マイオピン0.025%の処方も開始しました。

マイオピン0.025%


現在、子どもの近視の進行を抑制する効果をもつ「マイオピン0.01%」の処方を行って参りましたが、本日より濃度2.5倍マイオピン0.025%の処方も並行して開始致しました。0.025%のパッケージは水色になります。

マイオピン0.025%

マイオピン処方希望の方は、まずは0.01%から


 子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれてしまうことにより生じる軸性近視がほとんどです。近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸が伸びてしまうと元に戻ることはありません。そのため眼軸長の伸びを抑える事が近視の進行を抑制するために重要となるのです。マイオピン眼軸
今まではアトロピン1%で強制的に瞳孔を開かせ検査や治療を行うことが一般的でした。しかし、高濃度のアトロピンを点眼すると1週間程度瞳孔が開きっぱなしで子どもたちが学校などで過ごす日常生活にも大きな支障がでていました。
 マイオピンはアトロピンを超低濃度0.01%に希釈し、子どもの成長期に長期的投与(近視の進行期に数年程度)をしていく事でその効果を獲得することに成功しています。
 初回は瞳孔の開き具合や薬剤適性などを確認するため、0.01%を使用。その後0.025%へ医師の必要判断により移行することが望ましいです。

マイオピン治療の料金について


初回はマイオピン0.01%を1本処方します。1ヶ月後に再診していただきます。

★初回費用:4,500円+税【税込み4,950円】

(内訳:診察検査料1,800円+税、1ヶ月分マイオピン0.01%目薬代2,700円+税)
1ヶ月後の再診で問題がなければ、その後は3ヶ月毎の定期検診(3ヶ月分のマイオピンを処方)となります。

★★2回目以降:マイオピン0.01%継続の場合【税込み10,340円】

9,400円+税(内訳:診察検査料1,300円+税、3ヶ月分マイオピン0.01%目薬代8,100円+税)】

★★★2回目以降:マイオピン0.025%継続の場合【税込み12,320円】
11,200円+税(内訳:診察検査料1,300円+税、3ヶ月分目薬代9,900円+税)】

(※税込み金額は2021年8月現在のものです)

マイオピン治療時に自宅で気を付けてほしい事


 マイオピンの点眼を開始したら、お子様の起床時の目「瞳孔」を確認してみてください。黒目の真ん中部分が他の人より大きく拡大、広がっていないかをチェックします。瞳孔が拡大していても日常生活を送る事はできますが、薬のききめが切れるまでの間「まぶしい」「本やスマホなど近くが見づらい」といった症状が出る可能性があります。

もし、このような事が起きた場合は、点眼時刻を寝る前ではなく夕食後など早めに点眼するようにして翌朝に薬の効果が残らないように調整しましょう。

また、マイオピン治療は兄弟姉妹で点眼を希望されるご両親の要望が多いです。個人に対しての処方ですから、マイオピン点眼液の使い回しは絶対にしてはいけません。感染症の発症を促してしまうことにもなります。開栓したマイオピンは1本は1ケ月で使い切る事が目安です。もし残った場合も1ケ月以上経過したら細菌の繁殖が懸念されることから廃棄するようにします。(残った目薬はいらない布や新聞紙に液剤をしみ込ませて可燃ごみに捨てます。)

治療を継続していく上で何かご心配な事が出てくるようでしたら、担当医師まで遠慮なくご相談下さい。