JILL STUART 1day UVの処方を開始しました。

★JILL STUART 1day UV★

8月8日の発売開始から多数問い合わせをいただいておりました、「JILL STUART 1day UV」の処方を開始しました!
女性に大人気のブランドで、コスメや洋服等をお持ちの方も多いと思います。そもそもコンタクトレンズは視力を矯正するためのものですが、用法を正しく守って瞳のオシャレを考えられている方も多いのですね。

JILL STUART 1day UV

★カラーは3色★

ファッション性を考えた色合いということで、パステル系の女性らしい感じのカラーです。特にピンクはJILL STUART好きな方が好まれそうなイメージのものですね!診察で目に異常がなければ院内で試着することもできます。
JILL STUART 1day UV2

★レンズの特長について★

【1】1day タイプのレンズですから、毎回綺麗なレンズを目に入れることができます。洗浄等の手入れも不要ですので、レンズケアのよるトラブルもありません。

【2】サンドイッチ構造という着色部分がレンズで挟まれた作りになっています。目やまぶたにカラーの色素部分が直接触れる心配がありません。

【3】快適な装用感を保つために、含水率58%としたみずみずしさが際立つレンズです。シード社のカラーレンズは含水率の低いタイプのものが多くレンズの固さを感じる方が多いですが、エッジをなめらかな仕上げもあり、軽やかなつけ心地です。
【4】保湿成分配合「MPCポリマー※」が配合されています。潤い効果が続くように考えられています。
(※ヒトの細胞膜をモデルに開発された高分子うるおい成分)
【5】UVカット機能として、レンズに紫外線吸収剤が配合されいています。瞳に有害な紫外線をカットしますので、外出する際には大変喜ばれるオプション効果です。

試しに使ってみたいと思っていらっしゃる方は、目に合うかどうか是非検査をしてから、使うようにしてみて下さい。

 

華やかな印象になった「ワンデーピュアマルチステージ」

まだ高酸素透過性素材”シリコーンハイドロゲル”のレンズこそありませんが、様々な種類を製造されているシード社。この度、当院でも処方しています「ワンデーピュアマルチステージ(遠近両用)」のパッケージがリニューアルしました。

ワンデーピュアマルチステー確かに昔のと比べると、パッっと黄色く華やかな印象になりました!と思いきや、黄色ではなくゴールドだそうです(笑;)
ゴールドを基調とした色遣いを採用、製品のキャッチフレーズでもある“遠くも近くも見える贅沢” をイメージしたそうな。ともあれ、快適な視力矯正ができる製品の1つではありますので是非、レンズ自体もどんどん改良がなされていくと良いですね!

しばらくの間は、旧パッケージデザインと新しいのが混在するようですが”同じ”製品です★

オリジナルマークを刻印できるハードコンタクト。

シード社より、ハードコンタクトレンズに自分の好きな文字を刻印できる新製品が出ています。

素材も弾力性があり、ゴロゴロ感の少ないコンタクトレンズでAS-LUNA(エーエス-ルナ)というレンズです。東レのやわらかハードと同じ素材で、尚且つ「非球面デザイン」という特長があります。装着感の良さはデータ上はダントツトップになるでしょう★
非球面特長
刻印LUNAさて、従来より何十年もハードレンズを使用されていた方は「右」「左」のマークがレンズに刻印されていたのをご存知かと思います。しかし近年主流のレンズにはこういったマーキングは入れることすらできず、どっちが右だったっけ?!なんて考えてしまったりという声も多いようです。よほど左右差がなければ逆にしている自覚症状は出にくいですが、一方で目の傷やレンズの変形の原因になったりします。

先日より当院でも処方可能となっていますので、左右の見分けの用途としてはもちろんご自身のイニシャルなど4文字までレンズに刻印して、本当にご自身のオリジナルレンズを作ることができます。活用してみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

老眼は無理をするほうが悪化する?!

若いと思っていても、目の器官は正直です。携帯やスマホを見ていても、焦点(ピント)が合いにくい。ぼやけてスッキリ見えない。という症状が出ている場合は老眼の始まりです。

初期のうちは見えにくいけど、頑張って物を見よう!!としますが、その分だけ目に負担をかけ、眼精疲労症状を増幅させてしまいます。

老眼鏡は凸レンズのため、外見からでも老眼鏡を掛けていることが他人にわかるので嫌だな・・。と、思われている方は我慢せずに「遠近両用」のコンタクトレンズを使用してみるのも良いかと思います。コンタクトレンズの場合は、外見からではどんな度数のレンズが入っているのかはわかりませんから、老眼鏡にまずは抵抗ありという場合に試してみるよ良いでしょう。

遠近両用デザイン

製品によって度数の配置のされ方に差はありますが、1枚のレンズの中に遠くと近くを見る度数が入っていて、見たいと思っている対象を「脳」が判断してピントが合うというチョット驚きの仕組みです。

ワンデーピュアマルチステージ

 

目は脳の一部とかねてから申し上げている通り、目から入った情報は視神経を通じて脳へ送られます。鮮明に情報が伝わった方を見えていると自動的に認識されるのです。遠方・近方ともに快適な視力が確保できるようになると、目の疲れだけでなく首や肩のコリも軽減されるはずです。

紹介したデザインは、シード社のプレミアムシリーズのつくりです。見え方の満足感などには個人差がありますから眼科の先生の指示に従って調整してもうらようにしてください。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

ハードレンズに潤いを与える洗浄保存液。

ソフトタイプに比べれば、ハードタイプのコンタクトレンズは乾燥しにくいと言われています。しかし、裸眼やメガネの状態と比べればやはり目が乾く!という症状は少なからず出る方は多いでしょう。

そんな時に、洗浄後に一晩つけおきをしておくと「リピジュア」=ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持つ成分がレンズ表面に吸着し、
☆翌日の着け心地の良さが格段にUP!☆
☆乾燥感の軽減☆
☆たんぱく質など汚れのブロック効果☆
等を発揮します。
リピジュアイメージそんな優れものは、シード社から発売されている「ピュアティモイスト」という製品です。酵素剤も含まれる一液タイプなので、洗浄も簡単です。

ピュアティモイスト

 

使う際に気をつけたいのは、朝ハードレンズを着ける直前にこすり洗いをしない!ということです。(※こすり洗いは前夜の手入れ、ハードレンズを外した後に行います。)

装着前は、流水で軽くすすいでから目に装着をします。水道水がかかるくらいの圧力では、レンズ表面に吸着しているリピジュアの成分が剥がれ落ちることはありません。

たんぱく質などが付着しやすい、ハードレンズが曇りやすいという方にも有難い製品なのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

最強度近視・遠視の方に嬉しいお知らせ☆

シード社から発売されている「シード2ウィークPURE」ですが、使い捨て(定期交換)コンタクトレンズの中でも幅広い製造範囲を誇る製品です。

今までも+3.00~-16.00という製造度数があり、眼科処方の中ではこれしか使えない患者さんもいらっしゃるくらいです。

2ウィークピュア

これだけでも賞賛に値するのですが、今月からさらに度数の製造範囲が増えて

遠視度数は+5.50~+10.00、
近視度数は-17.00~-24.00

という驚異的な数値に足を踏み入れたわけです。もちろん注文を受けてからメーカーにて製造するため、手元に届くまでには10日程度かかるようです。

従来型のソフトコンタクトレンズが製造販売中止になっていくなか、使い捨てタイプのコンタクトレンズのどれかがこのように特別製造範囲を設けてくれるということは本当にありがたいことです。この度数になってくると、メガネの矯正値に耐えきれない範囲になっているとおもいますので強度の近視や遠視で困っていた!という方は試してみる価値大ですね!

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

どんどん近視が進むけど・・・・。

最近、目が悪くなった。

いわゆる近視が進行してしまって、遠くのものが見えにくい。

 

両親も強度の近視で、遺伝的に考えると
さらに進む可能性が高い・・。

ところで、現在使用中の使い捨てコンタクトレンズ。

「これ以上、近視が進んだら種類を変えないといけません」
「度数の製造範囲を超えてしまいます」

こんなことをいわれると、ちょっと驚きますよね。

近視が進行して、ちょっとヤバイ?!って思って
「コンタクトレンズの度数ってどこまであるの?」と
よく質問されます。

通常の使い捨てコンタクトレンズでは、
近視の場合、「-10.00」という度数がひとつの区切りに
しているメーカーが多いようです。

しかし、それ以上のハイパワーの製造をしているメーカーもあり、
使い捨てではシード社の
【ピュアシリーズ】が、一番製造範囲が広いのではないでしょうか?

ワンデータイプ、2ウィークタイプともに「-16.00」が最高のようです。

 

 

 

 

ついで、メニコン社の2ウィークプレミオで、「-13.00」
ジョンソン&ジョンソン社の【アキュビューシリーズ】で、「-12.00」

などが販売されています。

 

-16.00の近視用コンタクトの度数が合う目、
はずして裸眼になったら、ほとんどボヤけ視界しかなさそうです。
しかし、視力の出る目である以上
大切にしていきましょう!

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

根強い煮沸消毒利用者。

煮沸消毒のできるソフトコンタクトレンズ、
最近では探すのが大変になってきました。

細菌などの消毒力が極めて高く、
これを使わないとスッキリしない!!という方もいらっしゃると
思います。

確かに、【消毒力】の高さでは、煮沸消毒の右に出るものはありません。
しかし、何故すたれていくようになってしまったのでしょうか?

通常、煮沸消毒をする前には、
クリーナーでこすり洗いをし、タンパク質などを
しっかりと洗い流します。

この時に、落としきれていなかったりすると
煮沸による熱を加えた時に
コンタクトレンズにタンパク質の白い塊が固着します。

そして、熱によるレンズの変形・・など、
不具合が多くでてきてしまいます。

そういった点で、眼科医の中では
煮沸消毒に替わる何か良い消毒方法はないか?
ということで登場したのが、現在主流になっている
コールド消毒です(オプティフリーやレニューなどもこれです!)

コールド消毒の登場で、煮沸消毒における不具合は解消されましたが、
消毒力に差がでてしまい、
感染症などのリスクは高まる結果となってしまいました。
その点では、両方の良い部分をとった製品が開発されると
良いのですが。。。

 

そして、コールド消毒が主流になるにつれて、
新しく発売されるコンタクトレンズは、
煮沸消毒の使用認可をとらなくなりました。

まだ、煮沸消毒を利用している患者様もいますので
新製品に手が出せない・・というケースもあります。。。

煮沸こそできませんが、新しく出てきている製品は
酸素透過率が高かったり、
乾燥しにくかったりとレンズ性能に磨きがかけられていますので
ここはコールド消毒も視野にいれて
検討していみると良いでしょう。

 

ちなみに、煮沸消毒のケアキットなど
多くのメーカーで販売を中止し、
現在、容易に入手できそうなのは
メニコンのエピカヒートくらいでしょうか?
エピカヒート(煮沸消毒)

 

 

 

 

 

また、使い捨てレンズの場合だと
メニコン社やシード社、クーパービジョン社などから煮沸認可を
取得した製品が市場に出ています。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

両性イオン素材のコンタクトレンズは最強?!

北川景子さんが現在テレビCM中の
シード社「ワンデーピュアうるおいプラス」
ワンデーピュアうるおいプラス

 

 

 

 

 

もうご覧になられている方も多いと思います。
ワンデーアキュビューなどのワンデータイプコンタクトレンズと
使い方こそ同じですが、
この「ワンデーピュアうるおいプラス」は、
通常のソフトコンタクトレンズの素材とは少し異なる
「両性イオン素材」を使用しています。

従来のソフトコンタクトレンズは、分類上「イオン性」と「非イオン性」の素材に
分けられ、さらに「高含水」か「低含水」かでも区別されます。

例えば、イオン性で高含水のレンズの特長を挙げるのであれば、
【酸素透過率が高い】
【レンズが柔らかく、着け心地が良い】
など優れた点がありますが、逆に
【タンパク質などの汚れが付きやすい】
【破れやすい】など
反面する性質を持ち合わせるコンタクトレンズになっていました。

反対に考えると、非イオン性で低含水のレンズであれば
【酸素透過率が低い】
【レンズが固めで、着け心地があまり良くない】
しかし、逆に
【タンパク質などの汚れが付きにくい】
【破れにくい】
というように、真逆のレンズ特長を持っているレンズになります。

そこで、シード社が独自に考えられたという
「両性イオン素材」が登場したというわけですね!
イオン性でも、非イオン性でもそれぞれ長所があるのだから
その良いとこどりをしてしまえば、
素晴らしいレンズが出来上がりそうです。

 

加えて水分を引き寄せて汚れの付着を防ぐポロクサマー・
天然保湿素材アルギン酸を取り入れることにより
レンズの乾燥感を最小限に抑える商品になったようですよ!
さらに、嬉しいUVカット付きです。
(使用感に個人差はありますので、必ず先生の診断を受けてご利用ください)

ワンデーピュアうるおいプラス

 

 

 

 

処方希望の方は、お気軽にお申し出下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村

ジェルクリンSiのチカラ。

ハードコンタクトレンズについてしまった化粧品等の汚れ落としには、
ジェルクリンという製品がありました。
ジェルクリン

 

 

 

 

ジェル状になっているので、
とてもこすり洗いがしやすくて、おススメのものです。
とくに、化粧品や花粉などの脂質汚れに効果的でした。

 

そして少し前にこのジェルクリンが改良されて、「ジェルクリンSi」となりました。
ジェルクリンSi

 

 

 

 

 

 

 

<大きく改良された点はここです!>

シリコーン系の界面活性剤を加えることにより、
油汚れを浮き上がらせて効果的に取り除けるようになりました。
ウォータープルーフのような耐水性のある
化粧品汚れにも高い洗浄効果を発揮することが確認されています。

 

また、ジェルクリンSiも、微粒子などは入っていませんので
表面処理加工した製品を含む全てのハードコンタクトレンズに
使用することができます。

 

ちなみに、同じシードから出ている
「O2クリン」というクリーナーがあります。

コチラは表面処理加工などを施した製品には使用することは
できません。
主に薬局などで販売されているのは
O2クリンの方が多いので、
「シードのクリーナーを下さい」という聞き方だと
こっちを渡されてしまう場合があるのでご注意を・・

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 船橋情報へ
にほんブログ村