そろそろ秋です、シミ治療の季節です。

夏のジリジリとした紫外線の強さもようやくおさまりつつあります。気がつけば、もう9月も終わりです。紫外線の強い時にシミ 治療をすることもできますが、再発のリスクが高くオススメしていませんでした。しかし、そろそろ治療開始に適した季節と言えます。

レーザーを当てることで、一瞬にして気になっていたシミが消えていったら嬉しいですよね。左は施術前、右は施術後の写真です。
↓ ↓ ↓

当院で行なっているシミ治療には、ルビーレーザーを用いています。

 

的確に黒い部分だけにレーザー効果を発揮してくれますので、普通の肌にはダメージがありません。よく、白い豆腐の上に黒い紙を置いて実験をしているところとかテレビでやっていますよね。黒い紙だけ弾き飛ばされ豆腐は無傷でしたといったようなもので、あんな感じです。

施術時間は大きさにもよって異なりますが、平均15分程度です。初回は院長の無料カウンセリングがありますので、「レーザーで取れるシミなのか」「料金はいくらくらいかかるか」などお気軽にご相談ください。料金の目安は、直径1mmにつき2,000円+税です。2mmなら4,000円+税、3mmなら6,000円+税という具合です。

相談後、施術を希望されれば即日レーザーを当てていきます。予約も不要ですので、受付時間内にいらしてください。また、 施術部位が半年以内に再発した場合は同じ場所なら大きさに関わらず2,000円+税でアフターフォローを行っています。

夜になると光がギラギラまぶしい、ハードレンズのグレア現象。

裸眼や眼鏡では問題なし。昼間も問題なし。しかし、夜になってハードコンタクトレンズを着けているときだけ、街灯やら町の灯りがギラギラしてまぶしく感じるという方がいらっしゃいます。併用で使用している使い捨てソフトレンズでは、こんな症状は出ない為、眼がどうにかなってしまったのかと心配になりますね。

しかし、これは病気ではありませんので安心してください。

まず解消方法としては、ハードコンタクトを継続されるのであればレンズのサイズを大きく特注サイズで作ってみるとこの症状は変わってきます。同時にカーブなども含めて目に合っているかどうかも確かめてみる必要があります。

これでも解消にならなければ、ソフトレンズへ転向するか眼鏡に切り替えるようにすれば一気に解消されます。

夜、ハードレンズだけギラギラまぶしく感じるこの現象は「グレア」と呼ばれています。何故こういった症状が出るかというと、夜など暗いところでは自然に瞳孔が大きくなります。瞳孔が大きくなったときサイズ(直径)の小さいハードレンズでは、レンズの縁のあたりにある涙が、光にあたって乱反射するのが視界に入ってしまうために起こります。そのため、ハードレンズの場合はサイズを大きくしておくほうがこの現象が起きにくくなります。昼間明るい時やソフトレンズ、眼鏡ではこういった症状がないのには納得がいきますよね。

グレアが気になるようでしたら、一度眼科で相談なさってみると良いですよ。コンタクトレンズはできる限り快適に利用したいものです。

持っていますか?ハードコンタクトレンズを簡単に取るアイテム

ハードレンズの性能の良さというのは周知の通りです。使えるのであれば、ハードレンズを使用することをA子は個人的に推奨しています。しかし長良川、昔からのハードレンズヘビーユーザーの方は、年齢とともに気になってくるのが上のまぶたの垂れ下がりです。

ハードレンズは、眼から取り出すときに上のまぶたと下のまぶたで挟み込むようにして弾き出します。多くの方が耳側の上まぶたの辺りを引っ張り上げて瞬きをし、パチンとハードレンズを取り出す方法をとっているのを見かけます。これは、1回や2回やったところで大して問題が起きるわけではありませんが何十年とかけてまぶたを引っ張っているうちに、年齢とともにたるんできてしまうというものです。

自分で着けたハードコンタクトは自分ではずせなくては使用していく上で話しになりませんが、慣れて取り外しが容易にできるようになっているのであれば、スポイトという道具を使って取り外してみると、この動作によって起こるまぶたのたるみは防ぐことができます。

ハードレンズを取りはずすスポイト

 

 

 

 

スポイトは緑の柄の部分を持ちながら、垂直に目の中にあるハードコンタクトに近づけていくとスポイトの白い先端の部分にくっつく仕組みになっています。価格もワンコイン程度で購入できると思いますので、もう何年もハードコンタクトレンズを使っているという方にアンチエイジングも含めてお勧めします。

目のアンチエイジングには、脳を鍛える事が効果的。

目=(イコール)物を見るものと思いますが、厳密に言うと物を見ているのは「脳」です。目は物を映し出す器官であり、その映った物が何であるのかを判断しているのは脳です。よく、目はカメラにたとえられますが、その通りの役目を果たしているわけです。通常目に入ってくる光は、水晶体というレンズを通り、網膜の上でピントを合わせます。網膜というフィルムに映し出された映像は、視神経を通って脳に伝達されます。そして、脳はこの網膜に映しだされた物が何であるのかを判断するわけです。

物を見ているのが脳であれば、目の老化を防ぐには必然的に「脳を鍛える」ことによって効果をもたらすとされています。私も持っていますがゲームの「脳トレ」などを適度に行ったりするのは脳を活性化させ、目の老化対策にも大変よい事です。脳は普通に生活しているだけでは、活性化されません。ピアノを弾いたり、編み物をしたり、指先を使って細かいことをするのもよいでしょう。また、目そのものにもっかり栄養が行き届くようにすることも大切です。ビタミン・ミネラルをはじめバランスのとれた食生活を送ることが大切です。

余談ですが、目の回りのクマについてです。これは老化というよりは、血行不良などが原因ですがクマがあるとどうしても実年齢より疲れた感じに見えてしまいますね。コンシーラーなどで隠すこともできますが、根本的な改善を望むなら体の内側からが良いでしょう。例えば、葉酸やアスタキサンチンなど血液をサラサラにしてくれる効果をもつ食品を摂取してみることです。葉酸は「アスパラ」「のり」「レバー」などに多く含まれます。アスタキサンチンは「蟹(かに)」「鮭」「いくら」「鯛」などの魚介類に多く含まれます。魚介が苦手という方はサプリで補給を考えてみるのも方法の1つです。

黒い虫が飛んでいるように見えるのは何とかならないの?

何もないはずなのに、黒い虫が飛んでいるような影が見えます。チラチラうるさく感じて仕方がない、そんな経験はないでしょうか?何にもないはずなのに、何か黒いような物体が見えてしまうのでやはり気になります。

気になって眼科で検査をしてみると、薬を処方されたりすることもなく「あまり気になさらないでください」と先生に言われて終了。大きな病気でなくて良かったとその時は安心はするものの、一体これは何なのか考えてしまいますよね。

これは「飛蚊症」と呼ばれ、字のとおり蚊が飛んで見えるような症状がでます。前述のようなケースはその中でも「生理的飛蚊症(せいりてきひぶんしょう)」と呼ばれます。何故、このように虫が飛んでるように見えるかというと、目の中にある硝子体は年齢とともに線維の一部が濁ってきます。これは老化現象のひとつで、濁った部分が網膜に影を落とすことがあります。この影が虫の正体です。影の形は様々で、糸くずのようだったり、点のようだったり、ゴミみたいに見えたりする方もいます。

60歳になると、約3割くらいの人に起こる症状と言われています。これは、なってしまったら放置する(うまく付き合う)しかありません。老化現象が起因となりますため、よく栄養を補給し血行をよくしておくなど、若々しくいられるよう努力することが予防対策になるのではないでしょうか。

ただし、黒い物の数が増えたり、急な視力低下を感じた時は網膜剥離(もうまくはくり)や、眼底出血など他の病気が原因で同じような症状がです場合もあります。変化があるようなら、すぐに眼科を受診するようにしてください。

子どもの視力の発達について。その2

昨日、子どもの視力の発達についてお話しました。視力の発達途中で物を見ることをしないと弱視になってしまいます。では、物を見ることができない状態とはどのようなことなのか補足としてもう少しまとめてみます。

まずは、「斜視(しゃし)」です。斜視があると両眼で物をみることができません。左右の視線が違う方向を向いてしまっていて、それぞれの目で見たものが1つにまとめられません。例えばテーブルの上にリンゴが1個あったとします。右目で見たリンゴの位置と左目で見たリンゴの位置にはズレがあります。通常は脳と連携をしてリンゴが1個に見えますが、斜視がある方はこれができません。そのため、リンゴが右目で見た位置と左目で見た位置にそれぞれあるように見え、2個あると認識します。人間はこのようにダブって見えることに非常にストレスを感じますので、何とかクリアに見えるように補正を行おうとします。この補正が、片目を使わないという方法になってしまいます。この状態を放置すると使わない方の眼が弱視になる場合があります。

次は「遠視(えんし)」です。遠視があると実は遠くも近くもハッキリ見えません。遠視が強度の場合はいつもぼんやりとしか見えていなくて視力の発達段階でこのような症状が起きていると視力が発達せず弱視になる原因となります。

その他、先天性の白内障等をはじめ他の病気によるもの、視力の発達時期に眼帯をつけっぱなし(3日~1週間程度も含む)にしている等、物を見ることができない状態を作ってしまうと弱視になる恐れがあります。眼は一生使う大切なものです。きちんと視力発達がされるよう注意する必要があります。

子どもの視力の発達について

お子さんの視力ですが、ちゃんと見えているかどうか気になりますね。では、人間の目というのはいつぐらいから見えるようになっていくのでしょうか?

まず、生まれたばかりの赤ちゃんです。生まれたばかりですと 「明るいのか暗いのか」この程度がわかるくらい見え方と言われています。その後、約1ヶ月程度で「物の形」を2ヶ月程度で「色」、4ヶ月程度で「動く物を目で追える」くらいになります。そして、6才程度で大人と同じくらいの視力になるとされます。

6才というと、ちょうど小学校に入学する頃です。この時期までに視力がきちんと発達しているようにする為には、常に「物を見る」ということを行なう必要があります。とくに何か訓練をするということではありません。自然に目で物を見ればよいのです。視力は物を見ることにより発達していきます。物を見ると、脳が目から受けた刺激を正しく判断するようになります。たくさんの物を見ているうちに自然と力がついてくるように なります。

では、この「物を見る」という動作が正常に行なわれなかったら どうなるのでしょうか?視力の発達途中で、「物を見ること」がなされないと発達が抑制され、視力がでなくなってしまいます。こういった症状を弱視(じゃくし)と呼びます。3歳児検診くらいまでに発覚した際は、 すぐに処置を行なえばよくなる可能性は高いとされています。視力の発達を抑制されていた期間が長ければ長いほど、回復する確率は低くなっていきます。早期の発見が鍵です。放置してしまうと、その子は一生視力がでないまま人生を送ることになってしまうかもしれません。 ともかく、放置は禁物です。

弱視が発覚した場合の処置法ですが、基本的には遠視が原因の際はメガネをかけて矯正していきます。その他の場合はよく見えている方の目を遮閉して、弱視の目を無理に使わせるといった方法がとられます。 ともかく起きているうちはずっと訓練ということになりますので、 眼科にいるときだけでなく自宅にいるときもずっと 継続する必要があります。まずは、定期的な視力検査を受けて視力の発達が妨げられていないか確認することが 良いでしょう。

自宅でも、
・目を細めて物を見ている
・テレビなど間近で見ている
・首をかしげる感じに見ている
といった症状をはじめ何か気づいたら、すぐに先生に相談しましょう!

ちなみに、一般的に目が悪いということで メガネをかけて 視力1.0が見えるような場合は弱視ではありません。 弱視の場合は、視力そのものが出ない状態です。 いくらメガネやコンタクトレンズなどを使用しても十分な視力を得ることができません

睫毛(まつげ)がフサフサなおじいちゃん。その理由は?

友人のおじいちゃんの目を見ると、まつげが本当にびっくりするくらいフサフサなのです。つけ睫毛や、マスカラでてんこ盛りにしている乙女たちからみると、睫毛がフサフサでうらやまし~!と外見だけ見れば思うかもしれません。

しかし、このように異常なほど睫毛がフサフサしている方は、緑内障という病気を患っていて、その薬の副作用で睫毛が伸びてしまっているというなんとも悲しい事情があることが多いのです。

緑内障とは、視野が欠けて進行すると失明にいたってしまう病気で、現在は失明原因の第1位の恐ろしいものです。初期の段階で自覚症状があって気づくということはほぼありません。だいぶ病状が進行すると、「あれ?見え方が何か変かも・・」と思うようになります。

見え方(視野)の例をあげますと、こんな感じで視野が欠け始めます。
緑内障の見え方

 

 

 

 

 

 

原因のひとつに、遺伝が大きく関係してきます。ご両親をはじめ親族の方がこの病気にかかられている場合は初期では自覚症状がほとんど感じられませんので、定期的に検査を受けていくことが必要です。もし、かかってしまったら、早期の発見が重要となります。発見が早ければ早いほど、視野の確保が期待できます。徐々に進行していくため、いつ見えなくなるのかというような不安が常に患者さんの心につきまといます。近くにそういう方がいらっしゃれば、心から労わってあげてください。

待ち時間が気になる方は、連休の中日が狙い目。

病院での待ち時間は長いというのが一般的見解です。患者さんから、他院にて待ち時間4~5時間は当たり前。待ちくたびれた・・としばしば伺います。

当院では、待ち時間の短縮というのもサービスの一環として考えています。待ち時間が極力少なくなるように、医師とスタッフ間の連携を取っていますのでよほど混雑していない限りは、待ち時間平均10~20分程度です。しかし、完全予約制ではないため、どうしても待ち時間がこれ以上に発生することもあります。

「いつが空いていますか?」という質問も度々伺います。これも本当に断言はできかねますが、連休のなか日は比較的空いています。そう、本日のような日です。土曜・日曜・月曜が祝日なんて時の日曜です。きっと皆さん、家族でお出かけになったりされているのでしょう。こういった日にわざわざ眼科受診される方は比較的少ないようですので、待ち時間が気になるという方は、こんな日時を狙ってみるとすぐに診察にお呼びできる可能性が高いです。待ち時間が気になる方は、参考になさってください。

乱視の見え方はつらい!!

ものが2重に見える、ライトがにじむ、焦点が定まらない。こんな見え方されている方は沢山いらっしゃると思います。原因はいくつかあるかと思いますが、ほとんどの方のこの見え方は「乱視」によるものです。

以前、乱視表で線の太さは均等に見えるかどうか?というお話をしましたが、均等でない方は乱視があるよ、というものでした。(http://www.sakura-ganka.jp/blog/?p=531)この検査、さらにどのようにブレて見えているのかも調べています。

乱視がほとんどない方は、だいたいこの線の太さは均等です。
↓↓↓こんな感じです。

 

 

 

 

しかし、乱視がある方ですと、こんな感じ↓↓↓

 

 

 

 

(1)横がぼやける        (2)縦がぼやける

といった感じに、どこかが鮮明に見えて、どこかがぼやけています。ぼやけている場所は人によって異なります。縦、横だけではありません。(3)として斜めがぼやけている方もいらっしゃるとあげておきましょう。

(1)の見え方は、乱視の中でも「直乱視(ちょくらんし)」と言われています。

(2)の見え方は、「倒乱視(とうらんし)」、(3)は「斜乱視(しゃらんし)」です。

人間の目は(1)のようなブレなら多少ブレていても気にならない、または耐えられるという方もいますが(2)(3)のブレは強度の乱視でなくても非常に見え方にストレスになるようです。特に細かい文字は、文字が重なって見えてしまうので、新聞や小説のような文字を読むのには一苦労になるでしょう。ブレている方向によっても、見え方のストレスにはかなり違いがでます。

乱視かどうかは、視力検査をすればすぐにわかります。他にも日常生活で気づくと方法ですと、物が2重に見えると言っても分かりづらいところもありますので一例を挙げてみます。

例えば、夕方薄暗くなったころに遠くにあるビルの明かりを見たときに、明かりが縦方向にビヨーンと伸びて見えてたりしたら(1)の乱視がありそうですね。

こんな見え方に気づいたら、眼鏡やコンタクトレンズでしっかり矯正していきたいところです。無理に目を細めて見るような癖がある方は、この行為こそ乱視を進行させる原因づくりをしていますので、気をつけましょう。また、(3)の見え方の場合は、特にコンタクトレンズによる矯正が難しいケースです。適した方法で乱視矯正を行うようにしましょう。