雨の日でも紫外線は降りそそぎます。

日焼け止めを塗らないと!誰もが思うのは、晴れて太陽もカンカン照りな日です。では、曇りや雨の日の日中は日焼け止めは不要でしょうか?

答えは”No”です。しっかりと紫外線対策が必要です。雨降りと紫外線

紫外線量は雨の日でも快晴の日の20%程度、曇りの日で50%程度は紫外線が降り注ぎます。また、部屋の中にいても紫外線は降り注ぎます。人間の目には見えない光ですから、雲に太陽の光が遮られていても夜のような真っ暗にはなりませんよね。同時に紫外線も降り注いでいるのです。

雨、曇りの日でも紫外線への対策を怠ってしまうと吹き出物などをはじめとしたトラブルが起こります。中でもUV-Aは窓ガラスも通り抜けて部屋の中まで進入します。これが老化の原因となります。目では白内障や黄斑部へのダメージ、肌へはシワやたるみを進行させるものです。特に気をつけたいものです。UV-Bは、メラニンを増加させ、シミやそばかすをつくったり、肌に炎症を起こさせます。

ヘリオケアそうすると、365日。日焼け止めを塗り続けるのは大変ですが、サプリならどうでしょうか。当院では「ヘリオケア」という飲む日焼け止めを取り扱っています。食事の後に一緒に1粒飲むだけなので、大変手軽にできる紫外線対策です。(1瓶30粒入 ¥6,000+税)

受付までご希望の方はお申し出ください。

目の中に光が走る?

目に光の当たらない場所や、暗い部屋などで稲妻のような光が見えたり、チカチカしたものやキラキラしたものが見える…などの症状を光視症といいます。
光視症は網膜剥離などが原因で起こる症状の一つです。
さらには加齢が原因で起こる場合もあります。目の中の硝子体という部分が加齢によって収縮し、網膜から剥がれていってしまう状態を後部硝子体剥離といいますが、光視症はこの後部硝子体剥離と伴って起こると言われています。
剥離途中の状態で視線を動かすと、硝子体が揺れて網膜が引っ張られます。引っ張られることで視神経が刺激を受け、実際にはない光を感じたり光が走って見えたりする症状が起こるのです。
この硝子体剥離が原因で起きている光視症であれば生理的なもので心配のいらないケースが多いですが、網膜剥離や網膜裂孔などが原因で起きている場合もまれにあるので、症状が続くようであれば眼科を受診してください。
他に、稲妻のような光が見えた後に頭が痛くなったなどの症状が出た場合は、閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる症状で、脳の血管の収縮が原因で起こるものです。脳梗塞などの病気が隠れている可能性もあるため、この場合は眼科ではなく、脳神経外科や神経内科などで検査を受けることをおすすめします。
ganka_kensa
にほんブログ村 病気ブログ 眼科医へ
にほんブログ村

目・眼の病気 ブログランキングへ

視力検査中は、適度なまばたきは必要です。

学校健診で、視力低下を指摘された男の子。数ヶ月前に作った眼鏡を掛けて、結果は左右それぞれCとDの判定。両眼で見て0.5程度。作成時は両眼で1.0が見えるようにしたはずなのに・・、と受診をされました。

ランドルト環急すぎる視力低下を心配をされた親御さんが連れていらっしゃったようなのですが、どうやらその子は視力検査そのものを必死にやりすぎてしまっているのです。ほとんど瞬きもせずに目をカッと見開いて、C(ランドルト環)の向きをただ、ただ、必死に見ているのです。

視力検査を受ける心構えというか、真面目にやろうとするそのお気持ちは十分に伝わるのですが、是非

「まばたきをして下さいねっ!」

人間の目は平均で1分間に15回~20回程度のまばたきをします。ですが、この男の子の場合、必死にランドルト環を凝視しすぎてしまっていて、横から様子を伺ってもまばたきの回数が極端に少ないのです・・。ジッとまばたきもせずに見続けると、どんどん視界はぼやけます。

実は、まばたきをしないと目の表面が乾いてヒリヒリすると同時に、涙が表面に適量ないと物が見えにくく、視力にも影響を及ぼしてしまうのです。ドライアイで視力が出にくくなるのも本当なのです。

視力が落ちてたらどうしよう・・というプレッシャーがあったのか、まばたきもせずに必死にランドルト環を見ていましたが、その男の子にちゃんとまばたきをして見てもらったら視力はしっかりと出て大きな問題はなく経過観察となりました。

視力検査を受けるときは適度に、いえ自然にまばたきをしてリラックスして受けていただければと思います。

ワンデーアキュビューディファインモイストに新色☆

ジョンソン&ジョンソン社より発売されていて、当院でも処方希望の患者さんの多い
ワンデーアキュビューディファインモイスト

目のパッチリ効果はもちろん、酸素透過率や紫外線(UV)カット効果もあるためA子も実は愛用中です。

現在は
【アクセントスタイル】
【ヴィヴィットスタイル】
【ナチュラルシャイン】
の3色ですが、さらに2色、追加されることとなりました!
ワンデーアキュビューディファインモイストワンデーアキュビューディファインモイストパッケージ

実際の試着は、眼科内で行うことができます。
新色の【ラディアントブライト】、【ラディアントチャーム】ともに、着色外径は現存のナチュラルシャインと同じ12.7mmになっています。着色部分も直接目に触れないサンドイッチ構造となっています。
視力矯正とともに、ちょっぴりおしゃれを!とお考えの方は、スタッフまでお声掛けください。

ブルーベーリーアイProは、夕方に飲んでもマル♪

サプリメントは薬ではないので、決められた時間に飲む必要はありません。ですが、どんなタイミングで飲むかというのも効果を引き出す為のコツです。

例えば、当院でも取り扱っているわかさ生活さんの「ブルーベリーアイプロ」。医療機関でしか入手できない専売品なのです。

ブルーベリーアイプロ現在、機能性表示食品として販売されている唯一のブルーベリーサプリなのです。北欧産野生種ブルーベリー、「ビルベリー」には他種の約5倍のアントシアニンを含み、目の疲れを軽減させる働きをもちます。

さらに、成分をナノレベルまで細分化し吸収力の高さ実現しています。この製法は世界初の製法で特許を取得されているため、わかさ生活さんにしかできないものなのです。

こんな技術を駆使して出来上がったブルーベリーアイPro、是非オフィスなどで目の疲れが出始める夕方くらいに飲んでみましょう!飲んでから30分程度経過してくると、だんだん目の疲れが緩和されて楽になるはずです。疲れ目による目のかすみも少し軽減されます。

サプリメントも食後に飲まれる傾向が多いですが、このように緩和したい症状が出始めたときに摂取してみるのも良いのではないでしょうか。デスクにちょっと忍ばせておいて仕事のお供にどうぞ。

※ブルーベリーアイプロは、2017年5月にて当院での取り扱いを終了しました。

レンズケア、中和のし忘れに要注意!

一般的にソフトコンタクトレンズケアは、こすり洗い→すすぎ→消毒→保存が1本で完了するマルチパーパスタイプの利用者が多いようです。何をするにもコレ1本で事が足りるので、非常に便利で液の取り間違いなどもありません。また、市場価格も他の種類に比べると安価でもあります。

しかし、こすり洗いの工程がどうしても苦手・・・。洗っているときにレンズを破いてしまう、面倒で何十回もこすっている暇もない!という方は、過酸化水素タイプのレンズケアを使用されているケースが多いのです。

非常に便利で、消毒力の高さにも定評があるのですが「中和」を忘れると大変なことになります。

”中和剤を入れ忘れた!”

”中和が終了する前にレンズをつけてしまった!”

過酸化水素消毒による炎症うっかりこのような間違いをしてしまうと、上の写真のように激しい痛みとともに目の充血と流涙に悩まされてしまいます。十分に確認をした上で使用するようにしましょう。

決められた期間で使い捨てレンズは捨てましょう!

コンタクトレンズを着ける1dayタイプ、2weekタイプなど使い捨てコンタクトは、決められた使用期限がきたら、

”捨てます”

しかし、決められた期間で捨てないという方が、何と半数以上もいるのではないかと言われています。

実際にレンズメーカーのメニコン社がかつてアンケートを取った中で、使用期限を超過してレンズを使用する理由が明らかになっています。

理由は、
1)使用期間を超えて使っても大丈夫だと思った

2)いつから使い始めたかわからない

3)新しいコンタクトを買うお金がない

というのが3大理由だそうです。
自分では大丈夫だと思っても、目に異常があるケースって沢山あります。自己判断ほど危険なものはありません。レンズも使用期限までは、問題なく使えることをきちんと調べた上で市場に出しているわけで、超過使用したらどんなことが起こってしまうか未知の世界です。

また、使用期限を守らない方は眼障害の発生リスクが1.6倍高いという調査結果も報告されています。ちょっと気をつければ、目を守ることができるのですから無茶なコンタクトレンズの使用は絶対に止めましょう!

たるみ改善サーマクールCPTのメリットとデメリット。

美容業界で、切らずにたるみ改善を実現したサーマクールCPT。高周波という熱を皮膚組織に与えることにより症状を完全していきます。施術内容についてご質問の多い、メリットとデメリットについてご説明します。

たるみ【サーマクールCPTのメリット】
*切らずにリフトアップできる
*皮膚の内部組織に働きかけるので、お顔全体に効果をもたらします。
*毛穴の引き締め効果、小顔効果も期待できます。
*効果が2週間程度以降から現れ始めるので、美容整形したということが周囲に気づかれにくいのです。
*個人差はありますが、ダウンタイムがほどんどありません。

【サーマクールCPTのデメリット】
*即効性に欠けます。今日施術して、明日リフトアップしている訳ではありません。
*糸などをいれたりする物理的な施術と比較すると、効果の満足度はやや劣ります。
*熱を与えますので、施術後に赤みが出たりする方もいます。

その他、持病があったりされる場合は施術ができない場合もあります。ご自身の要望に適した施術かどうかもよく検討されることをお勧めします。また、事前のカウンセリングは院長が責任をもって行っています。カウンセリングのみは無料ですので、お気軽にご相談ください。

度は、弱すぎても強すぎてもダメ。

とある宅配業社さんの段ボールに、「お届けは早すぎても遅すぎてもダメ」と書かれているのを見ました。

眼科的にも似たようなことがあって、メガネやコンタクトレンズの度数の話を患者さんとすると「度を上げたくない」とか、「もっと見えるように強くしたい」という要望を伺うことがあります。

目の疲れしかし、どちらもやり過ぎはダメなのです。

度が弱くなりすぎてピンボケしすぎた視界というのは、目にも脳にもよくないのです。人間は見えない状態だと何があるのかを認識(見よう)とするので、反って眼精疲労の原因にもなりますし不便です。また、年配の方の場合は脳に視覚的情報が伝わらず認知症にもなりやすいといわれています。反対に強すぎても、ピント調節力を多量に必要として疲れますし、気分が悪くなってしまうこともあります。

度は弱すぎても、強すぎてもダメ。偏りすぎずに程々にしておくのが無難な選択なのです。

はやり目には潜伏期間があります。

感染症の増える季節になりました。眼科における感染症では「はやり目」が広く知られていると思いますが、症状が出るまでに1週間程度の潜伏期間があります。

はやり目はやり目の原因はアデノウィルスという”ウィルス”が原因となっています。ウィルス性の場合、感染力が非常に強くまた、症状も重症です。しかし、このウィルスに感染してもすぐに炎症が起こるわけではありません。実際に目の調子が悪くて・・と、はやり目の検査をしても、結果が「陰性」とでる場合もあります。そして、数日後に発症すして、はやり目の確定診断が出ることも少なくありません。

そのため、はやり目とその時点では確定されなくても家族や周囲の方への感染防止を考えて食器、タオル、洗濯物などは別にして、お風呂も家族の最後に利用するようにします。また、手で触れた部分に関してはこまめにアルコール消毒を行うことも大切です。