心因性視力障害

こんにちは。

じめじめする季節になりましたね。

寒い日も多いので、体調に気をつけてお過ごしください。

さて、今回のテーマは心因性視力障害についてです。

心因性視力障害とは

視力低下の多くは遠視や近視、乱視など屈折異常が原因で、適切な度数のメガネをかけることで視力が出ます。

心因性視力障害は、日常生活における心理的ストレスや社会的ストレスによって、一時的に視力が低下してしまう状態です。メガネで視力を矯正しても視力はでません。

検査をしても目の病気など、悪いところも見つからない場合、心因性の視力障害が疑われます。このような症状は8才~12才頃の子供に多く見られ、女子は男子の3倍多く見られます。

視力だけではなく、視野の異常や色覚異常、夜盲などの他の眼の症状も伴うこともあります。

心因性視力障害の原因

心因性視力障害はなんらかのストレスによって引き起こされます。

そのストレスの原因が明らかになることもあれば、わからないこともあります。

家庭内や学校での出来事や思い付きにくいような些細なきっかけで視力障害になることもあります。その他に、メガネをかけたいという願望によっても視力障害になることがあります。メガネ願望の場合には、度なしのメガネをかけることで視力が改善します。

心因の原因は様々です。

 

心因性視力障害の検査

当院では、視力検査、視野検査が主な検査になります。

遠視、近視、乱視の適切な度数を入れても視力が出ず、他に目の異常がない時、心因性を考えます。そして、遠視のレンズ(+レンズ)と近視のレンズ(-レンズ)を組み合わせて、メガネ度数を0にして検査する、トリック法という検査方法で視力が出ることがあります。

視野検査では、求心性視野狭窄という視野が極端に狭い状態だったり、検査時間が経つにつれて見える範囲が狭くなっていく、螺旋状視野という特徴的な視野を検出できることがあります。

他に、目の表面や網膜の状態も見て異常がないかも確認します。

健康診断

心因性視力障害の治療

心因性視力障害で、失明することはありません。

子供の頃におこる一時的なものです。

ストレスの原因を取り除くことが大切ですが、難しいことが多いので、長期的に経過を見ていく必要があります。

しかし、必ず良くなるのであまり心配しすぎないようにしましょう。

 

眼圧検査で何が分かるの?

みなさん、こんにちは。

暖かい季節が近づいてきましたね。

今日のテーマは「眼圧検査」についてです。

眼圧って何?

眼科の検査室で、風が目にプシュッとあたる検査をされたことがあると思います。

その機械で眼圧を調べています。眼圧測定器

眼圧とは目の中の圧力のことで、わかりやすく言うと目の硬さのことです。

目の内圧は、房水という水が目の中を流れることによって保たれています。

それによって、眼球は丸い形になっています。

 

房水の役割について

房水は、眼球の中の透明で血管のない組織(角膜や水晶体)に栄養を送る役割を担っています。

眼圧で何が分かるの?

眼圧の正常値は10~21mmHgといわれていますが、眼圧が高くなる病気がいくつかあります。それらの早期発見のために眼圧は視力と同様に大切な検査です。

代表的なものとしては、緑内障です。房水は毛様体で産生されて繊維柱帯、シュレム管から排出されます。繊維柱帯を通る房水の量が多いと眼圧は下がりますが、上手く流れていかない場合、眼圧が上昇します。その結果、神経線維がダメージを受け、すり減っていきます。

ただし、緑内障で必ず眼圧が高くなるわけではなく、緑内障患者の多くは正常眼圧です。それでも、眼圧を下げることが有効な治療法で、進行を遅らせることができます。

緑内障はかなり進行するまで自覚できないので、早期発見のためには眼圧のチェックが重要です。

また、高眼圧症のように、眼底や視野には異常はないが、眼圧だけが高い、という症状もあります。高眼圧症では緑内障に移行する可能性もあるので定期的な検査がおすすめです。

その他にも、ステロイド緑内障というものもあり、ステロイド薬を使用していると、眼圧があがってしまう場合があります。

全員の眼圧が上がる訳ではなく、体質などで上がりやすい人がいます。

薬を使う前にはわからないので、定期的に眼圧を測ってチェックする必要があります。

眼圧が高いと、目のかすみや痛みなど、自覚症状が出る場合もありますが、気づかないこともありますので、眼圧検査は大切な検査となっています。

先天性赤緑色覚異常について

みなさん、こんにちは。

残暑が厳しい時期になりましたね。

最近、学校での色覚検査の再検査での来院の方も多いので、今回は先天性の色覚異常についてのお話です。

色覚異常って何?

色覚異常とは、多くの人とは色の見え方が異なることです。

通常、網膜には3種類の錐体細胞があり、これが働くことによって、脳に色の情報を伝え、色の感覚が起こります。

この錐体細胞には、赤に反応するもの、緑に反応するもの、青に反応するものがそれぞれあり、色の3原色の組み合わせによって様々な色を認識できます。

先天性色覚異常の場合、これらの3つの錐体細胞の内、どれかが機能していなかったり、機能していても不十分な状態を指します。

先天性色覚異常はその程度や、異常のある錐体の種類によって、名称が細かく分かれていますが、中でも、特に多いものがいわゆる先天性赤緑色覚異常です。

先天性赤緑色覚異常とは

学校の再検査などで異常が見つかる場合も多くはこの種類の色覚異常です。

これは、赤や緑に反応する錐体細胞に異常が見られるものを指します。

先天赤緑色覚異常では色がわからないとか、白黒に見える、ということではなく、見分けにくい色の組み合わせがいくつかある状態です。

例えば、赤と緑、オレンジと黄緑、ピンクと水色、赤と黒、青と紫などの色が見分けにくいと言われています。

どの色を間違えやすいのかは個人によって差があるので、理解することが

大切です。

また、色覚以外の視力や立体視などは正常です。見えなくなる、ということもありませんので、間違いやすい色を認識し、対策を講じることが重要です。

どんな検査をするの?

当院では、石原式色覚検査表とパネルD15という2つの検査をして、診断を行います。

石原式色覚検査では正常かそうでないか、おおまかに振り分けます。

パネルD15テスト(色相配列検査)ではどんな種類の色覚異常か、ということを詳しく検査していきます。

 

色覚異常は、職業によっては制限があります。就職活動時に初めて発覚することもありますので、色覚異常かどうか気になる方は早めに眼科を受診することをおすすめします。

眼底検査を受ける方は、時間に余裕をもって来院を。

検査この後、約束がある。急いでいる。子供が飽きてしまう。車を停めてあるなど、忙しい日があるのは皆同じです。早く診察が終わって帰りたいというお気持ちもとてもよくわかります。

しかし、眼底検査って眼科の検査の中でもとても重要な検査の1つです。先生も見落としなどあってはなりませんから、検査をするほうも実は必死です。

どこの眼科で受診される際でも、予備検査(視力や眼圧など)をして散瞳剤を点眼、先生の診察、説明などを含めると大抵はこれだけで1時間程度を要します。

ただし、眼底検査は散瞳剤という瞳孔を強制的に開かせる薬剤を使用します。この薬剤作用がなくなるまで、さらに数時間(4~5時間)を要します。もちろん、車の運転なども薬剤作用が切れた後でないと大変危険です。

眼底検査を受ける→通常生活に戻る(散瞳剤の効き目がきれる)、これを考えると半日以上は時間を費やしてしまうのは確かなのです。検査後に次の急ぎの用があるというと患者さんご本人も落着きませんし、本調子でないときに何かをこなさなければいけないというのも一苦労です。眼底検査を受けるという日は、是非検査後の時間に余裕がある状態でいらして下さいね。

子供だからできる?!フライテスト

両目がちゃんと同じ物体を捉えることができるのか、両目で立体的に物が見えているのかを簡易的に検査することができる「チトマスステレオテスト」という検査があります。

3歳になる頃にはできる簡単な検査で、この中の「ハエ」の羽を触ってみようというものなのです。

フライテスト検査では偏向フィルタのついたメガネを掛けて、このハエの羽をつかんでくださいと言われます。検査時には、この特殊なメガネを掛けてハエの写真を見ると、なんと羽がちゃんと立体的に浮かびあがって見えるのです。(正常の場合)

ですので、その羽に手を伸ばして触っていただけれよいのですが・・・。

ただ、A子的には「触りたくない~!!」が本音です。結構これ、グロイというかリアルな写真なんですよね;

ハエだからまだ本が手に取れますが、もっと苦手な虫とかだったらA子は本を手にとることすらできませんよ・・・;せめてスズメとか鳩とか、100歩譲って蝶とか・・・;ウーム。

子供なら面白がって触ってくれるから、むしろ良いって結論に至るのでしょうか(笑;)

視野検査はゆっくり、落ち着いてやってみましょう!

緑内障などによって見える範囲(視野)が欠けてしまっていたりしないかを調べる視野検査というものがあります。この検査は暗室に入って、ある一点を見つめます。そのままの状態で視界に光が見えたらブザーボタンを押して知らせるという方法なのです。

視野計オクトパス900視界に入る光は濃かったり薄かったり、大きめだったり小さかったりなど様々です。また、検査中は電子音がずっと一定のリズムで鳴っています。

これが患者さんによってはゲーム感覚でブザーボタンを連打(?!)されてしまう方がいらしたり、音につられて音が鳴ったらつい押してしまう、光の残像だったのか検査の光だったのかわからなかったけどボタンを押してしまった・・・など、様々なエピソードをお聞きします。

ここで検査をしている目的を考えて見ると、どれだけボタンを押せたとか成功したかが重要ではなく、ご自身の視界の欠けがどの程度なのかを判断するために行っている訳なのです。確実に光が見えた!という場合だけブザーボタンを押していただきたいのです。

よく検査を受けられる方で残像なのか迷ったというお話を伺います。迷ってしまったのであれば、無理にブザーボタンを押す必要はありません。間違いなく見えた、ここの部分の視野は欠けていないのだ!と、確信をもって結果に残していただければと思います。

ゆっくりと、落ち着いて受けるようになさってください。検査のペースは途中休憩やスピードを調節することができますから遠慮なくお申し出ください。

眼科で見えないメガネを掛けた理由は?

「メガネを掛けているのに、見えない~」

視力検査というお子さんの一言。ちょっと心配な一言かも知れませんが、眼科の視力検査のときには、あえて見えないメガネを掛けてもらうことがあります。これは視力が出にくい、調節力がうまく働いていないようなケースのときに行うことがあります。ある程度の調節力の介入をセーブして視力がどのくらいあるのかを調べる準備をしているのです。

20分位ぼんやりとメガネを掛けたまま遠くを見ているので「つまらないな~」と思うかもしれませんが、目を休める意味でもちょっと休憩する感覚でのんびりしていてください。もちろん、途中でテストメガネを外したり寝てしまったりしてはいけませんよ。

そして、この後にもう1回視力検査をするのです。最初に測ったときと、どんな差が出たのか?というのを先生は確認をしています。

眼科で「見えないメガネ」を掛けるのには理由があるのです☆

散瞳すると、まぶしすぎる・・!

40歳を過ぎた方が診察を受けると、必要に応じて眼底検査が必要とされるケースが多く見受けられます。

眼科医しかし、この眼底検査。検査前に点眼する散瞳剤という目薬によって、瞳孔を強制的に開かせることになります。検査中はともかく、この目薬は検査前より検査後のほうが大変なのです。目薬の効き目が切れるまで、ともかく近くにピントを合わせることが困難になります。スマホや新聞・小説などを読みたくても読めません。また、ピントが合いにくいので、車の運転などを含めて薬の効果が自然に切れるまで数時間は待たなくてはいけません。

また、目薬のせいで大変まぶしいという点もあります。検査終了後、外を歩いて帰宅するのに眩しくて大変困ったとういうお声も耳にします。

まぶしさ対策としては、
・サングラスなどを利用いただく
・時間帯を昼間ではなく、夕方以降に検査を受けるようにする
などが挙げられます。
眼底検査を受ける際は、急ぎの予定等が後にないような日を狙って受診すると良いでしょう。

生後6ヶ月から、視力のスクリーニング検査ができるようになりました。

本日から、「スポット ビジョンスクリーナー」による検査で、視力のスクリーニング検査が可能となりました。生後6か月から施行可能です。こんなカメラみたいな小さな機械なのですが、とっても優れものなのです。スポットビジョンスクリーナー本体

ところで、視力のスクリーニング検査がどんな検査かと申し上げますと、簡単に言えば小さなお子さんでも視力がどの程度なのかを測定することができる検査ということです。

子どもの視力は、小学校就学までには成人と同じくらいに発達するといわれていますが、それまでの発達段階で異常(近視・遠視・乱視・斜視など)が起きると、弱視になってしまうこともあります。発達段階で早期に異常が発見できれば、適切な処置をして視力を正常に発達させるように促すことができます。

視力検査と聞けば、「C」の文字みたいな図形を見て、どちらが切れ目になっているかを答えますが、乳幼児にこれを回答させるのは困難なことです。

しかし、今回導入したスポット ビジョンスクリーナーでは、カメラで撮影をするようにして測定ができます(写真左)。お子さんを抱っこしたままでも問題ありません。検査における痛みなども全くありません。また、医師や看護師がお子さんに触れたりすることもありません。いつもと違うところといえば、少し薄暗いところで撮影するくらいでしょうか。
スポットビジョンスクリーナ結果(写真右)についても、どのくらいの近視・遠視・乱視・斜視などがあるのかがひと目でわかるようになっています。

眼底検査を受けてみましょう

例えば目が腫れてしまったり、痛みや充血があったり…そんな時は眼科を受診すると思います。
見た目でわかるようなわかりやすい症状ならば、すぐに受診して治療といったことができますが、目の奥でおきていることは自分でもわからないこともあります。
眼底検査という言葉は聞いたことがある方も多いと思いますが、しっかりと眼底検査を受けたことがある方は少ないかもしれません。
眼底検査では目の奥を見ることで網膜剥離や眼底出血、黄斑変性症、緑内障などがないか調べることができます。
当院では瞳孔をひらく目薬をさしてから眼底を見る検査と、OCTという機械を用いて眼底の断面を撮影し検査するものとがあります。
自覚症状として次のような症状がある場合は眼底の検査を受けられた方がいい方です。
*飛蚊症(目の前に黒い糸くずのようなものや虫のようなものが飛んでいるように見                          えるもの)
*視界の中心が暗く感じる
*糖尿病
*高血圧
*物が歪んで見える
もしこのような症状に自分で気づくことができればいいのですが、見え方の異常というのは少し気づきにくいことがあります。
目は二つで物を見ているため、もし片方の目に異常が出ている場合にはもう片方がそれを補ってしまいます。自覚症状として気が付くころには病気がだいぶ進行している…ということになりかねません。
自分は大丈夫と思わずに、目の健康のためにも眼底検査を受けてみましょう。