ドライアイってどんな病気?

みなさん、こんにちは。

乾燥する季節になってきましたので、

今回のテーマは「ドライアイ」です。

ドライアイって何?

ドライアイとは簡単に言ってしまうと、目の表面が乾燥することで、角膜や結膜に障害が生じ、様々な症状を引き起こす病気です。例えば、目が疲れる、ゴロゴロする、見えにくい、痛み、充血などの症状があります。

1985年頃日本で疾患の概念が導入され、現在では潜在的な患者数は800万人にのぼるといわれています。コンタクトレンズ装用、スマートフォン、パソコン、高齢化社会で今後も患者数がますます増えると予想されています。

ドライアイの原因

なぜ乾いていくるのかというと、涙の分泌が少ない、または、目の表面の涙の層を維持できないくらい涙の蒸発が早すぎる、という場合もあります。

一般的に涙の分泌量は年齢とともに減っていきますので、年齢を重ねるとドライアイ患者も増えていきます。特に、男性より女性の方が多くなっており、これには女性ホルモンが深く関わっています。30~40代で女性ホルモンが減少してくると乾きを感じやすいと言われています。

また、ドライアイは環境要因も大きく関わっており、パソコン作業、コンタクトレンズ、エアコン、乾燥した部屋での作業などもドライアイの原因となります。

ドライアイの治療

主な治療法は点眼液、もしくは涙点プラグによる涙点の閉鎖です。

ドライアイの目薬は、涙液の不足を補うような目薬(ヒアレイン、ティアバランス等)と、涙のムチン(涙の安定性を高める)を産生し、質を正常化させるムコスタ点眼液、それから、涙の量、質、両方に働きかけるジクアス点眼液などがあります。

点眼で症状が改善されない場合は、涙点プラグを涙点に挿入し、涙の排出口を塞ぐことで涙を目に留めます。人口涙液よりも高い効果が得られやすいです。目薬点眼

 

ドライアイは軽度なものから重度なものまであり、検査してみるとシェーグレン症候群などの重症ドライアイを引き起こす病気であることもあります。

ドライアイのような症状が思い当たる、ひどくなってきた、など気になることがある場合は早めに眼科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

涙が出るのに、ドライアイ?!

ドライアイによる傷1涙が溢れてしまっているにもかかわらず、

「ドライアイ」

と、眼科で診断を受けることがあります。

ドライアイって、どんな病気でしたっけ?!

一般的なイメージでは、「涙が少なくて、目が乾く」という認識ではないでしょうか。ところで、本当にドライアイになると、目の表面が乾くということ以上に

*目の疲れ
*目の痛み
*目の充血
*かすむような見え方
*まぶしい

といった症状を訴えることが多いのです。
そして、「涙が溢れる」という自覚症状もここに含まれます。

「目が乾く」より「涙が溢れる」という症状が強く出るのは、ドライアイにより目の表面が乾き、そこに傷が出来てしまっていて、痛い!!→なので、涙が出る。というものなのです。

ドライアイが原因で出来てしまった『傷』が痛むために涙が出ているなんてちょっと悲しきことです。

アレルギー性結膜炎があると、ドライアイにもなりやすい。

アレルギーの原因となるアレルゲンは、1年中浮遊しています。杉やヒノキなどの季節性のもであれば、その季節を通り過ぎれば症状は落ち着くのですがそうでない場合は要注意です。

アレルギー性の結膜炎をもっていると、涙の層(涙液層)が不安定な状態になりドライアイの症状を悪化させる原因にもなります。この症状はコンタクトレンズ使用者に多く見られ、BUT(涙液層破壊時間)検査でこの徴候が示されます。
BUTBUT検査は涙が蒸発するまでの時間を調べる検査です。目にフルオレセイン色素を点眼し、まばたきを止めます。正面を見ているうちに目の表面が乾燥し始め、色素が消えていきます。涙液層の破綻した部分が黒っぽく見えます。これまでにかかる時間をBUT(Break Up Time)といい、10秒以上が正常です。5秒に満たなければドライアイの診断となります。3回測定した平均値が検査結果となります。

ちなみに、コンタクトレンズを装着している部分は涙の層が薄くなります。時間を短めに使うことはもちろん、アレルギーの炎症が出ている間はメガネを使用するよう心がけます。また、どうしてもコンタクトレンズを使用する場合は、1日使い捨て・汚れが付着しにくい非イオン性素材・乾燥にしくい素材の製品を選択するようにします。中でもクーパービジョン社から発売されている「プロクリアワンデー」はこれらに全て当てはまります。汚れへの耐性、そして涙の層を安定化させる技術でつくられています。

ドライアイチェック

dry_eye
11月に入り、いよいよ一年の中で最も湿度の低い季節がやってきました。
お肌の乾燥には気を使っている方も多いと思いますが、私たちの大切な「目」も空気が乾燥している時期は特に乾きやすくなります。
外よりも暖房のきいた室内はもっと乾燥しています。その中でパソコン画面やスマートフォンなどの画面を見続けているとまばたきの回数が少なくなり、ドライアイになってしまうことがあります。

ドライアイの症状をチェックしてみてください。
*目が痛い
*ゴロゴロする
*充血する
*目やにが出る
*かゆみがある
*目が疲れる
*重たい感じがする
*光がまぶしく感じる
*かすんで見えにくい
*乾いているようにかんじる
*目に不快感がある

この中で当てはまるものが多いほど、ドライアイの可能性が高くなります。
ドライアイはなんとなく目が乾く、少し目が痛い、など軽い症状のうちは放置してしまいがちです。しかし症状が進むと目の表面にキズがついてしまったり、角膜が剥がれてしまったり、さらに視力の低下まで引き起こされてしまいます。
そうなってしまう前に、上記のいくつかの症状が当てはまった方は一度、眼科でご相談ください。

起床時の目の乾き

朝起きた時に乾燥して目が開けにくい、まばたきをするのがつらい、痛みがある、などの症状はありますか?
これらの症状の原因の一つにドライアイがあります。
目を開けたままでいると当たり前ですが目が乾くので、自然とまばたきをします。
起きているときは目が乾かないように絶えずまばたきをしています。
寝ているときは目を閉じているので、目はずっと潤った状態でいれるような気がしますが、実はそうではないのです。
目はまばたきをすることによって涙の水分を行き渡らせ、目の表面を潤しています。寝ている間はまばたきができないため、目の水分補給が難しくなるのです。
起床時のドライアイ対策としては、就寝前に点眼薬や眼軟膏を使用するといったものがあります。眼軟膏は特に点眼薬よりも長く効き、起床時の乾燥を防いでくれます。
も う一つ、寝ている間にしっかりと目が閉じられていない状態、半目の状態でいる方も起床時の乾燥がひどくなります。目が疲れていると目の周りの筋肉が緊張し て目が閉じずらくなるとも言われています。就寝時に半目になってしまうという方は、夜寝る前に目を温めるなどして目を休ませてから眠ると改善されることも あります。
bed_girl_wake

ドライアイが原因で視力が出ないこともあります。

視力検査ドライアイと聞けば、「目が乾く」という症状を思い浮かべると思います。しかし、ドライアイが原因で「物が見えにくい」という症状を引き起こすことがあります。

目の表面にある涙は、物を見るときに焦点を合わせるといった働きもしています。そのため、涙が少なくなって目の表面が滑らかでない状態では、視界がかすんで見えたり、ブレたような見え方になり視力に大きな影響を及ぼします。かすんだような見え方は眼精疲労にもつながる原因となります。

ドライアイでは失明に至るような重篤な症状を起こすことはないためか、症状が出ていても放置してしまっている方も多いように思えます。ドライアイかどうか、眼科で検査をするほかにも自分自身でチェックする方法もあります。方法は簡単、10秒間まばたきを我慢していられるかどうかです。我慢できないようなら、ドライアイと考えましょう。

ドライアイ対策としては、まずは意識的にまばたきをするということです。パソコンやスマホなどを日常的に使う環境では、まばたきの回数が通常の1/5程度にまで気が付かないうちに減少すると言われています。

カフェインとドライアイ

cafe_coffee

涙は常に少しずつ分泌され、目の表面を保護して栄養を与えています。この涙が減ると目の表面が乾いてしまい、目がゴロゴロしたり、ヒリヒリとした痛みがでたりなど、様々な症状を引き起こします。
このつらいドライアイに効くという実験結果がでたのが、カフェインです。一杯のコーヒーが眠気を覚ますだけでなく、目を潤してくれてドライアイの人達の生活に役立つかもしれないのです。
カフェインは唾液や消化液などの分泌を増やす事がわかっているので、東京大学医学部の研究者はカフェインが涙腺も刺激し涙液を増やすのではないかと考えたそうです。
そ して実際に78人を二つのグループに分けてカフェイン摂取の実験を行いました。一方のグループにはカフェインの錠剤を、もう一方のグループにはニセの錠剤 を摂取してもらい、その後の涙の生産量を調べたところ、カフェインの錠剤を飲んだすべての被験者に生産量の増加が見られたそうです。
ただし、カフェインに対する刺激反応は人によって異なるようで、カフェイン代謝に影響する特定の遺伝子を持っている人には大きな効果があるようです。
ドライアイに悩んでいる人はコーヒーや烏龍茶など、カフェインを多く含むものを意識的に摂取してみると効果があるかもしれません。

目を温めると効果があること

目を温めるグッズは市販もされていて色々なものがあります。
簡単に出来るものは蒸しタオルで温める方法です。
目を温めるとどのような効果があるのでしょうか?
一番有名なものは、目の疲れが取れるというものだと思います。
目を温めると目の周りの血行がよくなり疲れが緩和され、更に自律神経の副交感神経の働きも活発になり、近くのものにピントが合いやすくなるため、老眼にも効果があると言われています。
もう一つ、効果があるのがドライアイです。まつ毛の生え際の内側にはマイボーム腺という油の出る分泌腺があります。
マ イボーム腺からでる油は目の表面に油層を作って、涙の蒸発を防いでくれる役目があります。しかしマイボーム腺から出る油の量が少ない人は、涙が蒸発しやす くなってしまいます。ドライアイの人は、このマイボーム腺の出口で油分が固まってしまっていることが多いのですが、目を温めることによって油分が溶けて、 油の分泌が活発になるのです。
そしてもう一つ、眼科で結膜下出血と診断され、早く治したい方にも蒸しタオルが効果があります。結膜下出血は何もしなくても通常2週間以内にはほとんど出血は吸収されますが、目を温めると少しだけ血液の吸収が促進されるそうです。
eyemask

パソコンと涙。

パソコン作業現在はパソコンやスマホなど、日常的に液晶画面を見続けることが多くなりました。パソコンなどを見続けると、”目が疲れる”とか”目が乾く”といった症状を訴えると思いますが、その原因のひとつとして”涙の質”が落ちてしまうということです。

 

 

涙の質というのはこの場合、目の表面を保護する『ムチン』という成分が減少しているということです。涙は「水層」「油層」「ムチン層」の3層に分かれていています。涙の水分を逃がさないように油層があり、ムチンは目の表面全体に水分をいきわたらせ安定して目の表面を守るよう働きます。ということは、ムチンが少ないとドライアイ症状が悪化する原因になります。

 

パソコン画面を見るといういのは、仕事上など欠かせないことではありますが、ムチンを減少させてしまう原因であるというのも事実です。やはり積極的に減ってしまったムチンを補うよう心掛ける必要があります。ムチンはビタミンAを摂取することによって、体内で作られやすくなります。また、オクラとか山芋とか粘々とした食品にもムチンは多く含まれます。

もちろん、画面を見る事をやめて目を休める”小休止”も忘れずに行いましょう!

寝ているときも、目が乾きます。

タイトルどおり、寝ているときも目の表面は乾きます。目を閉じてれば、目が乾くなんてことないと思えそうですが、実は違います。

目を開けて生活しているときは、目の表面が乾かないように絶えず”まばたき”をします。成人で1日約2万回、まばたきをします。目の表面にきちんと涙があると、外敵から目を守りったり、視力を出したりと役割を果たします。

では、「寝る」=「目を閉じている」状態で、なぜ目が乾くという症状がでるのでしょうか?

実は寝てしまうと、まばたきをしません。ですので、涙が目の表面にいきわたらなくなります。
この状態だと乾きますよね?!

目を開けたときに表面が乾くと、すぐさま目を守ろうとして自然にまばたきが行われます。
まばたきをすることによって、目の表面が常に潤った状態であるよう保つことになります。
数十秒、開けっ放しにしておこうものなら、目の表面がひりひり傷みだします・・

反面、寝ているときはまばたきがないので、目の表面が乾いても、まぶた自体が閉じられているので、外敵の侵入もないので、目を保護する涙は多少の分泌はされますが、起きているときより格段に量が減ります。

また、起床時にメヤニがひどい!!という方は、おそらく乾燥が原因によるものです。眼軟膏などを入れ込んで寝ると、改善されると思いますので、眼科医に相談してくださいね。