緑内障は失明に至る病気です。

【緑内障とは】

眼圧が上がることにより視神経が圧迫され、長期にわたってこの状態が続くと次第に視神経が萎縮して見える範囲「視野」が狭くなり、最悪の場合は失明に至る怖い目の病気です。日本では40歳以上で約5%、20人に1人の割合で緑内障にかかっている方がいることになります。

【病気の症状】

初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。視野が欠けたのに気が付く、自覚症状が出たときにはすでに進行しているケースが多く見受けられます。初期段階で緑内障にかかっていることを発見するためには、定期的な眼科での検査が大変重要とされます。

緑内障

また、急性の場合は突然眼圧が上昇して激しい眼痛、頭痛、充血、かすみ目などの症状が起こり一瞬にして失明に近い状態になることもあります。

【治療は一生続けます】

緑内障と診断されたら、残っている視野を確保するために基本的には毎日欠かさず眼圧を下げる目薬を点眼するという治療を続けることになります。一生のお付き合いになります。点眼治療をしても眼圧が下がらない場合は緑内障の手術をしますが、あくまでも眼圧を下げるために行うものであり、萎縮した神経(すでに欠けた視野)を復元するものではありません。一度萎縮した神経はどんな治療をしても元どおりにすることはできません。現在残っている視野を出来る限り確保するようにします。

【緑内障の予防法】

これをしておけば100%問題なし、という決定的な予防はありません。しかし、眼圧を上げてしまう副作用のあるステロイド剤の長期使用を避ける。十分に栄養、運動、睡眠をとり規則正しい食生活を送る、禁煙、アルコールの過剰摂取を控えるなどちょっとした日常生活の改善が眼病の予防にもつながると言われています。

【白内障と勘違いしては危険です!】

緑内障と白内障。名前は似ているところはありますが、白内障はほとんどの場合が老化現象によるものです。白髪と同じように年をとれば誰でもかかる病気です。白内障は手術をすれば治ります。緑内障と診断されたのに、白内障を勘違いしていたとなったら大変なことになります。病名を勘違いしないよう十分に注意するようにしましょう。

目の疲れだと思っていたら、重大な病気が隠れていた。

【年齢のせいか、最近目が疲れる・・。】

まだまだ仕事を現役でされている40歳から50歳くらいの方なら、自然にこのように思われるのではないでしょうか。

【きっと老眼だろう、パソコン仕事だから仕方ないかな・・】

確かに診断の結果、こうなることが多くあります。

しかし、年齢が重要因子になる眼精疲労、とくに中高齢の方の場合には

1、緑内障

2、乱視

3、老眼

という順番になります。

緑内障目の疲れで「緑内障?!」と思われる方も多いと思うのですが、40歳以上の方が眼精疲労を訴える場合、眼圧や視神経乳頭など念入りにチェックし、緑内障が原因で「目の疲れ」という症状として表れていないよね?!ということをまずは確認する必要があるのです。

緑内障は最悪の場合は、失明にまで至る病気です。知らないうちに視界が欠けてくるところが恐ろしいのです。

ただ、「疲れるな~・・・・。」くらいの症状のときに実は罹患しているという危険があるわけですからビックリしますよね。

また、2番目に挙げられる「乱視」も単純に度が変わっただけではなく、「物がぶれて見える方向」が変わってしまうこともあります。これも加齢に伴う変化で、長年使ってきたメガネを掛けることで更に乱視の見え方を悪化させることになっているケースもあります。

ただの「疲れ」と思っても、年に1度は健診を受けるようにしておくことが安全策というわけなのです。

緑内障予防にルテインの摂取は効果的?

緑内障とは、眼圧が高くなったりすることが原因で視神経に異常をきたし、視野(見える範囲)が欠けてしまう病気です。緑内障にかかるのは遺伝的なものや外部からの衝撃、ストレスなど様々な要因が挙げられます。

緑黄色野菜また、ルテインとは緑黄色野菜などに含まれる「カロテノイド」という栄養成分の1つです。優秀な抗酸化作用をもつ成分で、目の中ではとりわけ黄斑部や水晶体に存在しています。近年、デジタル化した社会ではブルーライトをはじめ紫外線など有害な光を浴びる機会が増加傾向にありますが、ルテインにはこれらの有害な光により発生する活性酸素の除去や不必要な量の発生を防止する働きがあります。

ここで緑内障との関連についてお話しますと
まず、「ルテインは緑内障を治す薬ではない」ということをご承知おきください。

しかし、ルテインの持つ優秀な抗酸化作用が予防や改善には役立つのではないかと思われます。

緑内障と診断されると、基本的な生活習慣についても改善するよう眼科の先生からお話があると思います。食事、運動、睡眠時間などです。そんな時に「目を守る」「目に必要な栄養を摂取する」という点で、ルテインは非常に効果的な成分なのではないでしょうか。

目薬で目の周りが黒くなる?!

長期的に使わなくてはならない緑内障の治療薬には、目の下が黒ずんでしまうという副作用があります。

ルミガントラバタンズ・ルミガン・キサラタンなどのプロスタグランジン系点眼薬は、緑内障治療の本来の目的、【眼圧を下げる】ということには非常に効果が期待できる目薬なのですが、皮膚に付着すると黒ずみの原因となるのです。

目の周り、特に下まぶたのあたりが黒っぽくなってしまうケースが多いのです。これは、目からこぼれた目薬の成分が皮膚に付着して起こります。

そのため、毎晩1回の点眼は「お風呂の前」にすることをお勧めします。

緑内障の方が眼圧を下げる薬を点眼するのをやめることはできません。皮膚への黒ずみという副作用がでないよう、シッカリとまぶたのあたりについてしまった目薬の成分は洗い流すようにします。

また、美容目的で「ルミガン」をまつ毛の育毛剤として利用されているという方も、同じように成分が皮膚に付着すると黒ずみますから、十分ご注意ください。市販で購入できるようなまつ毛美容液も同様ですよ。

高眼圧症

眼圧の正常範囲は10~20mmHgとされていますが、健康診断などで眼圧を測定し数値が高いと緑内障の疑いがあると指摘され、眼科での精密検査をすすめられます。

緑内障は眼圧が高くなることによって視神経が圧迫され、損傷することで視野が欠けるなどの症状が出てくる病気です。
しかし正常である眼圧値を超えていても、視神経の異常や視野の欠損といった緑内障の症状がおこらない人もいます。「高眼圧症」と呼ばれています。

ただし、高眼圧症と診断されても緑内障に移行する場合もあります。高眼圧症の患者さんの中で緑内障になる方は10年の経過で10%程度と言われていますが、緑内障の予備軍ではあるため、定期的な眼圧検査や視野検査などが必要となってきます。
自覚症状がないため、定期的な検査を受けなくなってしまう方もいますが、自己判断でやめてしまうとその間に症状が進行してしまっていることもあるので、必ず定期的に検査を受けるようにしましょう。
眼圧検査
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

睡眠と緑内障の関係。

「夜に良く眠れていますか?」という質問に、「ちゃんと眠れている」「わからない」とか様々あるとは思いますが、睡眠と緑内障には深い関わりがあるということが解明されてきています。

睡眠「睡眠時無呼吸症候群」という病気を耳にされたことがあるでしょうか。

その名のとおり、寝ている間に呼吸をしていない時間帯があるということです。この病気を患っている患者さんが緑内障を発症する確率は、正常な人の約10倍もあるということがわかっています。

緑内障になる理由として、寝ているときに呼吸が止まって窒息するような状態であれば眼圧も上昇して緑内障を発症させると仮説されていましたが、実は眼圧は下がっているとの研究結果が出ています。
睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、眼圧が直接的な原因ではなく、呼吸をしないことによる【低酸素状態】が、視神経細胞にダメージを与えているのではないかということなのです。

では、睡眠時無呼吸症候群にかかっているのかどうかについては、寝ている間の出来事ですので自分で気がつくということはほぼありません。家族からいびきのことを注意されたりする、夜はちゃんと寝ているはずなのに日中眠くてたまらない、などをきっかけに専門機関での検査を受けることで判明します。日本には200万人程度の潜在的患者がいるとも言われていますから、注意が必要です。

緑内障にもブルーベリー摂取が効果的。

緑内障になってしまった時、眼圧をコントロールするために点眼治療を開始することになるのですが、その他に点眼薬以外に何かプラスして目に良い事はできないか?というご質問を頂くことが結構あります。

ブルーベリーもし、何か緑内障の進行を抑制するためにということであれば
【ブルーベリー】をおすすめします。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンという成分は、疲れ目などに良いというのは多くの方がご存知のようですが、このアントシアニンは血流を良くする作用があります。血流が良くなれば目に必要な栄養分や酸素などがいきわたり、緑内障に関係する視神経をはじめとした各組織の細胞強化にもつながるというわけです。

とある実験においても、視力障害のある患者さんにブルーベリーを半年間飲めば、ほぼ全員の方に網膜の血流量が増加したという報告もあるようです。

当院でも取り扱っているワカサ生活さんの「ブルーベリーアイプロ」は特許を取得した製法で通常のブルーベリーサプリより、吸収率が約2倍も高い製品になります。粒の飲みやすいソフトカプセルで1日1粒が摂取の目安量となっています。

※ブルーベリーアイプロは、2017年5月にて当院での取り扱いを終了しました。

緑内障とコーヒー。

「緑内障の方がコーヒーを飲むと良くない。」

コーヒーと緑内障

というお話を聞きますが、これは極めて大量に摂取したらという事に限定されます。主にコーヒーに含まれる「カフェイン」が眼圧を上げてしまうからというのが理由です。コーヒーに限らず、カフェイン入りに気をつける必要はあります。

では、実際に眼圧を上昇させるほどの量はどのくらいなのでしょうか。

とある大規模な実験で、カフェインを200mg以上摂取した方と未満の方で大きく眼圧の上昇に差が出たという結果が出ています。これを基準値として考えると、

一般的なカフェインの含有率(カップ1杯150ml)は、
★コーヒー(レギュラー) 150mg
★コーヒー(インスタント) 70mg

★緑茶(玉露) 180mg
★紅茶 70mg
★緑茶(煎茶)30mg
★ウーロン茶 30mg

手軽に買えるコンビニの缶コーヒーくらいのものであれば、2~3本までの摂取に留めれば問題はなさそうです。全く摂取がダメ!という訳ではないと考えられます。

緑内障と診断されたら…

緑内障とは、モノを見るのに大切な目の視神経という部分に異常が起こり、目から入ってきた情報を脳にうまく伝えることができなくなり、視野や視力に障害が出る病気です。
緑内障の多くは、何らかの原因で眼圧が高くなって視神経が圧迫されてしまうことが主な原因だとされています。
日本では失明原因の第1位でもあり、40歳以上では20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいると言われています。

緑内障と診断され治療を開始したら気をつけること、それは処方された薬を正しく使用し続け、必ず定期的に検査を受けることです。緑内障の治療は現段階では治すものではありません。進行を食い止めるものです。そのため、目に見えて症状が改善したりといった結果が見えず、自己判断で治療を中止してしまったり、忘れてしまったりする方が多いようです。
せっかく初期段階で治療を開始しても、放置してしまえばその間にも確実に緑内障は進行してしまいます。

緑内障は早期発見がとても大切な病気です。失明原因の第1位ではありますが、早期発見によって適切な治療をおこなうことでその危険性を減らすことができます。初期段階では自覚症状のほとんどない病気のため、特に40歳を過ぎたら眼科での定期的な検査をうけるようにしましょう。
ganka_kensa
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

緑内障

私たちがモノを見るには、視神経という組織がとても大切な役割をしています。
緑内障になるとその視神経に異常が起こり、視野が狭くなったり、部分的に見えない部分ができたりするなどの視野障害を引き起こします。
視野障害が進行していても、人は通常二つの目で見ているため、お互いの視野をカバーしてしまい、かなり進行するまで自覚症状が出ないことが多いようです。
現在、日本人における視覚障害の原因疾患の第1位は緑内障です。治療をせずに放っておいてしまうと、失明につながるおそれがあるこわい病気なのです。
一度障害を受けた視神経は元には戻らず、失われてしまった視野も元に戻すことができません。
しかし、緑内障は早期発見で治療を開始すれば、多くの場合で進行をかなり遅らせることができます。
最近では40歳以上の人の20人に1人が緑内障であると言われています。しかし実際に治療をしている人は2割程度と少なく、約8割の人がまだ緑内障と知らずに生活をしているようです。
自覚症状がほとんどない病気のため、早期発見・早期治療をするためには目の検査を受けるしか方法はありません。
大切な目を守るためにも、特に40歳を過ぎたら、眼科での定期的な検診を受けることをおすすめします。

ganka_kensa
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ