃焼されない!
という恐ろしい負のスパイラルに陥ることになります。

睡眠不足で太ることは、科学的にすでに立証された事実です。

では、効率的にダイエットをするためには
まずはよく睡眠をとるということです。

そうすれば、食欲抑制ホルモンが分泌され
食事でドカ食いすることもありません。
寝ているので、夜食を食べてしまうこともありません。

また、脂肪が燃焼されやすい体になり痩せやすくなります。

真夜中に起きて活動しているほうが痩せる!!と思っていた方、
是非ゆっくり6~8時間程度の睡眠をとってみましょう。

すでにダイエットの努力がなかなか実らない方は
結果が変わってくるかもしれませんよ☆

老眼の進行を遅らせるには、ガムを噛む。

年齢とともに進む老化現象。

老眼もその1つです。

ところで、「老化防止のためにどんな事をしたらよいか?」と聞かれたら、何か思い浮かぶことはありますか?

そうです、【よく噛んで食事をとる】ことです。
噛むことによって、脳に刺激が加えられます。そして血液が脳に送られ、目の周りの筋肉も動かされることで老化予防につながります。結果、老眼の進行を遅らせることになります。
細胞を活性化させる唾液も多く分泌されますので、これも老化現象を遅らせる働きがあります。

以上の理由から、結果的に老眼の進行を遅らせられると言われています。

 

よく噛んで食事をするということは、どなたでも毎日おこなっていると思いますが、近年は食事が柔らかく、噛まずに食べられるような食材も増えています。

知らず知らずのうちに、咀嚼回数が減ってしまっているのです。

老化防止にはガムを噛む

 

 

 

 

手っ取り早く「噛む」にはガムが最適でしょう。1日10分程度で十分なようです。

学校で子供がケガをしたときの治療費。

よく耳にする「労災」って呼ばれる保険があるのはご存知ですよね。

大人でも、仕事・通勤中にケガをすると、労働災害保険がおりて治療費を負担してくれますが、子供の場合はどうなると思いますか?

学校

子供の場合、学校でケガをした場合は、「独立行政法人日本スポーツ振興センター」に申請を行ないます。災害共済給付の支給対象であれば、治療に要した医療費を支払ってくれます。

 

例えば、「体育の授業中に目を打撲した!」とあれば、おそらく災害給付金がおりるでしょう。

当日の診察費は健康保険(保険証の負担)のみの扱いとなりますので、2割・3割の診察代を窓口でお支払いいただきます。

そして、この時に支払った金額が災害給付金で戻ってくる金額になります。

 

後日、学校の担当の先生の指示に従って、書類を持参いただければすぐに診察内容を記載しています。(さくら眼科では、この書類に関しては別途証明書料金などは頂いていませんのでご安心を!)

 

 

ちなみにこの場合、千葉県の「子ども医療費助成受給券」と併用することはできません。(普通は、通院1回につき船橋では300円窓口で支払うあの受給券です)しかし、例外もありますので、その都度、確認されることをおすすめします。

メガネ、お持ち帰りもお忘れなく・・。

今、使用中のメガネ。

診察・検査を受ける際には必ず持ってきてくださいね!と、
お声がけする一方、

その持ってきたメガネを忘れて帰宅しまう方が結構いらっしゃいます・・。

使用中のメガネで、どういった見え方をされているのを
検査するのはとても重要なことなので、
持参していただいてはいるのですが、

診察の時、先生が眼を見るときにメガネは外します。

視力検査のときでも、裸眼視力や矯正視力を測る時はもちろん外します。

さらに、コンタクトレンズを処方希望の場合もメガネは外します。
そしてこれが一番の高確率で外したメガネを忘れられます。
(コンタクトレンズをつけると、見える状態になってしまっているので、
ついウッカリ!!というケースですね;)

イボ・ホクロ除去治療の流れ

3月に入り、まだまだ寒い日が続いていますが、
そろそろ紫外線が強くなるシーズンがやってきます。
紫外線対策はばっちりでしょうか??

さくら眼科でおこなっている、美容皮膚科診療の
シミやイボ、ホクロは紫外線の強いシーズンの治療は不向きです。
治療をお考えの方は、ぜひ3月中にご来院ください。

今日は気になるイボ・ホクロの治療の流れについて紹介します。
さくら眼科では、メスを使わずにレーザーによって、安全に、キレイに
ホクロやイボを除去しています。

①医師とのカウンセリング
症状や皮膚の状態を診察します。

②消毒・麻酔
治療する部位を消毒し、麻酔をします。
症状によっては麻酔をしない場合もあります。
痛みに弱い方は医師にご相談ください。

③治療
レーザーを照射します。
数分で照射が終わります。

④保護
薬を塗り、専用のテープで保護します。

治療が終わった後は・・・・
治療した部位がかさぶたになります。かさぶたは、
さわったり、無理にとったりしないようにし、
紫外線にあたらないように気をつけてください。
かさぶたが取れた後は、一時的に赤みが続いたりする場合があります。
赤みは、個人差がありますが2~3ヶ月ほどで引いていきます。

プラセンタ注射、初診料はかかる?

メルスモンラエンネック

 

 
電話にて、よく問い合わせをいただきます。

「プラセンタ注射を打ちたいのですが、初診料はかかりますか?
という内容です。

まず、答えは「かかりません♪」

 

さくら眼科・美容皮膚科では、
使用している薬剤こそ保険適用の「メルスモン」「ラエンネック」ですが、
保険診療ではなく、自由診療としています。

この2種類のプラセンタ注射は、婦人科系の病院であれば
病気の治療を目的として使用されるため
保険適用になると思いますが、
当院では美容目的での効果を期待した患者様がいらっしゃるため、
全て保険の取扱いとしていません。

ですので、初診料・再診料といった医療費もいただいていませんし、
毎月1回、健康保険証の提示もありません。
(初回のみ、ご本人様確認のためにご提示をお願いする場合もあります。)

 

価格表に、プラセンタ注射1本1,680円(H26.3月現在)とあったら、
これ以外の費用はかかりません。

また、もちろん予約不要ですので、
フラッと買い物ついでにでも立ち寄っていただけるようにしています。

是非、空いた時間を活用してくださいね!

パッケージは違うけれど、同じ物?!

ロート製薬は目薬で有名ですが、実はコンタクトレンズも販売しています。
以前からある、ロートIQシリーズは視力が安定しやすく
眼科では重宝してる代物です。

このロートさんから2月の下旬に、新商品
「ロートモイストアイ」が発売となったようです。

ロートモイストアイ

 

 

 

 

酸素をよく通して乾きにくい、シリコーンハイドロゲル素材。
2週間の定期交換用です。
素材名 comfilcon A
含水率 48%
分類 グループI
レンズカラー アクアブルー
ベースカーブ 8.6mm
サイズ 14.0mm
パワー  -0.25D~-6.00D(0.25Dステップ)
-6.50D~-12.00D(0.50Dステップ)
中心厚  0.08mm(-3.00D)
酸素透過率  160(DK/L値)
承認番号 22200BZX00714A02

と、製品データをみていくと・・・

そうなのです。
承認番号を見て確信です。
実はこのレンズ。

以前よりA子がオススメしているクーパービジョン社の
「バイオフィニティ(承認番号22200BZX00714A01)」が
箱の中に入っています♪
バイオフィニティ

 

 

パッケージは違えど、箱を開けてみれば製品は一緒。

やはり良い製品は、外見が変わっても市場が広がっていくのですね!
もちろん乱視用も同時に発売されました。

コンタクトレンズが眼に負担を考えたとき、
他のソフトコンタクトレンズより改善された特長がたくさんありますので
是非、今使用中のものに悩まされている方は試してみてください。