JILL STUART 1day UVの処方を開始しました。

★JILL STUART 1day UV★

8月8日の発売開始から多数問い合わせをいただいておりました、「JILL STUART 1day UV」の処方を開始しました!
女性に大人気のブランドで、コスメや洋服等をお持ちの方も多いと思います。そもそもコンタクトレンズは視力を矯正するためのものですが、用法を正しく守って瞳のオシャレを考えられている方も多いのですね。

JILL STUART 1day UV

★カラーは3色★

ファッション性を考えた色合いということで、パステル系の女性らしい感じのカラーです。特にピンクはJILL STUART好きな方が好まれそうなイメージのものですね!診察で目に異常がなければ院内で試着することもできます。
JILL STUART 1day UV2

★レンズの特長について★

【1】1day タイプのレンズですから、毎回綺麗なレンズを目に入れることができます。洗浄等の手入れも不要ですので、レンズケアのよるトラブルもありません。

【2】サンドイッチ構造という着色部分がレンズで挟まれた作りになっています。目やまぶたにカラーの色素部分が直接触れる心配がありません。

【3】快適な装用感を保つために、含水率58%としたみずみずしさが際立つレンズです。シード社のカラーレンズは含水率の低いタイプのものが多くレンズの固さを感じる方が多いですが、エッジをなめらかな仕上げもあり、軽やかなつけ心地です。
【4】保湿成分配合「MPCポリマー※」が配合されています。潤い効果が続くように考えられています。
(※ヒトの細胞膜をモデルに開発された高分子うるおい成分)
【5】UVカット機能として、レンズに紫外線吸収剤が配合されいています。瞳に有害な紫外線をカットしますので、外出する際には大変喜ばれるオプション効果です。

試しに使ってみたいと思っていらっしゃる方は、目に合うかどうか是非検査をしてから、使うようにしてみて下さい。

 

2ウィークピュアうるおいプラス乱視用

2ウィークピュアうるおいプラスが好調なシード社より、””乱視用””が発売になったようです。ピュアシリーズは、ワンデー・2ウィークタイプともに近視・遠視用、乱視用、そして遠近両用とが揃ったということです。
2ウィークピュアうるおいプラス乱視用

近年、シリコーンハイドロゲル素材の高酸素透過性タイプのコンタクトレンズが増加する中、現在シード社のみはこの素材のレンズがありません。しかし、従来のHEMA素材からうまくシリコーン素材に移行できなかった(着け心地、フィット具合、くもり等)方の受け皿になっているのは確かです。

HEMA素材の中で比較をすれば、酸素透過率良し、UVカット効果付き、表裏のマーキング入り、潤い保湿素材入りといった具合に付加価値も維持しています。

乱視用の場合、他社レンズは後面トーリックデザインというものに対し前面にトーリック面を配置して乱視の矯正を安定させようとしていますので、このレンズでないとフィットしないという方も出てくるはずです。乱視用になると、デザインによる着け心地や見え方の違いが顕著に出ることが多いので、これしか合わないというオンリーワンになれる可能性も高いという訳です。現在使用中のレンズに不満があるようであれば、試してみるのも良いかもしれません。

ですが、シードさんからもシリコーン素材のレンズもそろそろ登場しても良いのでは!?と思ってしまいます。

華やかな印象になった「ワンデーピュアマルチステージ」

まだ高酸素透過性素材”シリコーンハイドロゲル”のレンズこそありませんが、様々な種類を製造されているシード社。この度、当院でも処方しています「ワンデーピュアマルチステージ(遠近両用)」のパッケージがリニューアルしました。

ワンデーピュアマルチステー確かに昔のと比べると、パッっと黄色く華やかな印象になりました!と思いきや、黄色ではなくゴールドだそうです(笑;)
ゴールドを基調とした色遣いを採用、製品のキャッチフレーズでもある“遠くも近くも見える贅沢” をイメージしたそうな。ともあれ、快適な視力矯正ができる製品の1つではありますので是非、レンズ自体もどんどん改良がなされていくと良いですね!

しばらくの間は、旧パッケージデザインと新しいのが混在するようですが”同じ”製品です★

老眼の初期に、マルチフォーカルO2ノア☆

★手元が全く見えないわけではないけれど、ぼやける。

★夕方になるとかすむ。

★見たい部分にピントが合うまでに時間がかかるようになった。

などなど、これらの症状は老眼の初期症状ともいってよいものです。現在ちょうど老眼の初期を迎える年代の方ですと、ハードコンタクトを継続して使用しているという方も多くいらっしゃいます。

近年は使い捨てレンズの主流化により、遠近両用コンタクトも使い捨てタイプで新商品が多く開発されていますが、ハードレンズタイプが無い訳ではありませんのでご安心を。シードマルチフォーカルO2ノア初期の老眼の状態であれば、着け心地もよいマルチフォーカルO2ノアがお勧めです。シード社より発売されていて、当院での処方時も違和感なく遠近両用の見え方を受け入れられるという患者さんも多いです。遠・中・近とどの距離にもピントが合いやすくなるような仕様になっています。

口コミで「遠近両用コンタクトは気持ち悪くなる」「見え方が全然ダメ」などという声もやはりありますが、【個人差】によるものです。実際に試してみたら、全く問題なかったということもあります。無理して、我慢しても良い事は一つもありません。悩んでいるようであれば、まずは試してみてはいかがでしょうか。

遠近両用コンタクトの表裏マークは大きいのが良い☆

老眼が進んでくると、近くの物が大変見えにくくなります。

コンタクトレンズの表裏を表すマーキングも見えにくい感じになってきた・・。という方に、

ワンデーピュアマルチステージこの刻印ならいかがでしょう?!

通常のコンタクトレズの刻印に比べたら、確かに文字が大きいですね!

これは、シード社から発売されている「ワンデーピュアマルチステージ」というレンズです。度数の製作範囲の幅も広く、多くの方の目に対応できるようになっています。

また、紫外線カット効果も兼ね備えていますので、白内障や黄斑変性に気を遣われる世代にとっては非常にありがたい処方です。

最近は大人になってから初めてコンタクトを使用されるというシニアの方もいらしゃっる事が多く、そんなときには大変便利な刻印となります。このマークの状態が確認ができれば安心です。

ちなみに、茶碗型の反り返り具合で判別がついちゃうという方はその方が時間的短縮にもなりますので、現状維持で問題ないと思われます・・^^;

シード アイコフレワンデーUVの製造範囲の広さが凄い!

カラーレンズ、カラコン、サークルレンズと言われるような製品は強度の近視だったり、遠視があったりすると製造されていない!というケースも多々あります。

アイコフレワンデーUVしかし、シード アイコフレ ワンデーUVは
遠視用 【+3.00D~+0.50D(0.50Dステップ)、+0.25D、±0.00D】
近視用 【-0.25D~-6.00D(0.25Dステップ)】【-6.50D~-12.00D(0.50Dステップ)】

といった具合に、ビックリするほどの度数を製造しています。

ちょっとオシャレをしたいのに、無理して見えない度数のコンタクトレンズをして我慢していた・・なんていうお話も伺いますので、強度の近視や遠視がある方は参考にどうぞ。

ただし、近年はパソコンやスマホなどをはじめとしたデジタル社会です。強度の近視眼になりやすい環境となってしまっています。まだまだコンタクトレンズの度数の製造があると安心しきるのは禁物です。適度な休息をとって目を休めることも念頭に入れておいてくださいね!

国産品の品質管理はやはり凄い!

1daypureうるおいプラス使い捨てコンタクトレンズには、いま各種メーカーが様々な商品を出しています。しかし、大量生産の陰で「不良品」なるものが混入されていることがあります。許容範囲などを調べる検査の中で、どうしても検品をすり抜けてしまうものもあるようで、使用者側も万が一不良品を発見した場合は、絶対に目に入れないように気を付ける必要があります。

ところで、国産品にこだわるA子独自の統計?!では、やはりシード社のワンデーピュアうるおいプラスが群を抜いて品質管理の徹底されていると思われます。国内での一貫生産と、何よりも”人間の目”による検品がなされている賜物でしょう!検査時の”人間の目”は、機械よりも厳しいというのは喜ばしいことです。

現在使用している製品からあまりにも不良品が出て困っている・・・という場合は、国産品のワンデーピュアうるおいプラスを試してみると良いでしょう。個人の目に合うかどうかというのは実際にレンズを着けて検査をしてみないとわかりませんが、製品そのものの不良品に出くわす確率は低下するはずです。

Pureシリーズに含まれる「アルギン酸」って何?

2weekPure酸素透過率こそはシリコーンハイドロゲル素材には敵いませんが、「国産」で尚且つ「うるおい」をウリにシード社のコンタクトレンズ「Pure」シリーズを愛用する方も多くいらっしゃいます。

一般的にソフトコンタクトレンズは、50%を境に高含水レンズと低含水レンズに分類されます。どちらが乾きにくいレンズなの?といえば、低含水レンズの方が乾燥感への耐性は高いものになります。

しかし「Pure」シリーズの含水率は58%。数値だけで見ると乾燥しやすい高含水レンズに分類されますが、ここで一工夫されたのがPureシリーズの特長です。

海藻,昆布,アルギン酸天然の「アルギン酸」を使用し、保湿力に差をつけています。アルギン酸は天然の保湿成分で、食品にも若布や昆布等の海藻類にも含まれていいます。レンズを手にとると、少しヌルっとする感じがするのはこの成分のためです。

さらに「両性イオン素材」を採用しているので、水分を引き寄せてレンズ表面の水分を蒸発させにくくさせているのです。

同社のFineシリーズともまた一味違った製品です。どうも目にしっくりとするコンタクトレンズがないか?とお考えなら、試してみてはいかがでしょうか。

シリコーンハイドロゲルレンズの汚れにも、ジェルクリンW!

乾燥しやすい季節になりました。

特にコンタクトレンズを使用される方は、目が乾くという症状のほかにレンズが汚れる・曇るという症状もプラスされているのではないでしょうか。

ジェルクリンWコンタクトレンズの汚れを落とす製品というのは数多く販売されていますが、中でもおススメは
シード社の「ジェルクリンW」です。

数多くの商品があるということは、このクリーナーが現状のレンズに使用できるかどうかも含めて見極めがまず必要になります。Aレンズは使用可だけど、Bレンズは使用対象外ということもあるのです。

ですが、ジェルクリンWはソフトレンズ・ハードレンズを問わず、またシードS-1のような特殊コーティングはもちろん、表面処理加工されたレンズでもすべてのコンタクトレンズに使用できます。

中でも油汚れに弱い「シリコーンハイドロゲル」素材の2週間レンズにはとても相性がよく、ジェルクリンWをつけてこすり洗いすることによって、レンズのコンディションが回復します。
ジェルクリンW洗浄

2週間や1ヶ月タイプの定期交換レンズなのに、その期限までレンズが持たないっ!という方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

最強度近視・遠視の方に嬉しいお知らせ☆

シード社から発売されている「シード2ウィークPURE」ですが、使い捨て(定期交換)コンタクトレンズの中でも幅広い製造範囲を誇る製品です。

今までも+3.00~-16.00という製造度数があり、眼科処方の中ではこれしか使えない患者さんもいらっしゃるくらいです。

2ウィークピュア

これだけでも賞賛に値するのですが、今月からさらに度数の製造範囲が増えて

遠視度数は+5.50~+10.00、
近視度数は-17.00~-24.00

という驚異的な数値に足を踏み入れたわけです。もちろん注文を受けてからメーカーにて製造するため、手元に届くまでには10日程度かかるようです。

従来型のソフトコンタクトレンズが製造販売中止になっていくなか、使い捨てタイプのコンタクトレンズのどれかがこのように特別製造範囲を設けてくれるということは本当にありがたいことです。この度数になってくると、メガネの矯正値に耐えきれない範囲になっているとおもいますので強度の近視や遠視で困っていた!という方は試してみる価値大ですね!