先天性赤緑色覚異常について

みなさん、こんにちは。

残暑が厳しい時期になりましたね。

最近、学校での色覚検査の再検査での来院の方も多いので、今回は先天性の色覚異常についてのお話です。

色覚異常って何?

色覚異常とは、多くの人とは色の見え方が異なることです。

通常、網膜には3種類の錐体細胞があり、これが働くことによって、脳に色の情報を伝え、色の感覚が起こります。

この錐体細胞には、赤に反応するもの、緑に反応するもの、青に反応するものがそれぞれあり、色の3原色の組み合わせによって様々な色を認識できます。

先天性色覚異常の場合、これらの3つの錐体細胞の内、どれかが機能していなかったり、機能していても不十分な状態を指します。

先天性色覚異常はその程度や、異常のある錐体の種類によって、名称が細かく分かれていますが、中でも、特に多いものがいわゆる先天性赤緑色覚異常です。

先天性赤緑色覚異常とは

学校の再検査などで異常が見つかる場合も多くはこの種類の色覚異常です。

これは、赤や緑に反応する錐体細胞に異常が見られるものを指します。

先天赤緑色覚異常では色がわからないとか、白黒に見える、ということではなく、見分けにくい色の組み合わせがいくつかある状態です。

例えば、赤と緑、オレンジと黄緑、ピンクと水色、赤と黒、青と紫などの色が見分けにくいと言われています。

どの色を間違えやすいのかは個人によって差があるので、理解することが

大切です。

また、色覚以外の視力や立体視などは正常です。見えなくなる、ということもありませんので、間違いやすい色を認識し、対策を講じることが重要です。

どんな検査をするの?

当院では、石原式色覚検査表とパネルD15という2つの検査をして、診断を行います。

石原式色覚検査では正常かそうでないか、おおまかに振り分けます。

パネルD15テスト(色相配列検査)ではどんな種類の色覚異常か、ということを詳しく検査していきます。

 

色覚異常は、職業によっては制限があります。就職活動時に初めて発覚することもありますので、色覚異常かどうか気になる方は早めに眼科を受診することをおすすめします。

自分では気が付きにくい色覚異常

【色覚異常とは?】

一般的に男の子に多いといわれる色覚異常。日本では男の子の20人に1人の割合で発症しているとされています。もちろん、物が見えないわけではありません。生まれつき色の見え方がちょっと他の人と違います。先天色覚異常は生まれた時からの見え方なので、本人にとっては生まれてからの色の見え方が異常なのかどうか?自分自身で判断することが非常に難しいものです。

大抵は学校で行われる簡易的検査で指摘され、初めて気がつくケースが多いようです。指摘を受けた場合はすみかやに眼科を受診します。また、先天異常ではなく後天色覚異常の場合にも、見え方に変化が生じた際には、眼科を受診しましょう。

【どんな検査をするとわかるの?】

学校で行われているのは、こんな感じのパネルや本を見て何て書いてあるかを答えます。眼科においても、同じような検査を行いますがもっと精密に測定をしていきます。

色覚2さらに、色相配列テストで詳しく検査をしていくことになります。

【治療方法はあるの?】

現在では先天色覚異常を治す特効薬や手術などはありません。特定の色を見分けられるようなメガネなども開発はされているようですが、まだ幅広く使えるには至っていないようです。

【もし、色覚異常と診断されてしまったら?】

本来の物を見る力はありますので、生活が出来ないわけでもありません。他人と少し物の見え方が違うだけなのです。確かに色によって識別しないといけないもの、例えば駅の路線図やカードゲーム、充電のランプや配線コードなど日常において見えにくく不便を感じることもあります。しかし、どんな物が判別しにくいのかを認識しておくことによって、色の見え方の差による不便さを改善することにもつながります。前向きに色覚異常と向き合って、どうすれば困難な状況にならずに済むかを周囲の人と一緒に考えてみることも大切です。

学校における色覚検査の必要性

A子には小学校教諭の友人がいます。先日、久しぶりに会ったときにこんな話が出ました。来年4月から小学校の健康診断で「色覚検査が復活する」ということです。

石原式A子世代の年齢以上であれば、小学校のときに色覚検査というものが健康診断のときに行われていたのを覚えていると思います。こんな絵本みたいなのを見せられて、何て書いてあるかとかを尋ねられたものです。あれ?いつの間にやらなくなってたの?なんて思ってしまいますよね。

実際のところ、1993年に学校での色覚検査は廃止するよう通知が出されました。理由としては、学校生活を送る上での大きな支障はないということです。(ただ、色覚異常の子が黒板が見えにくくならないように、使用するチョークの色を気をつけるようにと教諭側はに指導があったようです)

そのため、色覚検査を学校で行う必要性があるのか、むしろプライバシーの侵害、他生徒から違った目でみられてイジメの原因になるのではないか等、当時は様々言われていました。

しかし、来年2016年の4月から任意ではあるけれども学校での色覚検査を復活するよう文部科学省が通知を出しています。

復活の理由については、当時「学校生活においては」の部分しか考えていなかった事がちょっと困った事態になってしまっているようです。確かに学校生活では問題なかったけれども、その子どもたちが就職して、さぁ仕事だと意気込んだのに上手くいかない。調べたら色覚異常が原因で仕事にならなかったということが要因に挙げられているようです。

具体例を挙げてみますと、
◆美容師さん・・ヘアカラーの色がお客さんの希望どおりにできない
◆スーパーの生鮮食品担当・・食品の良し悪しが上手く判別できない
◆駅員さん・・カラーで印刷されている路線図の説明がうまく伝えられない
◆広告デザイナーさん・・お客様の好みの印刷物等(配色)が作れない
等が相談されているようでうs。

希望の職業に色覚異常であるが故、断念せざるを得ないとう事は当人にとっては大変ショッキングな事です。また、色覚による採用基準がある職業(パイロットや消防士など)に就きたくて、その採用試験の時に検査を受けて生まれて初めて知ることになってしまったという事もあるようです。

丁度、学校の色覚検査が1993年に廃止になった当時のお子さんたちが現在22~23歳くらいになりますものね。

子どもの時から色覚に異常があることを知っていれば、どういう進路を選択するかということを事前に考えられたのではないかという意見もあるのは事実です。学校での検査を廃止したことは果たして良かったのか悪かったのか。考えさせられることですね。