日本初★遠近両用+乱視用コンレクトレンズ

メニコン社よりついに発売となりました。

”日本初★遠近両用+乱視用コンレクトレンズ”です。

メニコン2WEEKプレミオ遠近両用トーリック

今まで乱視用コンタクトレンズを使用、年齢ととも老眼が発症してまいります。しかし、これまでは乱視用で尚且つ遠近両用というコンタクトレンズは日本に存在しませんでした。

乱視の矯正をとるか、乱視の度合いによっては遠近両用をとるか・・。どちらかを諦めると見え方は満足がいかない事もあり、煩わしさが残ってもメガネに切り替えたり等と非常に苦労された方も多くいらっしゃるはずです。

先日の「”ほぼ””使い捨てのハードコンタクトレンズ」に引き続き、メニコン社が開発をしたのが「メニコンWEEKプレミオ遠近両用トーリック」という製品です。この乱視も老眼も矯正する2週間定期交換レンズなのです。

メニコン遠近両用トーリック

メニコン2WEEKプレミオ遠近両用トーリックの特長

◆特長1 乱視+老眼の矯正を可能のにし、さらにハードコンタクトにも匹敵する酸素透過率シリコーンハイドロゲル素材を採用。ソフトコンタクトレンズの中でもトップクラスの性能です。

◆特長2 後面トーリックとダブルスラブオフデザインにより、しっかりと乱視眼にフィットし矯正視力を確保します。

◆特長3 丁度汚れが付着してくる2週間で使い捨てますので、レンズコンディション良好な状態で使用することができます。

メニコン2WEEK遠近両用トーリックを使うには、どうすれば良い?

まず現在(2019年2月時点で)はメルスプラン専用製品となります為、メニコン社が提供する「メルスプラン」を契約することが必要です。眼科を受診し、目のデータに合ったレンズをお渡しする流れとなります。

乱視の度合い等によっても見え方は変わりますし、適合しないケースもございます。まずはどんな見え方になるのか、メルスプラン契約前に院内で試していただくことができますからご希望の方は受付時にお申し出ください。

メニコン2ウィーク遠近両用が終了となります。

新しい製品が増えれば、それまでの製品も終了するのは仕方のないことですが、2017年3月末で、メニコン社「2ウィーク遠近両用」の製造販売が終了となるそうです。

2ウィークメニコン遠近両用特に遠近両用など、まだまだ販売種類が少ない製品だと、次に目に合うレンズを探すのに苦労される方も少なくありません。ご使用中という方は早めに、他に合いそうなレンズを試してみることをお勧めします。

同社レンズでは、メニコン2ウィーク遠近両用に替わる製品として「2ウィークメニコンプレミオ遠近両用」があります。高酸素透過性のシリコーンハイドロゲル素材、老眼初期から後期まで度数の調節幅も大きく、目に合うのであればスペック的には全く問題はなさそうです。あとは見え方の満足感等がきちんと得られるか、にありそうです。

いずれにしても入手ができなくなる前にいろいろ試して、目に合う製品を見つけるようにしてみてください。

1DAY「メニコンプレミオ」の処方開始です

【メルスプランご利用の方限定!!】
メニコン社の定額制プランをご利用いただいている方、限定でご利用できる「メルスプラン1DAYメニコン プレミオ」の処方を開始しました☆

女優の有村架純さんが宣伝中のこのレンズ。すでに2週間タイプでは多くの使用者の方に高評価を得ている製品の1dayタイプということで、使用感などにも期待ができそうです。

プレミオ1day性能の面でもプレミオシリーズということで、高酸素透過性のシリコーンハイドロゲル素材です。2ウィークタイプにはなかったUVカット機能も付帯しています。また、何といっても衛生面にこだわり続けているメニコン社ですから、レンズの取り出し方法も他のとはちょっと違います。

内面に触れないスマートタッチを採用しています。黒目に触れる部分には手を触れずにレンズを目に装着することができるのです。表裏の確認にも時間を掛ける必要はありません。

メルスプランに加入されているという方は、是非試してみて下さい。

ハードコンタクトレンズユーザーが使いやすいワンデー。

普段は断然、ハードコンタクトレンズ。酸素も良く通すし乾燥感もソフトに比べれはとっても少ないし、視界もクリア~。

ですが、「ちょっと運動したい!」

というときにハードコンタクトレンズは大変不向きというのはご周知のとおりで、こういったケースでは一時的に使い捨てのワンデーコンタクト使用される方も多いのです。(ちなみに、使い捨てと名のつくレンズは全てソフトコンタクトレンズになります)

ただ、ハードレンズを普段使用している方にとって、ソフトレンズの「表裏を見分けること」や「サイズが大きくて水分を含むので装着しにくい」といった点は時間がかかってとても面倒なことなのです。いつもと勝手が違いすぎて・・・って具合ですかね。

しかし、この点を解決してくれるワンデーコンタクト。実は数年前からあるのですよ!

メニコンマジック形状それはメニコン社から発売されている「メニコンマジック」という製品です。

暑さ1mmのシート状に保存されていて、従来のような保存液が入ったブリスターにレンズが浮かんではいないのです。コンタクトレンズの内面(黒目と接触する面)が必ず下になって入ってるので、あの茶碗型のとがり具合で表裏の判別に悩む必要がありません。
メニコンマジックまた、眼科としては指がレンズの内面に触れにくく清潔な状態のレンズを目に入れることができるので、衛生面の観点からも非常にクオリティの高いものです。

ハードコンタクトとの併用で一時的に使用するということであれば、酸素透過率の低さは装着時間の短さでカバーできそうです。

プロテオフは、緑のパッケージ「O2ケア」と組み合わせます。

メニコン社から出ているハードレンズ用ケアシステム。薬局薬店、スーパーやコンタクトレンズ販売店など様々な場所で見かける露出度の高い製品です。
抗菌アミノソラ

似たパッケージで色違いで3色。緑とピンクと水色のタイプがあります。微妙にこれらは成分や使用方法が異なります。ミルファ

対して、この酵素液のプロテオフ。これはタンパク酵素剤です。2液タイプに対応している「緑」のこのパッケージのO2ケアと組み合わせて使う必要があります。そして、ピンクや水色のパッケージの液に混ぜて使うことはありません。ピンクや水色のパッケージの「ミルファ」や「アミノソラ」はすでに酵素剤が混ざった1液タイプになっています。

O2ケア酵素剤の効果としては、プロテオフのように2液タイプの方が汚れ落ち効果は高いとされていますが、毎日液を垂らすのが大変・・という方には1液タイプが向いています。どちらのタイプの指で擦って汚れを落としますが、液剤の状態が緑のO2ケアの方が使いやすいという感想を持たれるユーザーの方が多いようです。毎日のケアで使用するものですので、使いやすいものを選択されると良いでしょう。

メニコンMAお疲れ様でした。

メニコン社より発売されていたメニコンMAの販売が、2016年3月をもって終了することとなっています。1988年(昭和63年)に発売になって以来、長年愛用されてきたという方には残念なお知らせです。

近年は酸素透過率の高いシリコーンハイドロゲルレンズをはじめ、使い捨てや定期交換タイプのコンタクトレンズが主流となり、どのメーカーの製品でも従来型と呼ばれるソフトコンタクトは姿を消していっています。
MA
長きに渡ってユーザーが離れなかった理由として、「表裏」のマーキングが濃く鮮明に表示されていたという事が挙げられるのではないでしょうか。
右の写真のように、メニコン社のマークとベースカーブを表す数字が青い字で明確に記載されています。特に年配の方ですと、これを頼りに見分けているというお話もよく耳にします。

では、生産終了後はこういった明確なマーキングがあるものは?!というと、マーキングというよりは形自体が裏返しだと変形するという形状で作られたコンタクトが出てきています。

例えば同社の2ウィークアテンションは表裏が一目瞭然です。マーキングを見ずとも判別が可能です。酸素透過率以外の利点を重要視してMAを選択されていたということであれば、今後の参考になさってみてください。

ただし、酸素透過性の高い製品が目に合うようであれば、そちらを使用する方がやはり目の負担を考えると適切です。そして長年活躍してくれたMAにはお疲れ様でした☆と言ってあげたいところです。

高評価☆国産品の遠近両用コンタクト

食べ物は勿論ですが、国産品にこだわりまくっているA子です。

プレミオ遠近両用昨年12月よりメニコン社から新しい遠近両用コンタクトレンズ「2ウィークプレミオ遠近両用」が登場しました。すでに単焦点、乱視用なども出ていて快適に使用されている方も多いプレミオシリーズの一員です。

当院でも早速処方を開始して1ヶ月。一番に申し上げたいのは「国産!」←A子一押し。品質・安全性を考えると日本製が一番です。そして、製造度数の範囲が広いのもありがたいです。+5.00~ー13.00という度数が用意されています。さらに酸素をよく通すシリコーンハイドロゲル素材、2週間快適に使える確率は高いといえます。

初めて遠近両用にされた方、また他社さんの製品と比較の為に試された方、使用感などを伺ってみると結構高評価な返答をいただきます。遠く、近くともに不便がなくなったと。

また、コンタクトレンズは目に直接入れるので、合わなければ違うものにチェンジしないと日常生活にも支障をきたします。そのため、ダメだ~!と思われると、皆さん早急に再診されるのですが、このプレミオ遠近両用に関してはその頻度が極めて少ないのが当院での現状です。そうすると、100%満足とは言えなくても「現状よりはよくなった」「違和感・不便なし」という評価をされている方が多いという事ですね!

まだまだ開発段階の遠近両用コンタクト部門ですが、一歩抜き出る存在になるやもしれません。

【メニコン2ウィークプレミオ遠近両用:医療機器承認番号:22300BZX00094】

メニコンRei、2WEEK乱視用もあるのです☆

現在、女優の有村架純さんが宣伝をしているメニコン社の「メニコンRei」という2WEEKタイプのコンタクトレンズがありますが、今月から乱視用も処方開始しました。カラー・サークルタイプのコンタクトを使用したいが乱視があって無理して別のものを使っていた・・!コストがかかるけど、ワンデーにしていた・・!という方にはちょっと気になるところです。

メニコンRei以前、ワンデーアイレリアルトーリックという乱視用サークルレンズが国内初で市場に出ました。女性患者さんの来院率が高いさくら眼科では、いち早く処方ができるように用意しましたが、今回はワンデーではなく2WEEK版です。

メニコンReiパッケージメニコン社国内工場での製造ということもあり、品質的な安心度はかなり高いと思われます。ネットなどで海外製品をわからないまま購入して、目に入れてしまっている!!という方もいらっしゃるくらいなので、これでしたら問題なく使用していただけると思います。

製品は非イオン性の素材を用いているので汚れがつきにくいのも特長です。そして、何といっても乱視用のレンズには必ずといってよいほど確認がしにくい乱視の「ガイドマーク」なるものがひと目でわかるので、装着もラクラクです。もちろん、形がしっかりしているので表裏の確認も容易です。

目に異常がなければ実際に着け試しすることもできますから、ご希望の方は診察を受けてみてください。

※ただし目の状態はもちろん、乱視の度数・方向によっては処方を断念するケースもありますので、その点はあらかじめご承知おきくださいね!

医療機器承認番号:22600BZX00057000
メニコンRei

メニコンマジックは、旅行に大活躍☆

メニコンマジック以前にも何度かご紹介したことはありますが、メニコン社から出ている1DAYタイプのコンタクトレンズ「メニコンマジック」は携帯に便利!!というのは特筆すべきところです。

年末年始などの長期の休みに、ちょっと多めにポーチにレンズを入れても荷物がかさばることがありません☆暑さ1mmという特長をもったレンズは他に類似品はありません。(まだ乱視用は発売されていないので、近視の方のみなのが残念・・。)

特に海外などへいくと、水などを含めて衛生的に不安が残るというハードレンズユーザーの方でも、こういった場合は数日間だけワンデータイプにされる方もいらっしゃると思います。そういった際に、普段ソフトレンズを使用していない方でも裏表の確認が非常に簡単になっているので装着にかかる時間もグッと短縮できます。

もちろん、毎日の持ち歩きにも役立ちます。何よりスペアがすぐに手元にあるという安心感が良いですね!

メニコンマジックが、衛生的な理由。

メニコン社から今年発売になった、
マジック メニコンワンデーフラットパック。
メニコンマジック フラットパック

 

 

 

 

 

この薄さというのが、他のコンタクトレンズとは違う!!というのが
特長のひとつでした。

しかし、眼科側からの意見では
薄さよりも ”衛生面” について高く評価をしたいと思っています。

通常コンタクトレンズは保存液の中に浮いていますので
簡単に裏表がひっくり返ります。

ですので、目に入れる前に
指でレンズをひっくり返したりして
正常な形にしてレンズを目に入れます。

その際に、レンズの外面・内面かまわず
ひとまず指で触れることになります。

しかし、マジックの場合はレンズが保存液の中に
浮かんではいません。

必ず、手に触れない面がシートの内側にプレスされています。

角膜(黒目)に直接レンズが触れる面に触ることなく
コンタクトレンズを装着することができるわけです。

石鹸での手洗いを徹底したとしても、
指でレンズを触った面とそうでない面では
やはり差が出ます。

また、ソフトコンタクトレンズの表裏を確認する手間も
省けて、大変使いやすいワンデーです。

眼病予防の点から見ても、コンタクトレンズを使われる方には
お勧めさせていただきたい製品ですね!
(もちろん、メガネの方ができれば良いのですが・・)