乱視のメガネを作ってみるとき。

乱視・・一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、
焦点が一点に定まらず、物がダブって見えている状態
のことを言います。

見え方としては、物が2重になる!!!と感じる方が
多いようです。

 

この「乱視」ですが、

度数の程度はありますが、ほとんどの方にあるといっても
過言ではありません。

1段階でも乱視の度数を入れた方が、ほとんどの方は
「見やすい」と感じていただけることでしょう。

 

しかし、メガネの処方は先生によって随分
見解の差があるようで、測ってくれた先生により
「1段階でもきっちり矯正!!」とハッキリ見えるように処方される先生と
「日常生活に不便がなければ、乱視度数はいらないよ」と、使用感に重点を
置かれる先生と、結構2極化します。

 

確かに、眼科的には屈折異常を見逃さずにメガネ処方を行うのは
正しいことです。
ですが、1日何時間もメガネを掛けるということを想定すると
1段階くらいの乱視度数を入れて
歪みや度のキツサの感じ方を考えると、抜いてしまった方が
「楽に使えるメガネ」になる場合もあります。

絶対にこう処方しなくてはいけない!!というマニュアルは
はっきり言ってありません。
使う方にとって、一番使いやすい度数を選択していただければ
よいのではないでしょうか。

せっかく作ったメガネが掛けていられず、使えなかった。なんて
ことになったら本末転倒です。

度数的な見え方の矯正はもちろんですが、
ちゃんと掛けて使えるかどうかも、テスト装用時に
確認してみて下さい。

 

また、メガネを掛ける時は
目をつぶって、メガネをかけてから目をあける。
メガネをはずす時も
目をつぶって、メガネをはずしてから目をあける。

というようにすると、掛け外しの際の違和感が
軽減されますよ。

 

 

 

レバミピド点眼液とジクアホソル点眼液

最近、レバミピド点眼液とジクアホソルナトリウム点眼液の問い合わせが増えています。

どちらも、眼表面のムチン分泌を促進させるドライアイのお薬です。

 

以前、涙液の分泌が少なくなったり、涙液の蒸発が多くなることでドライアイになるというお話をしましたが、最近の研究により涙液が十分にでている人でもドライアイの可能性があることがわかってきました。このドライアイのことを『BUT短縮型ドライアイ』といいます。

涙液の分泌が減少するドライアイは、高齢の女性に多くみられていましたが、『BUT短縮型ドライアイ』はパソコンなどの作業を多くする方、コンタクトレンズを使用している方、アレルギー性結膜炎の方など男女関係なく幅広い年齢層にみられます。

なぜ、涙液が十分にでているのにドライアイになるのでしょうか?

涙は外側から油層、水層、ムチン層という3層でできています。油層はその下にある水層が蒸発したり、こぼれたりしないよう守ってくれます。水層は涙の大半をしめる涙液で、水を主成分にする層です。瞳を潤すのはもちろん、細菌の侵入を防いだり、角膜や結膜に栄養を届けたり、傷を早く治したりしてくれたります。ムチン層は粘液で、これがあることにより涙液がすきまなく広がることができます。

ムチン層がなんらかの原因により、性質が変化、または減少してしまうと3層がくずれてしまい、涙液が瞳を綺麗に覆えなくなることが『BUT短縮型ドライアイ』の原因の一つと言われています。

人口涙液などの涙液を補う目薬を使用していてもいまいちドライアイが改善されない!!という方はムチン分泌を促進させるレバミピド点眼液やジクアホソルナトリウム点眼液を使用してみるのも良いかもしれません。気になる方はまずは医師にご相談ください。

船橋で女性のための眼科作りを!

船橋さくら眼科

 

 

 

 

 

さくら眼科にいらしていただいた患者さんは
すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、

さくら眼科は院長をはじめ、スタッフはほぼ「女性」です。

眼科に行くと、
「怖そうな男の先生で子供が泣いてしまった」とか、

「相談したいが、話しかけにくかった」とか、

「怖かった~~」とか、

こんなお話をよく耳にします。

 

眼科というと、男の先生が威厳をもった感じに、どーーんっと
構えているようなイメージがあると思います。

 

しかし、さくら眼科はそんなイメージを ”ガツン” と
払拭するような眼科をつくることを目指しています!

院長&スタッフの平均年齢は、軽く30歳越えなので、
落ち着いた雰囲気も作れればよいな、と思っています。
アンチエイジングに励み、実年齢と外見が非常に一致しない
スタッフもいます(笑)

院長は常勤ですので、診療中はいつお越しいただいても
大丈夫です。
美容皮膚科の診療も併せて院長が行っていますので、
シミ治療や、たるみが気になったりなどある方は、
眼科の診療でいらしたときでも、ご相談できますよ。

 

目に異常があったときは
お子さんを連れてでも、旦那さんと一緒にでも、気軽に
来院していただけたら良いなと思っています。

 

もちろん、男性スタッフもいますので
希望の方はお声がけください^^

 

リジェンACR療法

ACR療法

一般的には、あまり耳にしない言葉です。
ACR療法とは、自分自身の血液を利用して、肌の若返りをさせる
治療法のことをいいます。

自分の血液を使用するので、
安心感はこの上ないくらい高いです。

 

実際には、
(1)まずは血液採取。注射器で血液を取り出します。

(2)遠心分離器という機械を利用して、採取した血液を
「血球成分」と「濃厚血小板血漿」に分けます。
分けるまで、10分程度要しますので、待合室で楽に
してお待ちください。

(3)濃縮させた血漿を、シワやたるみなどが気になる
部分に注射します。

施術終了まで、およそ40分。
とくに、目元のあたりは満足感が高いと人気です。
他にも、ほうれいせん・口元のしわやたるみにも
効果的です。

 

一度施術を行うと、個人差はありますが
半年くらいは効果が持続します。
より安全な方法で、アンチエイジングをお考えの方は
ご相談ください。

 

また、施術ができない禁忌事項がありますので、
こちらをご参照ください

潤います♪プロクリアワンデーとワンデーアクエアプロシー

ドライアイが酷くて、何かいいコンタクトレンズはないか?と
お探しの方に個人的イチオシレンズです。

以前にも紹介しましたが、このメーカーさんはいっさいの
広告宣伝を行なわないので、あまり商品の知名度自体も低いのですが
性能の高いレンズを世に送りだしているのです。

 

この2つのパッケージ、見覚えある方っていらっしゃいますか?
左は、「プロクリアワンデー」 右は「ワンデーアクエアプロシー」です。

ワンデーアクエアプロシー

 

 

 

 

違う製品のように見えますが、取り扱い店舗などによって
パッケージと名称が違いますが、中身は全く同じものです。

 

生体模倣テクノロジーという技術で、人間の眼の角膜(まぁ、黒目のことですね)の
構造を真似して作られたコンタクトレンズです。

異物としても認識されにくく、コンタクト装着時のドライアイ症状を改善するという
報告もあがるほど!!

また、他レンズと併用を考えたい(例えばカラコンとか)時に
数日このレンズを使い、涙の層を安定させ
その後カラコンなどを使い、またレンズを戻す。といった使用方法でも
ドライアイ改善効果は発揮されます。

価格的に他商品に比べて、手が出しにくい部分もありますので
他レンズと交互に使ってみるのも一つの手段です。

実際にレンズを使ってみると分かるかと思いますが、
朝つけて、夜はずす時でもレンズが潤ったままなのです!!

ちょっと一番初めに試したときには感動しました。
コンタクトレンズの乾きに悩んでいるようでしたら、
本当にオススメです。

当院でもこのレンズを処方することができますので、
ご希望の方はお声がけ下さい。

 

コンタクトレンズの医療費控除について

窓口にてよく質問を受けます。

「コンタクトレンズは医療費控除の対象になりますか?」

 

基本的には、単純な近視・遠視といった視力矯正の場合は、
控除対象外といわれています。

診療費ではなく、コンタクトレンズそのものについては
高度管理医療機器のひとつではありますが、
控除対象外です。

ただ、個人的意見として、円錐角膜などの処方レンズのケースの際くらいは
認めてあげてほしいところです。助成金などを出している
市町村も聞いたことがありません。

 

 

医療費控除には、自宅から病院までの交通費やドラッグストアで
購入した湿布なども対象になります。
結構、対象になるケースは多いようですのでチェックしてみましょう!

 

 

ちなみに、眼鏡についても通常の視力矯正用の眼鏡は
控除対象外です。
しかし、治療として使用する弱視矯正用の眼鏡などは
医療費助成制度などがあるようですで
お住まいの市町村役場でご確認することをおすすめします。

 

ドライアイかどうかをチェックしてみましょう!

以下はドライアイの一般的症状です。

5つ以上が当てはまれば、ドライアイの可能性が大きいです。
すぐに先生にご相談下さい。

◆目が疲れやすい

◆目の乾燥感を感じる

◆しょぼしょぼする

◆ゴロゴロ異物感みたいなのがある

◆目が重い感じがする

◆目が痛い

◆目の違和感が抜けない

◆メヤニがよく出る

◆目に赤みがある

◆まぶしさを感じる

◆物がかすんで見える

◆涙がでる

 

たかがドライアイと侮ってはいけません!
目に涙がない(=防護服のない)状態は、目に傷をつけたり
視力不良にもつながります。

特に
「パソコン」「エアコン」「コンタクトレンズ」は、ドライアイ症状を
つくる3大原因です。

意識的な瞬きをする回数を増やしたり、点眼薬を併用するなど、
目の表面はいつも潤っている状態を保ちましょう。

 

 

 

 

後発品(ジェネリック医薬品)ってご存知ですか?

最近ですと、CMとかでも告知されるようになってきましたが、
まだまだこの

「後発品(ジェネリック医薬品)」

というのをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

 

製薬会社さんがお薬を開発して、その薬が新薬(先発品)として
世の中に出回る時、特許をとって
類似品などを他社がつくることができないようになっています。
新薬を開発したりするには10数年以上の長い期間と開発費など数100億円の費用が
かかりますから、そのくらいの対価はあってよいのかもしれません。

 

しかし、その特許が切れると、他の製薬会社 も同じ成分で、名前を変えて
発売を始めます。新薬開発費に比べると期間も短く、1/10くらいの費用で作れて
しまうようです。

これが、後発品(ジェネリック医薬品)と呼ばれるものです。

 

同じ成分で、効き目もほとんど変わらなければ、後発品のほうが
患者さんにとっても負担は減ります。
個人的にはオススメしますし、私自身も疲れ眼の目薬は「サンコバ点眼薬」ではなく
「コバラム点眼薬」とか使っていたりして・・・

しかし、主成分が同じということであり、すべてにおいて全く同じものではない
ということだけはお伝えしておきます。
製法やら添加物やらは異なるかと思いますので、
先生や薬剤師さんと相談の上、ご自身が良いと思ったほうを
選択すればよいのです。

 

当院では、院外処方箋による一般名処方を行なっていますので
先発品でも、後発品でも患者さんが選択できるようになっていますよ!
(※先生から指示のある場合は除きます)
目薬といっても薬です。ちゃんと、ご自身の使用しているお薬が
どんなものなのか、調べてみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

強度の角膜乱視で、通常のハードコンタクトの装用感に耐えられないとき・・

某キャラクターの
目玉のオヤジをご存知でしょうか?
目って、「丸い」「球面」というイメージが
ぱっと浮かびます。
そうです。
眼(眼球)は、通常丸い物(球面)です。

その丸い眼に、丸い形(半月分)のハードコンタクトを
ピタッと乗せるくらいでしたら、耐え難い違和感にはなりません。
しかし、強度の角膜乱視の眼の方は
真ん丸い円ではなく、「楕円」の形をしています。

楕円のベースの上に、球面をかぶせるようにのせても・・・
ん?
ぴったりではなく、
縦・横どちらかの方向がブカブカで、どちらかがキツイ
感じになりますね。
そうなると、コンタクトレンズが安定しにくくなり、
異物感を大きく感じるようになります。

 

こうなったときに、異物感の軽減のために、
ハードコンタクトの下にソフトコンタクトレンズを敷いて使ったり、

もしくは、この楕円の眼に合うような
カーブを2種類もった乱視用ハードコンタクトを使うという方法もあります。
こうすれば、縦・横方向ともにピタっ眼にフィットして
異物感の軽減につながります。

 

もし、こういった症状がある場合は
遠慮なくご相談ください。

 

 

こんな時、サーマクールが効果的です。

最近、年をとったな・・と感じていられる方、
以下のチェック項目をご覧ください。

 
□ 頬がたるんだ気がする

□ 口角が下がってきた

□ フェイスラインがぼんやりしてきた

□ 法令線が目立つようになった

□ まぶたのたるみが気になる

□ 毛穴が楕円に開いてきた

□ 肌のキメが粗くなった

□ 首元がたるんできた

 

気になってしまう部分には個人差があると思いますが、
こんな悩みが出始めたら
「サーマクール」におまかせです!

 
メスを使わずに、肌のたるみを引き締めるサーマクールは
FDAでも認可を受けるほどその効果を認められ、
外科手術やレーザー治療が主流とされていた
美容医療を大きく躍進させました。

これは、施術前と後の症例です。

サーマクール 施術前と後

 

 

 

 

 

 

メーカーさんから写真を頂戴しました^^
違いは一目瞭然です。

 

サーマクールの2大効果は、高周波(RF)による
「ひきしめ効果」
「美肌効果」
です。
真皮層内のコラーゲンが高周波の熱により収縮して
その場で引き締め効果が表れます。
その後、ひきしめ作用は「小顔効果」につながります。
コラーゲンの生成を促進させるので、美肌効果も
もたらします。

 
一度照射すると、半年程度の効果が持続し、改善した部位は
元に戻ることはなく、そこからまた通常の老化が始まります。
半年に一度を目安に照射していくことがいかに
アインチエイジングのアドバンテージにつながるか
わかります!
気づいたときが、はじめ時です。