眼科受診時の持ち物や気を付ける事

眼科を受診するときの持ち物


眼科を受診する際、何をもっていけばよいですか。という質問をよく受けます。必ず必要なものやあれば持ってきてほしいものをまとめました。

●保険証またはマイナンバーカード
●診察券(2回目以降)
●お薬手帳、糖尿病連携手帳等
●人間ドックや健康診断結果、他院からの紹介状等
●メガネの使用データの控え
●コンタクトレンズデータの控(箱などのデータ記載の部分)

これらがあると、診察が非常にスムーズです。2回目以降の受診であっても、急遽他院を受診したとか健康診断で今までになかった異常が指摘された、度数を眼鏡屋で変更したとか当院で把握しきれていない部分も出てくると思います。”前回と同じデータ”が本当に同じであるかは診察の都度、確認はしますがデータがあるほうが正確に状況を把握していくことができます。

眼科を受診するときのメイクは?


眼科受診の際のメイクですが、目のまわり”アイメイク”についてはメイクオフしていただけると有難いです。

マスカラやアイシャドウのラメ等が診察時に落ちてしまったり、つけまつげも診察時にまぶたの裏を診る際には取れてしまいます。眼科は目の異常があって受診する訳ですから、アイメイクは控えるようお願いします。

眼科にコンタクトをしたまま受診しても良い?


眼科受診時にコンタクトを着けたまま受診してもよいか迷う方もいらっしゃいます。受診時の目的により、外してきてほしい時とつけてきてほしい時があります。

【外してきてほしい場合】
●充血、メヤニ、痛み等の症状がある(痛みがあるのに無理して着けるのはやめましょう)
●ハードコンタクトからソフトレンズや眼鏡に転向を考えている場合(1~2週間は全く着けない状態が望ましいです)
●その他、目の異常を感じている場合

【着けてきてほしい場合】
●コンタクトレンズの定期検査を受けたい

⇒ この場合は使用しているコンタクトのフィット具合や視力の出方等を含めてチェックをしますので、外して来院する必要はございません。但し、目の診察状況により外していただくこともありますのでコンタクトレンズケースやメガネを携帯していただくようお願いします。

帰るときに忘れずに!


眼科受診が終わって帰るとき、持ってきたものは忘れずにお持ち帰り下さい。忘れ物として眼科特有に多いものは次の通りです。

*メガネ、メガネケース
*傘、日傘
*コンタクトレンズケース
*帽子類

ほかにも、超高価なのでは?!と思えるなイヤホン、スマホ、時計とかの忘れ物もあります。スタッフが気が付けばすぐにお声がけしますが、間に合わないときもあります。お互いに気を付けるようにしましょう。