遠近両用コンタクトの最高峰?!デイリーズトータルワン

アルコン社より発売されているデイリーズトータルワン。現時点ではワンデータイプのコンタクトレンズの中では酸素透過率も最高レベル、使用感も大変評価の高い製品です。

このデイリーズトータルワンからついに「遠近両用」タイプが発売されました。
トータルワン遠近両用イメージ遠近両用レンズが必要な年代ですと、涙の量や質も減少して、コンタクトレンズをつけなくては見えない。でも乾燥や異物感のほうが大きいなど、見え方とは違う不調を訴えることになってしまうケースも多々ありました。また、遠近両用ではないコンタクトでは高酸素透過性のシリコーンハイドロゲル素材のレンズを使用していたのに、遠近両用にしたら従来のHEMA素材に戻さねばなりませんでした。

しかし、このトータルワン遠近両用の登場によりこのような悩み事が一気に解決できそうな感じです。
当院にも早速テスト用のレンズを用意しましたので、院内にて見え方や着け心地を試すことができます。ご希望の方は院長、またはスタッフまでお知らせ下さい♪

アルコン社より『エアオプティクス プラス ハイドラグライド』が登場☆

タンパク質や脂質汚れに大変耐性があると評価の高い

”2週間定期交換型コンタクトレンズ「エアオプティクス」シリーズ”。

こちらがまたまた新しい製品を用意されたとのこと。その名も「エアオプティクス プラス ハイドラグライド」と命名!(近視・遠視用のみ)

タンパク質など汚れが付きやすい方、軟らかいレンズは取り扱いがしにくいなどというお悩みをお一気に解決してくれる独特の持ち味をもった製品です。
エアオプティクスHG使用者側としてみれば、従来のエアオプティクスアクアと比べて何が変わったのかというのが重要なところですよね。広告等を見ると、花粉や化粧品汚れなど独自の表面加工コーティングでブロック!潤いが続きますよ!という点が機能として謳われています。

結論から簡単に申しあげると、コンタクトレンズそのものは全く変わりはなし!

えっ?!レンズが変わったのではないの?!と、ツッコミたくなりますが、レンズは全く変わっていません。変わったのは製品が保存されている保存液の成分が、潤い効果の高い上質なものになりました、という点なのだそうです。

従来のエアオプティクスアクアにも「独自の表面加工コーティングでブロック!潤いが続きますよ」という機能はもともと備わっております。保存液の成分が変われば、初期の装着感の良さが出ます。とくにエアオプティクスはレンズが固いですからね。その点を改善したリニューアル製品ということのようです。

このハイスペックは見逃せない!デイリーズトータルワン。

バドミントン選手の潮田玲子さんが宣伝している、このコンタクト。目にされた方も多いと思いますがご存知でしょうか。アルコン社より発売されている「デイリーズトータルワン」という製品です。
トータルワンどこが凄いのかというと、現存ワンデータイプの中で【酸素透過率(Dk/L)】が156と、最も高い製品なのです。通常のソフトレンズは20から30程度が平均です。また、同じ素材の他社製品でも100前後ですから、群を抜いている製品なのです。

他にも、他社の製品にはない構造で、乾燥感の軽減が圧倒的な支持を得ているのです。レンズカーブも、8.5と8.8より選択ができますので幅広い方に使用できるようになっています。

眼科としては、必要以上にコンタクトレンズは使用しないことが前提ですが、生活の利便性を考える上で、正しく使用れば大変便利なものというのは事実です。

しかし、夕方になるとレンズが目に張り付く感じやゴロゴロ異物感などが出ても、もったいないからとか、コスト面を優先して目に頑張ってもらっちゃったりするお話、よく患者さんよりお聞きします。

酸素不足で呼吸がしにくいことを自分自身に置き換えて考えてみてください。そのとおり、苦しいですよね。それを目に強要してしまうのは酷なことです。呼吸をしているのは肺だけではありませんよ。目も呼吸をしているのですから、それを妨げるようなことは極力回避できるようにしましょう。

当院にて、デイリーズトータルワンはテストトライアルと処方を行っています。希望者は院長またはスタッフまでお気軽にお声がけください。

ソフトウェアプラスの後継は?

アルコン社より発売されていた「ソフトウェアプラス」。シリコーンハイドロゲル素材のソフトコンタクトレンズには、多大に推奨されてきたAOセプト、AOセプトクリアケアには専属で使用されるべき【すすぎ・保存】用の液です。

ソフトウェアプラスこの度、メーカーアルコン社が販売の終了をホームページに告知しています。時期は今月末ごろが予定だとか。どうやらリニューアルでもないようで、全くの販売停止という雰囲気です。

しかし、AOセプトシリーズを使っている方は、今後は何を組み合わせて使用するのでしょう?!単体での販売が終わるようなので、どうしてもソフトウェアプラスが欲しい方はAOセプトとセット買いをしてくださいね~。ということなのでしょうか?

AOセプトシリーズは、他の洗浄保存液などと併用すると化学反応がうまくいかずにケースから泡吹きしてしまったりという報告もあります。ソフトウェアプラスを使用していた方は、洗浄システムそのものを他のに乗り換えを考えることにもなりそうです。

同社のミラーフローもそうでしたが、使い勝手が良かったので無くなってしまったのは残念でした。続いてはソフトウェアプラス、このあとはAOセプトシリーズそのものが消えたりなんてしませんよね?!

デイリーズトータルワンの秘密。

デイリーズトータルワン最近ではコマーシャルなどでもよく見かけるようになった「デイリーズトータルワン」。快適な着け心地が1日中続いた!という声も多く耳にするのは、そのハイスペックなレンズデータを見れば一目瞭然な感じです。

酸素透過率は、現時点は1dayディスポーザブルタイプのレンズではナンバー1「156Dk/L値」。シリコーンハイドロゲル素材です。そして、もうひとつ特記すべきは独自の「ウォーターグラディエントテクノロジー」によって、装着感の良さ保ったまま、さらに酸素透過性も保持したという点です。

トータルワン構造上の図のように、コンタクトレンズ内部はシリコーンハイドロゲル素材。しかし、この素材の良いところは酸素をよく通すという点にあり、素材的には固くて涙になじみにくいというものなのです。そのためコンタクトが固くて着け心地に悪いという結果につながってしまいます。

そこで、水分を多く含むレンズは着け心地の良さを出せる!!という従来型のソフトレンズにならい、従来の高含水成分の素材でシリコーンハイドロゲル素材をラッピングするような形をとったのがトータルワンなのです。目に触れる部分は柔らかく潤いが残るようになっていて、酸素透過性も妨げないという理想的な構造をしています。

目に上手くフィットすれば、快適さは右に出るものは今のところないでしょうか?!

クリアケアにそのまま使えたユニザイム。

A子友人より、「ユニザイムがなーーーいっ!どこの店にもなーい!」と先日言われました。
ユニザイム
そもそもユニザイムとは、アルコン社(旧チバビジョン社)から発売されていたソフトコンタクトレンズ用のタンパク除去剤です。これがついに製造販売中止となり、店舗の在庫も売り切れてしまった頃・・というところでしょうか。

AOセプトクリアケアかつては同社からトリソフトやデュラカラーなど、さまざまなソフトコンタクトレンズが製造されていましたが、今や使い捨てコンタクトの時代となり、現在はエアオプティクスシリーズで定期交換タイプ、デイリーズシリーズでディスポーザブルタイプの製造となっています。

ディスポーザブルタイプはケア不要。そして定期交換タイプは、汚れが溜まってくる2週間とか1ヶ月でレンズを捨てて真新しいレンズにして使用していきます。タンパク除去の必要性も「絶対」から、「必要に応じて」とされるようになりました。さらにエアオプティクスシリーズに至っては、独自のプラズマコーティングにより「たんぱく質」の付着量が極めて少ないというものです。

そうすると、ケア用品というのは自社のレンズを元に製造される傾向があるので、タンパク除去剤は同社製品を使用するのであれば【不要】という判断になったのでしょう・・。

しかし、ユーザー側にとってはクリアケアに直接入れてタンパク除去ができるのは「ユニザイム」のみ。レンズそのものは、寿命がくるまで使えるようなタイプを使用している!というケースが多いのですね。

そうするとタンパク除去だけは別で用意する必要が出てきてとても不便な感じです。同社からはオプティフリーが販売されているので、「こすり洗い」ができるようであれば、たんぱく除去剤はデイリークリーナとの併用を案内しているようです。(ちなみにオプティフリーとクリアケアは併用できません。)

こすり洗いが苦手なのでクリアケアにしていた!ということであれば、コンセプトワンステップやファーストケアEXなどにシフトしていく他なさそうです。もしくは、これを機に使い捨てタイプなどに乗り換えるほうが、眼病を未然に防ぐ上では良いかもしれません。

正月休み明け、再消毒は準備完了?!

AOセプトクリアケア年末年始のお休みも、今日で終わりという方が多いのではないでしょうか。ところで、こういった連休中ではコンタクトレンズを使わずにメガネで過ごされるという方も多いと思いますが、明日から使うコンタクトレンズの準備は大丈夫でしょうか?

特にAOセプトやクリアケア等の「過酸化水素タイプ」のケア用品を使用している方は注意です。連休中に使用せずケースに保存していたコンタクトレンズは、今日の夜に【再消毒】をセットしておかないと、明日着けていくことができませんよ!

年末に洗浄用のディスポカップにセットして、そのままなんていう場合、ケース内で液には浸かっていますが消毒効果の無い状態なのです。汚れが付いているという問題ではなく、「感染症」の点で危険度が高まるということです。

再消毒は、いつもの手入れをイチからやり直せば完了です。すっきりした視界で、今年の初出勤(初登校)に臨んでみてください。

ワンデーアキュビュートゥルーアイが合わなかった患者さんへ。

コンタクトレンズ。目の負担のことを考えると、眼科としてはメガネを推奨したいところですが、やはりそれぞれに利点があります。コンタクトレンズをご希望の方には、ともかく目に負担がかかりにくい製品をご案内してはいるのですが、どうしてもその方の目には”合わない”という事態が発生します。

使い捨てタイプなら、酸素透過率の高いシリコーンハイドロゲルレンズは現在まではジョンソン&ジョンソン社からの「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」のみでした。

しかし、9月26日から薬剤メーカーさんアルコン社より「デイリーズトータルワン」という第2のシリコーンハイドロゲル素材のレンズが発売になり、さくら眼科も早速処方の用意をした次第でございます!
デイリーズトータルワン30枚

目に負担がかかりにくいが、素材が固い・くもるなど、シリコーンハイドロゲルに違和感を感じて、従来のHEMA素材のソフトに戻らざるを得なかった方もいらっしゃいました。今回導入したデイリーズトータルワンは、外面HEMA素材(含水率80%)、内面シリコーンハイドロゲル素材(含水率30%)という良いとこ取りの構造をしたレンズです。

前述の症状が大きく改善されるはずです。ワンデーアキュビュートゥルーアイが合わずに、ドロップアウトされた方は、再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

花粉の季節にも使える遠近両用コンタクトレンズが登場!!

コンタクトレンズメーカー、チバビジョンが先日「日本アルコン」となりましたが、
どんどん新しい製品が市場に登場しています。

今月は、この花粉の季節に嬉しい1dayタイプが登場しました。

【デイリーズアクア コンフォートプラス マルチフォーカル】
というちょっと長いネーミングの製品です。
1dayタイプで、さらに汚れが付着しにくい非イオン性です。
コンフォートプラス遠近両用

 

 

 

 

さらに、レンズに入れられる手元を見る度数の幅が広いのも特長のひとつです。

今までの遠近両用が目に合わなかったとか、そういって諦めてた方は
試してみる価値大です。

テスト処方用のレンズも準備できていますので、
遠くも近くも何とか生活視力を出したい!!という方にお勧めです。

遠視+乱視の方に、新しいコンタクトレンズが出ました。

遠視でなおかつ乱視の方は、使用できるコンタクトレンズが限られていました。

そんな方に、さくら眼科でも
【シリコーンハイドロゲル素材(酸素をたくさん通し、乾燥しにくい)】のエアオプティクス乱視用(2週間交換タイプ)が処方できるようになりました。

エアオプティクス乱視用既に近視用、近視+乱視用まではこのシリーズで登場していましたが、
「遠視+乱視」は初です!

手元が見えにくいという理由に、老眼だけでなく
乱視も影響しますので、この組み合わせの見え方をされている方の苦労は測り知れません。

 

遠視は遠くも近くも見えにくく、さらに乱視で物が2重に見えるなんて、正直耐えられません・・。

ですので、どんな手段でも改善できる方法があればご紹介していきたいと思います。

遠視度数は+6.00まで加入することができますので、カバーできる範囲に入る方も多くなるのではないでしょうか。

今までの製品が「乾燥する」「充血する」「疲れやすい」などという症状が出ているようでしたら、いちど試して頂く価値があると思われます。

実際に目にのせた時のフィットの具合やらで、視力がどこまで矯正できるかは断言できませんが、現状より改善するか試してみてください。