白内障とは?

みなさん、こんにちは。

寒くなってきましたね。体調に気をつけてお過ごしください。

さて、今回のテーマは白内障です。

白内障とは?

目の中には水晶体と呼ばれる透明なレンズが入っています。水晶体が光を通して網膜に像を映し出します。この水晶体が濁ってきて、光が通らなくなり見えにくくなるのが白内障です。

水晶体が濁ってくると、かすんだり、物が二重になったり、まぶしく感じるなどの症状がでてきます。

白内障の原因で最も多いのが加齢によるもので老人性白内障と呼ばれます。

老人性白内障は、目の病気というよりは、一種の老化現象と言えます。早い人では40代から白内障が現れることもあります。

加齢性以外のものでは、先天性のもの、アトピー、外傷、虹彩毛様体炎などの炎症に続いて起こるものなどがあります。

白内障の治療

一度濁った水晶体は元の透明な状態には治りません。

そこである程度進行したら、手術で濁った水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入する方法が一般的です。

また、白内障がごく初期の状態では、目薬で進行を遅らせることができる場合もあります。目薬で白内障を治したり、完全に進行を止めることはできません。

手術方法について

手術は局所麻酔で行います。黒目と白目の境に3mmの傷口をつくり、その穴から管を挿入します。

水晶体を超音波で砕いて、掃除機のように吸い取ります。そして、また3mmの穴から人工レンズを入れ込みます。

手術時間は10~20分程度と短く、日帰り手術も多いです。

かといって、短く簡単で100%安全な手術というわけではありません。やはり外科的な処置を行うことになりますので、手術の合併症が生じ、重篤な視力障害が残る可能性もありますで、よく医師と相談して決めてください。

また、白内障がかなり進行し、砕くのが難しい場合にはほかの手術方法になることもあります。

白内障術後は安定するまで数週間~数か月かかることがあります。今まで使っていたメガネの度数が合わなくなっても、安定するまでは様子を見ます。

後発白内障について

術後、眼内レンズの後方(後嚢)が濁ってくる場合もあり、その場合はレーザーで処置することもあります。

 

見えにくくなってきた、かすむ、白内障かな?と思ったら、早めに眼科の受診をおすすめします。

 

 

白内障手術をしたら元気になった!

今では日帰りでもできるようになった白内障の手術。しかし、手術を受けるというのはどうしても大きな決断であることは間違いありません。とくに高齢の方の場合、どうしようかと悩まれる方も多くいらっしゃいます。

おばあちゃん見えにくいので外出するのもちょっと怖い感じもするし、綺麗な景色とかを見てもあまり感動的に思えないなど、見えにくいということが影響して、気分が内向的になってしまって自宅でじっとしてしまうというケースもあるのです。

しかし、白内障の手術で「見える」を手に入れることによって、階段や信号などが見えにくくてという理由で恐怖感があった外出への考え方も変わってくるはずです。外出が増えれば、歩いたりすることで自然と運動量が増えますから健康にも大変効果があります。日常生活でもテレビをみたり、本を読んだりするのもより楽しく感じられます。また、食事も色鮮やかに見えるようになるので、美味しそうに感じて食欲もわきます。

このように、「見える」というだけで自然と毎日の生活が楽しく感じられて過ごせるようになったというお話もよく耳にします。もし、徐々に進行した白内障のせいで「よく見えない」という状態になられていて、日常の生活に不便を感じられるようでしたら、ちょっと勇気を出して手術を受けてみると良いかもしれません。

白内障手術は日帰りor入院?

医療技術の進歩で、今や白内障の手術は日帰りでできるようにもなりました。大抵の白内障は年齢とともに発症しますので、年配の方が手術を受けられことが多いのです。

当院でもついに手術をすることにした患者さんより、よく質問を受けることがあります。それは「白内障の手術は、日帰りが良いの?入院が良いの?」ということです。

病院どちらでも、手術そのものに差はありません。

違いと言える点は、術後の生活面でのことでしょうか。手術が終わって日帰りしても、数日は通院して経過を診る必要があります。そのため、

・足が悪いので毎日の通院が困難
・一人暮らしで食事や身の回りの世話をしてくれる人がいない
・他にも大きな病気を抱えている
・術後の合併症などに不安がある…etc

といった事情がある方は、入院を選ぶ傾向にあるようです。ご自身の体調やご家庭の事情を考えて無理のない選択をされるのが良いと思われます。

白内障手術後の”見える”について。

加齢とともに進んだ白内障。手術をすれば見えるようになるよ!と耳にされることも多いと思いますが、その「見える」という意味を考えてみます。

視力年齢が進めば「遠近両用メガネ」を使う方も多いのですが、これは老化により様々な見たい距離にピントを合わせにくくなってしまうために必要となります。この機能そのものは白内障の手術では治りません。

日常生活をしていて様々な距離のものを見ますよね。例えば、

*車の運転をするようなとき、数メートル先の看板などちょっと離れた距離のもの見たりするとき(遠く)
*部屋の中で生活するときやデスク上の範囲くらいのものを見るとき(中間)
*手に持った新聞や携帯・スマホなどの画面くらいの距離のものを見るとき(近く)

といった感じです。

健康保険の適用で白内障の手術をした場合、現在では大まかにこれらの3つのうち、どこの距離にピントを合わせて見えるようにするかを決めてもらうことになります。

仮に(遠く)にピントを合わせた状態で手術を終えると、(遠く)は良く見えるようになりますが、特に(近く)は見えにくい状態が残りますので、白内障の手術後には老眼鏡が必要となるといった具合です。

いわば、どこか見たい距離を1つしか選ぶことができないのです。ほとんどの方は(中間)くらいの距離が見えるように合わせてもらって、遠近をそこそこ見えるようにしておくという方が多いようです。

また、近年では健康保険の適用でなく【全額実費】であれば眼内に遠近両用レンズや3焦点レンズなどを入れてすべての距離にピントを合わせることもできるようです。高額になりますので、先進医療保険などに加入をしていて適用になれば補助が出る場合もあります。その点に関してはご自身の加入している医療保険の内容を確認されると良いでしょう。

最近化粧が濃い!と言われたら要注意。

年齢とともに老眼も始まるし、近くの物が見えにくくなるのは仕方の無いことです。もともと遠視眼だと、症状は早くから現れます。

ですが、もともと軽い近視がある方は手元にはピントが合っている状態になります。こういった方が「最近、お化粧が濃い」という指摘を家族やお友達から指摘を受けたら「白内障」のサインかもしれません。

白内障にかかると、眼の中にあるレンズ(水晶体)の部分が白く濁ってしまうため、視界も白くモヤがかかったように見えます。加齢性の白内障であれば80歳になればほぼ100%の人間かかる病気ではありますが、初期の頃は白内障になっているという自覚がないという方も多いのです。劇的な変化ではなく、徐々に白いモヤがかかるので昨日との見え方の差があるかなんて言われても比較できません。

そのため、本人はいつもと同じようにお化粧をしているはずなのに、チークやアイシャドウの色が薄く見えてしまい濃い仕上がりになってしまうのです。

化粧品化粧品2

正常な方が見た場合、左の写真のようにハッキリと見えますが、白内障の方が見ると右の写真のように白っぽくボンヤリと見えています。

白内障かどうかは、検査を受ければすぐに結果がわかります。もしや・・と思い当たる方は眼科を受診してみてください。また、「光がまぶしい」「物が2重に見える」といった見え方も白内障になると出現する症状のひとつです。

ビタミンCと白内障の予防。

白内障は老化現象のひとつでもあり、年齢とともに発症するのは避けて通ることはできません。しかし「予防」という意味では、ビタミンCを摂取することが有効です。

白内障を悪化させる原因のひとつに、「紫外線」が挙げられています。紫外線を浴びると活性酸素が発生して、水晶体にもともと存在するたんぱく質やヒアルロン酸成分に異変が起こります。これらが白内障の原因になっています。

活性酸素を除去するために、目の中にある抗酸化作用を持つ成分「ビタミンC」が応戦に出ます。ですが、ビタミンCが不足している方とたくさんある方では防御力に差がでます。これが白内障の進行や早期の発症に影響します。そのため、ビタミンCをしっかり摂取していれば、白内障の予防につながるというわけです。

ビタミンCは水溶性ですので、長時間体内にとどまることはできません。一度に大量摂取ではなく、こまめに補給することが好ましいと言われます。よくテレビのコマーシャルなどで言われる1日1000mgは健康を維持する目安ですが、「予防」という観点で考えると2000~3000mgの摂取を目標とすると良いです。

リポ-カプセルビタミンC当院でも、効率よくビタミンCを摂取できる「リポーカプセルビタミンC」をとり扱っています。吸収率が一般のサプリメントなどに比べ約2倍となっています。ご希望の方は受付までお申し出ください。

桜の美しさを楽しみましょう!

さくら先日、船橋からも程近い駒込の庭園に桜を見に行きました。
しだれ桜やソメイヨシノが満開で、本当に綺麗でした。

デジカメを持って、写真をとるも目で見る繊細な桜の色とデジカメに写った色では 微妙に違いがあります。
人間の目で見る色の解像度って、すごい!としみじみ思います。

白内障を患っている祖母は、目の中のレンズ、水晶体そのものが白く濁ってしまっていて、
見え方がにじんでいたり、眩しかったりもありますが、色も鮮明な状態ではありません。

桜のような繊細な色もくすんだように見えてしまいます・・。

これを治すために近年では、白内障手術も日帰りでできる施設も増えてくるなど
医療は発達してきています。
水晶体は徐々に濁り、固くなっていきますので
当人にとっては変化があったのかなかったのか、なかなか自覚症状として
気がつきにくいところもあります。

ですので、手術後のすっきりとした鮮明な景色には
きっと感動されることと思います。

是非、四季折々の季節を感じてみてください。

運転免許更新に、必要な視力はでますか?

普通運転免許の更新の際、必要な視力は
片目で見て0.3以上、両目で見て0.7以上とされています。

ご自身のメガネを掛けても両目で0.7に満たないと
「眼科へ行って下さい」
と、指示を受けると思います。

眼科で視力を測り、
メガネやコンタクトレンズをして
視力が矯正できれば、問題ありません。

すぐに新しいものをつくって
再度、免許センターで検査を受けましょう。

しかし、メガネやコンタクトレンズをしても
”視力が出ない”という方がいます。

年配の方に特に多いのが

「白内障」が原因で、視力が出ない。
ということです。

白内障の場合、だんだん水晶体という目の中のレンズが
白く濁っていき、視力が出にくくなる。
というものです。

最近ちょっと目がかすむなぁ~・・と
思っていたのに、結構症状が進んでいるという方もいらっしゃいます。

「え、白内障で視力が出ない。メガネやコンタクトレンズを作り替えても
意味がない」

「では、運転免許は更新できるの?!」
と、質問を受けますが

答えは「白内障を治療すればできます。」

白内障を【治す薬】はありません。
水晶体を入れ替える【手術】を受ければ、治すことができます。

最近では、日帰り手術などを行っている施設もありますので
免許を更新するための視力をを得る為に
少し、選択が必要になるでしょう。

白内障手術は何歳まで受けられる?

年をとれば、白内障になる!というのはご周知のことですが、
何歳までなら受けられる??とか、
お考えになられたことはなりますか?

白内障は一種の老化現象だし、
あと何年か?くらいの寿命なら我慢してしまおうか・・

など、いろいろお考えはあるのではないでしょうか。

 

当院から紹介をさせていただいている病院さんでは、
100歳を超えても白内障の手術をされたという患者さんの
お話も耳にします。

何歳までしかできない!!という年齢的制限は
やはりないようで、「健康で手術に耐えうるかどうか」ということが
重要のようです。

メガネやコンタクトレンズもそうですが、
何歳から使ってもよいか?という決まりはなく
使う本人が管理できるか、が重要ですね!

 

しかし、年齢が進むにつれて
体力も徐々に落ち、合併症を併発ししたりするリスクも
高まりますので、
60~70歳くらいを目安に受けられるほうが良いと考えられます。
目の手術といえど、全身が健康体である必要があります。

今では、日帰り手術を行っているところもあり、
何日も入院したりする負担というのも
少なくなってきています。

何事も元気で、自分でできるうちに行っておくと良いですね!

目で見る事により、沢山の情報を手に入れる事ができます。
物が見えない事がストレスになり、うつ病にかかるとも
言われますから、きちんと視界は確保しておくことが大切です。

白内障は、目薬では治りません。

【白内障】と診断されて、
先生から目薬が処方された方は多いと思います。

カリーユニ点眼液

 

 

 

しかし、これは白内障を『治す』お薬ではありません。
『進行を遅らせる』目薬なのです。

薬を点眼しているのに、良くならない!
と、勘違いされていらっしゃる方はいませんか?

もう一度申し上げますが、
白内障のお薬は、治すものではなく
進行を遅らせるためのものです。

なので、点眼したからといって、症状がよくなるわけでは
ありません。
白内障は、ゆっくりではありますが点眼をしていても
進行を続けます。

 

根本的に白内障を治すためには、『手術』が必要です。

また、白内障と診断されても
目薬を使わない方もいらっしゃいます。

ぼやけた視界とおつきあいするよりは、進行を遅らせずに
手術が出来るくらいまで進行させ、
早くスッキリとした視界を手に入れてしまう!
というのも方法の1つです。

どちらの方が、ご自身にとって良い選択なのか。
それぞれ生活スタイルもありますから、
よく考えて先生と治療計画をたてるとよいでしょう。