屈折異常(くっせついじょう)

屈折異常

近視、遠視、乱視などといった、視力的に目が悪い状態

●『正視』 物が見えている、と認識できます。ピントが合った正常な見え方です
●『近視』 手元に焦点があり、遠方視が困難な状態です。例えば、お子様が黒板が後ろの席から見えにくいというような状態です。
●『遠視』 遠方も近方も、ぼんやりして焦点が合いにくいので、目が疲れやすい状態です。
●【治療】 眼鏡やコンタクトレンズにて、矯正をするのが一般的です。近年ではレーシックなどの手術も発達

屈折異常図

正視近視遠視

①正視 網膜上に焦点があっています
②近視 網膜よりも前に焦点があっていて、正視より眼軸(眼の奥行)が長い
③遠視 網膜よりも後ろに焦点があっていて、正視より眼軸(目の奥行き)が短い