ケアセットでの販売品は、必ず専用の付属品を使いましょう!

ソフトコンタクトレンズ用の洗浄保存液を購入すると、専用の消毒剤や保存ケースがセットで封入されています。こういった製品は、必ずセット専用の付属品を使うことが必須です。

ファーストケアEX中でも、過酸化水素システムやヨードを使用した洗浄保存液はその中和剤や液の溶解量までさまざま計算されて作られています。そのため、ちょっと他のもので代用を・・。なんて軽い気持ちで使ってしまうと痛い目に合うことになります。

実際にあった例では、AセットのA消毒液とBセットのB中和剤を混ぜて使ったら使用中のレンズが変色したということもあります。レンズが変色したところが不幸中の幸いで、おかしいと思い目に入れず大惨事になるところまでは至りませんでしたが、大変危険なことです。

AOセプトクリアケア他にも、付属でないすすぎ液を使用後、洗浄・消毒を行ったら泡が吹きケースから液もれが起こった!など、予期せぬ事態が起こります。

ごく稀に気温や湿度などの関係で、うまく消毒システムが作動しなかったという事例もあるようですが、ほとんどの場合が使う側の間違いによって目に関わるトラブルが発生しています。

取り扱い説明書をよく読み、セットで販売されているケアシステムについては必ず専用品を使うようにしましょう。

クリアケアですすいでは絶対にダメ!

AOセプトクリアケアソフトコンタクトレンズのケア用品は、煮沸消毒の時代からコールド消毒に切り替わりました。中でも、過酸化水素タイプのケア用品は毎日使う方にとっては大変便利なものです。

仕事などで疲れていても、目から外して専用ケースにしまっておけば消毒完了。なかでも潤い効果の高いクリアケアを使用されている方も多いようです。

しかし、このクリアケア。誤った使い方をして、目の炎症を起こしてしまうという方がいるのも事実。消毒剤を目に入れたら痛くてたまりません。よく耳にする理由は

・うっかり「クリアケア」ですすいでしまった!
→すすぎ液と勘違いした。
→いつものマルチパーパスソリューションのタイプの癖が抜けなかった。

クリアケアのボトルには赤字で「クリアケア本剤では絶対にすすがないでください」と書いてはありますが、強度の屈折異常のある方が読めているのか・・。また、使用者側も寝ぼけていたりして、ソフトウェアプラスを手にしたつもりがクリアケアのほうだった。といったことで起きる事故なのでしょうか・・。ともかく、

【絶対にクリアケアですすいではダメです】

よく、確認してから使うようにしましょう!正しく使えば大変便利なケア用品ですよ~。
ちなみに専用のすすぎ液、ソフトウェアプラスは白いボトルのこれです。

ソフトウェアプラス

ソフトコンタクト用洗浄消毒液は、医薬部外品を選びましょう!

エピカコールドアクアモアレニューフレッシュオプティフリープラス

 

 

 

ちょっとした雑学的なことですが、ハードコンタクトレンズ用は雑品扱いで、ソフトコンタクトレンズ用の洗浄保存液は「医薬部外品」があります。これは”消毒”の効果に付随するものと考えられます。

化粧品などにも医薬部外品と記載があるものとないものがありますが、これは簡単にいえば有効成分に確かな効果があり、安全性が認められているか否かの違いとなります。

ソフトコンタクトレンズのケアは

1)洗浄 → 2)すすぎ → 3)消毒 →4)保存  

これら4つの工程を行うことが必要となっています。洗浄保存液は、アルコン社のオプティフリー、ボシュロム社のレニュー、メニコン社のエピカコールドなど、これら以外にも様々な商品が市場に流通しています。

どれでも同じ!安いので!などと、安易に選択していたという心当たりがあるという方は、是非「医薬部外品」とパッケージに記載のあるものを次回から選んでみてはいかがでしょうか。しっかりとした手入れは、目の炎症を未然に防ぐ役割も果たします。

ボトルの使用期限を確認してみましょう!

そういえば以前、友人とプチご褒美を目的に行った、とある高級ホテルの中の美容エステサロン。スタッフのサービスも料理も施設もほぼ満点に近し!

そのときの事です。フェイシャルのお手入れの際に、コンタクトレンズを外すのですが、サービスでレンズケースと洗浄保存液がおいてありました。しかも10分で消毒・洗浄が完了するタイプを完備するとは、なかなかできるとこではありません。

ここまでは、さすが!と思ったのも束の間。職業病かも・・と、思われそうですが気が付いてしまいました。その洗浄保存液のボトルをよく見てみると、なんと期限切れ・・・。しかもこの期限は、未開封の状態だったらという意味なのです。いったい、いつから置いてあるのかしら?!

たまたまA子はワンデータイプのコンタクトレンズユーザーなので、この洗浄保存液を使用することはありませんが、ちょっぴりガッカリ。お客様満足度アンケートに、書いてしまいました。

 

ところで、ご自宅の洗浄保存液の使用期限はいかがですか?未開封なら、ボトルの使用期限まで。開封済みなら、3ヶ月を目安に使い切りです。それ以上経過している場合は、余っていても捨てて、新しいものを使いましょう!

こすり洗いは何回していますか?

ワンデータイプ以外のコンタクトレンズには、必ず洗浄・消毒といった手入れが必要となります。特に夏は細菌の繁殖しやすい季節でもあるので、気を付けたいところです。

では、コンタクトレンズの洗浄において、一般的に

”こすり洗い”

を指示されているかと思いますが、実際に何回こすって洗っていますか?!

 

適当な回数として、推奨されているのは各面20回から30回。
片眼裏表で40回から60回。両眼分だと、80回から120回。

ということになります。

学校や塾、仕事から帰宅して疲れているところで、毎日コンタクトレンズをこすり洗いをすること約100回。
さぼってしまうと、目に炎症を起こす大きな原因となります。

また、一見こすり洗い不要にみえるタイプの洗浄剤も、
最近では着ける前にすすぎ液でこすりましょう!とか、こすり洗いを加えるとより安全です!
といった表記がありますので、ご注意ください。

時間的な余裕などない!!
こすり洗いが苦手!!
という方は、眼鏡やワンデータイプなどを使用していくほうが安全です。

うっかり中和を忘れると大変なことに!!

クリアケアコンセプトワンステップ

 

 

 

 

5年くらい前に国民生活センターが、コンタクトレンズのケア用品を調査し、その消毒・洗浄力を比較したことがありました。

その中で、水準以上とされる「過酸化水素」とよばれる成分で洗浄するのが好ましいと報道されました。その影響もあってなのか、「過酸化水素」タイプの洗浄液を使っている方も多いようです。

 

このタイプの洗浄は「誰が使っても同じ消毒・洗浄効果が得られる」という利点もあり、こすり洗いがちょっと苦手な方でも簡単にコンタクトレンズのケアをすることができます。

しかし、注意しなければいけない点があります。

ボトルに入っている液は「消毒剤」であり、中和剤等を使用して保存液(水)のような成分に科学反応させる必要があります。

この液は直接、目に入れたり、すすぎを行うものではありません。

また、中和されるまでの時間をしっかりとカウントしておかないと、目の炎症を引き起こす事態になります。

時間だけではなく、中和剤等を入れて実は中和されずに放置されていた!!なんてこともあれば大変です。

中和されていないレンズを目につけたら、火が出るくらいの激痛と炎症がおこります。
涙も止まりません。

こんなことにならないように、十分注意して使用しましょう。

根強い煮沸消毒利用者。

煮沸消毒のできるソフトコンタクトレンズ、
最近では探すのが大変になってきました。

細菌などの消毒力が極めて高く、
これを使わないとスッキリしない!!という方もいらっしゃると
思います。

確かに、【消毒力】の高さでは、煮沸消毒の右に出るものはありません。
しかし、何故すたれていくようになってしまったのでしょうか?

通常、煮沸消毒をする前には、
クリーナーでこすり洗いをし、タンパク質などを
しっかりと洗い流します。

この時に、落としきれていなかったりすると
煮沸による熱を加えた時に
コンタクトレンズにタンパク質の白い塊が固着します。

そして、熱によるレンズの変形・・など、
不具合が多くでてきてしまいます。

そういった点で、眼科医の中では
煮沸消毒に替わる何か良い消毒方法はないか?
ということで登場したのが、現在主流になっている
コールド消毒です(オプティフリーやレニューなどもこれです!)

コールド消毒の登場で、煮沸消毒における不具合は解消されましたが、
消毒力に差がでてしまい、
感染症などのリスクは高まる結果となってしまいました。
その点では、両方の良い部分をとった製品が開発されると
良いのですが。。。

 

そして、コールド消毒が主流になるにつれて、
新しく発売されるコンタクトレンズは、
煮沸消毒の使用認可をとらなくなりました。

まだ、煮沸消毒を利用している患者様もいますので
新製品に手が出せない・・というケースもあります。。。

煮沸こそできませんが、新しく出てきている製品は
酸素透過率が高かったり、
乾燥しにくかったりとレンズ性能に磨きがかけられていますので
ここはコールド消毒も視野にいれて
検討していみると良いでしょう。

 

ちなみに、煮沸消毒のケアキットなど
多くのメーカーで販売を中止し、
現在、容易に入手できそうなのは
メニコンのエピカヒートくらいでしょうか?
エピカヒート(煮沸消毒)

 

 

 

 

 

また、使い捨てレンズの場合だと
メニコン社やシード社、クーパービジョン社などから煮沸認可を
取得した製品が市場に出ています。

コンタクトレンズは、是非、こすって洗って下さい。

コンタクトレンズの洗浄に、【こすり洗い】

これ、しっかりと行っていますか?

オプティフリーやレニュー、コンプリートなどをはじめとした
マルチパーパスソリューションは、
洗浄の際にこすり洗いが義務づけられています。

しかし、いままでこすり洗い不要!!を謳っていた
「ファーストケア」・「クリアケア」・「コンセプト」などの商品が
こすり洗いを【プラス】するように
取り扱い説明書の表記を変えてきています。

 

「必ず」ではないが、こすり洗いを加えるとより快適に使えますよ!!というニュアンスです。

 

これは、眼科側からすると、大推奨したい使い方です。

是非とも、どんな洗浄剤でも
コンタクトレンズをこすり洗いしてあげて下さい。

つけ置き洗浄は、消毒力の高さへの評価は極めて高いものがありますが、
こすり洗いをして落とす、『洗浄』の効果は
プラスαが欲しいところでした。

商品によっては、付属の保存液などを別購入しなくてはならないケースも
ありますが、目の健康を守るための投資と
考えてみてはいかがでしょうか。

洗浄保存液だけ余る・・。

マルチパーパスショリューションコンタクトレンズを3ヵ月分、洗浄保存液を3ヵ月分。
最初はセットで購入したはずなのに、

レンズを使いきった時に、ケア用品だけ残っっている。

 

 

思い当たる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

オプティフリーなどをはじめとした
一本で「洗浄・消毒・すすぎ・保存」ができるケア用品の
タイプに多くみられる傾向です。

使い方通りに使っているのに、なぜ余ってしまうのでしょうか?

どこに原因があるのか?というのを探っていくと
どうやら「すすぎ」の工程が、かなり短縮されていて、
洗浄保存液だけ残ってしまうようです。

通常、すすぎは10秒から20秒間、
レンズに液を掛け流し続けるものです。

この量には、個人差が大きくあり、沢山使う方と
ちょこっとだけ使って終わってしまう方とそれぞれです。

 

もし、コンタクトレンズと洗浄保存液を一緒にセットで購入して
ケアだけ余るなら、
すすぎの量を増やして、調整してみてください。

保存等に使えるように、洗浄保存液は多めに入れられて
いると思います。

目の健康を考えて、ちょっとリッチに使ってみてはいかがでしょうか?

レンズケース、どのくらいで新しくしていますか?

コンタクトレンズを保存しているケース、
どのくらいで新しいものに変えていますか?

せっかく洗ったコンタクトレンズも
汚れたケースにしまっているようでは
洗った意味がありません・・
ソフトレンズでは1~2ヶ月に一回程度が目安です。
洗浄保存液を購入すると、
液を使い切ったら、ケースも変えましょう!という意味も含めて
必ず専用のケースがセット販売されていると思います。

ハードレンズケースについても3ヶ月程度に一度が目安です。

とくにソフトコンタクトレンズは、感染症が懸念されます。
実際、レンズの洗浄には気を遣っているけれども
ケースにまで気が回らないという方、お見受けします。
また、ケースも徐々に汚れていきますので、
ご自身が毎日使っているケースが汚れているかどうかも
パッと見、わからないというのが現状なのでしょうか?!

明らかな汚れがある場合は気づく方もいらっしゃいますが
そうでない場合は、やはり定期的に新しいケースに変えるほうが
良いでしょう。

綺麗な状態で使い続ければ、感染症などを
未然に防げることになります。

 
ご自身のレンズケースはさて、どうでしょう?と思われる方は
お店に並んでいるようなレンズケースと比べてみてください。

同じくらい綺麗ですか?
ソフト用レンズケース